« 神々のネットワークその2(八郎神社) | トップページ | 神々のネットワーク総集編(「もののあはれ」とは) »

2007.07.16

神々のネットワークその3(自然の猛威と…)

 昨日の続きですが、「奇跡」については割愛させていただきます。でも、その収穫は下の方にありますので、どうぞあとはご想像くださいませ。
 いやあ、それにしても、地震びっくりしました。被災された皆さんに心からお見舞い申し上げます。
 私たちもあと2時間かそこら早く秋田を出発していたら、ちょうど中越付近を走行中だったと思われます。結局、山形から新潟に入る直前、信号で停車中に揺れを感じまして、ニュースを聞いて驚き、急きょ山形から月山を越えて、太平洋側に出ました。行きには普通に通ってきた長野県北部や上越、中越地方があのような惨事に見舞われたとは、ちょっと信じられません。
 台風の後の大地震…ここでも神々のネットワークを感じずにはいられませんでした。なぜなら出口王仁三郎が東北入りした時、にわかに大地震と激しい風雨が起こったという記録があるからです。日本の神々は、時としてこのように猛威を振るいます。それこそがある意味神威というものであり、畏れるべき力そのものであるわけですが、やはり人間の立場からしますと、こうしたことはないに越したことがありません。山や海の神々を鎮めることが神事の基本であるということを思い出します。
 期せずして月山付近を初めて通ることになりました。ちょうどそんな神威を目の当たりにしたタイミングでしたので、雲に見え隠れしながら、時おりその雪を帯びた姿を見せる月山に、正直恐さを感じましたね。この出羽三山にはトンネルを掘らない方がいいんじゃないかなあ…。結局、こういう人工物は自然には敵わないんです。
 さてさて、自然の莫大なエネルギーを感じながらのドライブを終え、神々のおかげさまで無事帰宅したのは、夜の9時に近い頃でした。テレビではちょうど「HERO'S」が始まろうとしています。
Sakusign 今回は、私の応援していた選手がほとんど負けという、なんとも後味の悪い大会でした。しかし、秋田から帰ってきた私たちには、別の楽しみ喜び感動がありました。今日のテレビのゲスト解説は桜庭和志選手だったんですが、なんと私たちの手もとには3枚のサイン色紙が…。桜庭選手のものです。下2枚は秋田から持ち帰ってきました。いかにも秋田らしい広告に包まれた色紙です。未開封であります。上のものは、なんと今日帰ってきたら郵送されてきていました。カミさんがプレゼントに応募していたらしいのですが、なんと見事抽選に当たったのでした!台風で袋ごと吹っ飛んでましたが、幸運にも見つけることができました。
 なんと、3枚のお札(?)が期せずしてここ富士山に集ったわけです。う〜ん、人生何が起こるかわかりませんねえ。本当に奇跡に奇跡が重なりました。これはもう偶然ではなく必然でしょう。神の意志を感じます(!)。おそるべし、神々のネットワーク。桜庭が八郎の生まれかわりだったとは…(!?)。
 まあとにかく、不思議な不思議な秋田旅行でした。次は来月、お盆の時に行きます。こちらも奇跡的に復活を遂げた「皆瀬みちのくメルヘン物語2007 ~リターン(回帰)~」(プロレスリングノア)を観戦するのが、今から楽しみであります!!
 一昨年の観戦記はこちら

参考

『みちのくメルヘン物語』実行委員会からのお知らせ

毎年恒例の行事として皆様にお楽しみいただいておりました『みちのくメルヘン物語』は、昨年2006年に『最終章』と銘打ち最後の大会を開催しました。
今までの感謝の意を込めて入場ゲートに立ちお客様をお迎えした所、殆どの方から「毎年楽しみにしています」、「やめるな!」、「何とか続けてくれ!」と励ましや激励を頂き、中には「これを足しにしてくれ」と、現金を差し出される方までいらっしゃいました。昨年の皆様方からの激励を受け実行委員一人一人の胸に「できることならば、可能ならば、今年も・・・という思いが芽生えはじめました。しかし一度やめると決めた事を覆すのは容易ではありません。ですが、我々実行委員の背中を押し、そして支えてくれたのは昨年ご来場していただいた方々の温かいお言葉です。
昨年で終わったはずの『みちのくメルヘン物語』今年は『皆瀬みちのくメルヘン物語2007〜リターン(回帰)〜』として再出発いたします。昨年にも増して厳しい予算の中、皆様方からの入場協賛金なしでは大会の開催が困難な状況にあります。「プロレスリング・ノアという最高のプロレスを夏の一夜に秋田の皆瀬という寒村で、ご来場の皆様、我々実行委員一同と観戦したい、同じ時間を共有したい」その想いを胸に実行委員一同は努力いたします。
今年の大会『皆瀬みちのくメルヘン物語2007〜リターン(回帰)〜』を思い出深いものにすべく、諸般の事情をご理解、ご賛同いただき、入場協賛金のご協力をよろしくお願い申し上げます。


『皆瀬みちのくメルヘン物語2007〜リターン(回帰)〜』

<入場協賛金>
・一口:1,000円
・大会当日、ご入場口にて承ります。
・ご協賛いただいた方には大会記念うちわ(予定)を贈呈させていただきます。
・一口以上のご協賛を重ねてお願い申し上げる次第です。

不二草紙に戻る

|

« 神々のネットワークその2(八郎神社) | トップページ | 神々のネットワーク総集編(「もののあはれ」とは) »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

人の温もりに触れた旅でした。この品は家宝でありまつ(つд⊂)。

投稿: 庵主セコンド | 2007.07.18 09:58

はい。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.07.19 06:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/15792033

この記事へのトラックバック一覧です: 神々のネットワークその3(自然の猛威と…):

« 神々のネットワークその2(八郎神社) | トップページ | 神々のネットワーク総集編(「もののあはれ」とは) »