« 神々(ときどき仏)のネットワーク(Web0.0) | トップページ | (真説)あさましきもの »

2007.08.15

皆瀬みちのくメルヘン物語2007〜リターン(回帰)〜

湯沢市皆瀬総合支所前グラウンド特設リング
Minase07 もう、最高でしたよ。全てが。神々のネットワーク総集編はこれっすね!昨日はサク日(!?)でありまして、我々家族のプロレス的テンション&神様との交信力がかなりアップしておりました。そして、今日はそれらが見事に昇華し、さらにFパワー(腐力)も加わりまして、もう完全なる「祭」状態でありました。
 そう、奇跡の復活を遂げた「みちのくメルヘン」、すなわちプロレスリング・ノアの湯沢市皆瀬大会であります。家族と義理の弟を連れて参戦してまいりました。
 この「みちのくメルヘン」の感動の復活劇に関しましては、こちらの記事の下の方に引用してありますので、どうぞご覧下さい。また、神事としてのプロレスについては、一昨年の私の観戦記をご覧下さい。今年も全く同じ感想を持ちました。特に、シンプルな技、たとえば体当たりとか、チョップとか、そういう純粋な肉体のぶつかりあいに「祭」を感じました。肉体と肉体が奏でる太鼓の響きです。
 で、今年の目標はなまはげ…いや神との交流でありました。つまりなるべく多くのレスラーと握手し、サインをもらい、話をする。御神体に触れ言霊を浴びて、私たちも禊をし、五穀豊穰、家内安全を祈るという算段です(単にミーハーなだけかもしれませんが)。
 そういうことに関しては、最近の我が家はかなりパワフルでありまして、昨日のサク家参拝なんていうのはもう普通のことになってしまっています(かなり痛いな)。
 で、まずは入場料といいますか、協賛金を一人1000円支払うわけですが、それはもうこの素晴らしい神事のためなら、いくらでも玉串料奉納しますよ。「来年のために使ってください!」と、入り口で担当の若者がびっくりするほどの(?)大枚を納めまして入場です。そして、さっそくその玉串料の効果が。少し時間が遅くなったのでいい場所が取れないかなあと思っていましたら、先ほどのスタッフの方が花道横のスペースを半ば無理やり作ってくれまして、交流には最高の場所をゲットすることができました。ありがたや、ありがたや。
Momota さてさて試合開始前、私の今日の一番の狙いは古く権威のある神様でしたので、まず売店でプログラムを売るマイティー井上さんを見つけて、国際プロレスのDVDのお話しなどさせていただきつつ、しっかりプログラムのマイティーさんの写真のところにサインしてもらっちゃいました。続いて、永源さんとツーショット写真を撮り、第一試合前の百田光雄さん(力道山のご子息、来年還暦…神でしょ!)とも写真を撮らせていただきました(右の写真です)。
Sano カミさんはそれこそ神様をも恐れぬ突撃力で、そこら中の選手と握手しまくり、話しまくり。普通試合直後の選手とはなかなか交流できないものですが、こういう田舎のお祭り的興行の雰囲気のお陰ですね、みなさん快く握手やサインに応じてくれました。しかし、三沢社長との試合を終え、くたくた汗だくの田上選手を捕まえて強引にサインはさせたのには、さすがにそばで見ていた私も引きました(笑)。その他、秋山選手、金丸選手、丸藤選手、KENTA選手などなど、Fパワーの餌食になった神々多数。ごめんなさい。サクがらみでU系びいきのカミさんとしては、この佐野選手との写真が一番嬉しかったようです。正直、男の私よりも女のカミさんの方がいい待遇を受けてたな。やっぱり日本の神様は女が好きなようですね(笑)。
 あと、個人的に、職場の後輩の知りあいである青木選手とお話をしようと思っていたんですが、彼、メインイベントでボコボコにされちゃいまして、とても話しかける雰囲気ではありませんでした。しかし、彼は気持ちが前に出るとってもいい選手になりつつあります。応援してますよ!ガンバレ!
Mushiking さて、子どもたちはと言いますと、これがまた大変な奇跡を体験いたしました。まずは、花道でムシキングテリー選手にタッチしてもらい、もう大興奮。試合中も「テリー!がんばれ!」と両親に負けず大きな声を出して応援していました。そして、その試合後とんでもない奇跡が…。虫の神様に思いが通じたんでしょうか。突然、下の娘が会場内で行われていましたノア恒例の「のあのあくじ」をやりたいと言いだしまして、なんとなくこれは神示が下ったかなと思い、やらせてみましたところ、なななんと本物の「ヘラクレスオオカブト」が当たってしまったのです!!ぐわぁ〜、なんとも恐れ多いことであります。ありがたや、ありがたや。
 それにしても、こんなに素晴らしい大会を復活させ実現させた会長さんはじめ実行委員会の皆さん、本当にご苦労様でした。そしてありがとう。みちのくの本当に小さな(しかし自然豊かでまさに神々の住むような)村で、これほどのプロレス(祭=神事)が実現するだけでも、本当に奇跡です。私たちも遠くからではありますが、全力で応援したいと思います。また、英断を下された三沢社長はじめノアの神々にも感謝と尊崇の気持ちを忘れません。
 来年も絶対に行きます。最高!プロレス!最高!皆瀬村!最高!神々のネットワーク!

不二草紙に戻る

|

« 神々(ときどき仏)のネットワーク(Web0.0) | トップページ | (真説)あさましきもの »

スポーツ」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/16143490

この記事へのトラックバック一覧です: 皆瀬みちのくメルヘン物語2007〜リターン(回帰)〜:

« 神々(ときどき仏)のネットワーク(Web0.0) | トップページ | (真説)あさましきもの »