« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007.07.31

源氏物語に学ぶ「通奏低音奏法」

13312_11349060506095527365_300 ここ富士山麓は今、正直寒いっす。まじでストーブをつけたいくらいです。外の気温は11度(!)と表示されています。静岡の真冬の最高気温と変んないじゃん!ありえね〜。ニュースでは日本全国暑い暑いって言ってるのに…。
 そんなひんやりな夜もセクスィー部長のおかげでかな〜り熱く暑くなりました。ということで(かなり強引ですが)、今日は平安のセクスィー部長、光源氏さんから通奏低音について学びましょう(?!)。巻もちょうど「常夏」ですし。
 源氏物語の「常夏」の巻に、セクスィー部長が…いや光源氏が玉鬘に通奏低音のチェンバロについて語る部分があります(?!)。
 まあ、とにかく読んでみて下さい。まずいちおう本文を。

 (源氏)「…ことことしき調べもてなし。しどけなしや、このものよ。さながら多くの遊び物の音、拍子を調へとりたるなむいとかしこき。…同じくは、心とどめて物などに掻き合はせて習ひたまへ。…深き心とて、何ばかりもあらずながら、またまことに弾き得ることはかたきにやあらむ、ただ今は、この内大臣になずらふ人なしかし。ただはかなき同じ菅掻きの音に、よろづのものの音、籠もり通ひて、いふかたもなくこそ、響きのぼれ」

 では、訳します。いつもの我流(無手勝流)訳で失礼します。

(源氏)「(チェンバロは)…決まったメロディーはありません。自由なんですね、この楽器は。でも、多くの楽器の音やリズムを調える役割をしているところがとても重要なんですよ。…同じ習うなら、注意しながら他の楽器などに合わせて弾いてお習いになりなさい。…深い奥義といっても、どうということはないのですが、一方で本当に弾きこなすことは難しいのでしょうか、現在では、あの内大臣に並ぶ人はいませんねえ。ただなにげない同じアルペジオの音に、全ての楽器の音が、こもり通って、言いようもなく響きのぼるのです」

 ね、素晴らしいでしょ。これこそ通奏低音におけるチェンバロ演奏の醍醐味ですよ。さすが源氏です。よくわかっていらっしゃる。ちなみにこの文の中に見えるチェンバロの名手とは、源氏の親友でありライバルである頭中将のことです。出世して頭中将じゃないんですよね、もう。
Wagon なんて、冗談はこのくらいにいたしましょう。平安時代の日本にチェンバロがあるわけありません。でも、同じような原理で発音し、同じような音楽的役割を果たした楽器があったってことですよね。それが「和琴(わごん)」です。
 「和琴」というのは、今のお琴、すなわち「箏のこと」とは違う楽器ですね。もう少しシンプルで素朴な楽器です。また「琴(きん)」と言われる中国から来た琴柱のないタイプものとも違いますね。右の写真を参考にしてください。もう少し平らに持って弾いたと思われますが。
 ですから、冗談とは言っても、半分以上は冗談ではないわけです。おそらくチェンバロで通奏低音を弾いたことがある方は、源氏の言葉のあまりの鋭さにドキッとされたのではないでしょうか。それほどに本質をついた言葉なんです。
 実は、この部分の私の訳は、一般的な訳とは違うかもしれません。しかし、ちょっと音楽をかじっている者として、また、「モノ・コト論」を展開するものとして、自信をもってこういう解釈をいたしました。「物の音」の「もの」は外部を表します。自分から発する音である「歌」や「声」に対する「楽器音」ということですね。「ことことし」という形容詞が出てきますが、これは「型にはまった、固定された」という意味です。
 というわけで、この源氏の和琴論は、通奏低音のチェンバロのみならず、もちろんテオルボやリュート、あるいはジャンルは違いますが、ジャズのギターやピアノの奏法にもつながりますよね。
 この前、友人であるチェンバリストの方と話したんですが、どうも最近の若い演奏家は自己主張ばかりが強くて、「響きを立ち上らせる」ことができないようです。ぜひ、源氏の言葉に耳を傾けてもらいたいですね。まじで。

源氏物語に学ぶ「通奏低音奏法」その2

不二草紙に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.30

『スポーツとは何か』 玉木正之 (講談社現代新書)

1494541 夏の甲子園出場校がそろそろ出そろいますかね。私の勤務する高校の野球部は、結局優勝校に負けてしまいました。ウチは秋の優勝校、先方は春の優勝校ということで、あの試合が実質上の決勝戦だったのかもしれません。また、私の母校は春の全国制覇校に延長戦で惜敗いたしました。今年はいずれかで甲子園に応援に行けるかと思っていたので、ちょっと残念です。
 しかし、この高校野球というのは不思議な世界ですね。もう充分に議論し尽くされているとは思いますが、どう考えても純粋なスポーツとは言えませんね。一番暑い時期に、一番蒸し暑い地方で、一番暑い時間帯に決勝戦が行なわれる。偶然性の高い球技にもかかわらずトーナメント方式である。軍隊式の行進が行われる。原爆の日、終戦記念日、お盆、郷土愛、汗と涙、連投、連帯責任…全てが、日本人の好むノスタルジックなドラマ性を準備しているように思われます。
 まあ、野球自体不自然なスポーツですからね。いろいろな意味で不均衡ですし、ボールデッドの時間が異様に長い(間が多い)。団体球技のくせに、まるで戦国時代の名乗りあいのように、あるは仮面ライダーとショッカーのように一騎打ちだし。
 この本では、そんな野球に限らず、イギリス発祥のもの、アメリカ発祥のものなど、様々なスポーツやその周辺の事象を取り上げられています。そのルーツや文化的背景、さらに日本での問題点などについて解説が施されていきます。結果としてなかなか面白い比較文化論になっていると言えるでしょう。
 内容的にはどこかで聞いたことのある話ばかりですが、それらをこれだけまとめて提示されると、たしかに読んでいて飽きない。ちょいと牽強付会ぎみなところもありますが、「へえ〜」というトリビア的なネタ本として、あるいは高校生などに「別の視点」を与える教材としては、けっこう使える本でしょう。
 この本のもう一つの面白さというか、読みやすさの原因というのは、筆者が自らに課した「型」にあります。筆者は、「スポーツ用語からスポーツを読み解く」として、用語(テーマ)を最初から最後まで「あいうえお順」に並べています。50音順に並べるということによって、内容に流れがない、すなわち辞書的な構成になるかと思いきや、途中まで(最後までかも)その並べ方に気づかないほどに、前後のテーマがうまくつながり、全体にわたるメインストリームもできているという離れ業、ウルトラCを筆者は実現しています。さらに一つの用語の記述が全て1ページぴったりに収まっている(それぞれ600字くらいの小論にまとめられている)。これは面白い書き方だと感じましたね。
 私のブログもたいてい同じくらいの長さ(長過ぎさ?)ですし、全然違う対象を取り上げつつ、けっこう前後のつながりがあったり、全体としてのテーマ性があったり…してるかな?…いや、自分としてはそういう感じがしてるんですけどね、この本はそれを徹底していますね。まあ連続コラムをまとめた感じなのかもしれません。とにかく、長いフツーの本を読むのが苦手な私には、実に読みやすかった。
 あとがきで筆者も書いている通り、その「あいうえお順」スポーツ用語は「す」までしか進んでいません。「せ」以降も早く読んでみたいところですね。
 ところで、筆者はスポーツライターとして有名ですが、もう一つの顔、音楽ライター(音楽評論家)としても重要な仕事をしています。「スポーツ」にせよ、いわゆる「音楽」にせよ、明治にどっと流入した西欧文化なわけであって、それらがどのように日本に受容されたか、そしてそれらがどのように日本的に変容せられたか、その歴史の中に、玉木さんは「日本とは何か」を見ようとしているように感じますね。

Amazon スポーツとは何か

楽天ブックス スポーツとは何か


不二草紙に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.29

第3回富士山の森ジャズフェスタ2007

Jazz0729 昨日は「なんちゃって」について語ってしまいましたが、今日になると本当に恥ずかしい。いつも生徒に教えられます。
 今日は近所の河口湖ステラシアターにおいて、「第3回富士山の森ジャズフェスタ2007」が開かれました。この学生ビッグバンドの祭典は、私の勤める高校のジャズバンド部が中心になって主催運営されました。合宿明けということで、私は後半しか聴くことができませんでしたが、それでも3時間以上にわたり、各校のフレッシュかつ熱気溢れる演奏に心躍り、また心打たれました。
 今回の出演校およびゲスト、講師は以下の通り。
富士吉田市立明見小学校・府中市立府中第4小学校・山中湖村立山中湖中学校・さいたま市立与野東中学校・東京都暁星中・高等学校・静岡ジュニアジャズオーケストラ・山梨県富士学苑高校・横浜市立大学・日本大学・早稲田大学・法政大学・東京大学
ゲスト TOKYO F.O LAB BAND
講師 瀬川昌久氏(ジャズ評論家)、内堀勝氏(作編曲家)
 いやあ、本当に感激しましたよ。ジャズの素晴らしさ、ビッグバンドの素晴らしさは当然として、やはり、学生ならではの一生懸命さや、緊張感、いい意味での若気の至りでしょうかね。純粋に楽しもう、楽しませよう、目立っちゃおう、そして、やばいビビってるという感じ。謙虚さと前向きな無謀さ。自分の限界を知らないために生じるプラスのエネルギー。どれをとっても、私のようなゴマカシばかり考えているなんちゃっておじさんの音楽とは違います。
 第一、練習の総量が違う。昨日のなんちゃってなんて、本番が全員で合わせる「2回目」ですから(笑)。そういうことを平気でやってしまうこと自体、ある意味音楽をなめてますね。お客さんに申し訳ない以前に音楽に申し訳ないっす。
 もちろん、おじさん的視点、すなわちエセ評論家的視点(聴点)からしますと、彼らには若いからこその問題もあります。中学、高校生は、まだ楽器をしっかり鳴らすところまで行っていませんし、アンサンブルや曲作りは粗削り。大学生は、上手になり始めた時期にありがちな、アンサンブルが小さくまとまりすぎる、ソロではやりすぎ、という二つのパターンにしっかり陥っているバンドが多かった。しかし、それは一つの過程として非常に健全なことであり、そこを通って、それを指摘されて当たり前なわけですが。
 そんな中、これは身内びいきでもなんでもなく、最も素晴らしかったのは我が富士学苑高校の「ムーン・インレット・サウンズ・オーケストラ」でした。音楽全体にみなぎるエネルギー、テクニックを超えた楽器の言葉、エンターテインメント性、あらゆる意味で心にぐっと来ました。身内としてもちろん、彼らがこの祭典の企画・運営を裏から支え、そうした裏方的雑用の合間に自分たちの練習や本番があるという現実をよく知っているからこそ、そして、彼らの純粋な人間性を知っているからこその感動というのもあります。しかし、それ以前に本当に音楽の内容で圧倒的でした。
 講師のお二人がおっしゃっていたこと、それはまさに私が生徒たちの演奏を聴きながら思ったことでした。ここまでは練習、努力で来ることができる。ここから先、いかに聴く人を感動させるか、そういう次元に入っていくと、もう技術論とか解釈論とかいうものはほとんど無意味になってくるわけです。その人の人間性、生き様が音楽そのものになってくる。それは私が思うに「縁」によって醸成されるものだと思います。
 若い彼ら(全てのバンドの皆さん)が、この後、いったいどういう音楽を、人生を奏でていくのか。講師の先生方もおっしゃっていましたが、「怖い」し「楽しみ」でもあります。自分の才能の限界にぶちあたることもあるでしょうし、思うように音楽できない環境に置かれることもあるでしょう。ある人は楽器に触ることすらなくなるかもしれません。自分の学生時代を懐かしく顧みつつ、また今の自分の置かれたある意味幸福な状況に感謝しつつ、若者たちに心からエールを送りたいと思います。
 そして、自分の音楽についても、もう一度原点に帰って…それがなあ、いっつも生徒諸君から刺激をいただくのに、全然ダメなんだよなあ…大人になるってこういうことなんでしょうかねえ。哀しいような、でもちょっと楽しいような(笑)。

不二草紙に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.28

(なんちゃって)イパネマの娘

Ipanema 今日は勉強合宿の合間をぬって、歌謡曲バンド「ふじやま」のライヴ(in 富士吉田市市制祭 市民夏まつり)をやってまいりました。そして…
 憧れのボサノバをいきなり人前で演奏してしまいました。なんちゃって道も極めればそれなりのものになることを信じて…るわけないっす。なんちゃってはなんちゃって。しかし、そのなんちゃってこそ、ディレッタントの特権であり、武器でもあります。
 憧れって大切ですよね。そしてなんちゃってでもいいからマネてみる。これは子どもの時にはみんなよくやっていたことです。
 今日、先輩の先生と話したんですけど、最近アンダースローのピッチャーをすっかり見かけなくなりました。いちおう、というか、かなりの野球少年であった私は、真剣にアンダースローの練習をしましたよ。だって、当時のプロ野球には、山田さんや足立さんら、たくさんの名アンダースローピッチャーがいましたし、漫画やアニメの世界でもドカベンの里中くんや、野球狂の詩の水原勇気さんや、そうそう巨人の星の星飛雄馬も最後はアンダースローでしたね。子どもたちは、そういう憧れの対象がありますと、とにかく真似してみるわけです。
 よく言われるように、「学ぶ」は「真似ぶ」であります。私たちいい大人の歌謡曲バンドも、基本はこうした「学ぶ・真似ぶ」姿勢を忘れてはならない、少年少女の心を失ってはならない、と常々思っている…わけでは決してないっす。単に子供っぽい集団なんでしょう(笑)。
 で、今回なんてひどいですよね。ボサノヴァ…全然歌謡曲ではないし。いや、歌謡曲に多大な影響を与えているし、ブラジルの歌謡曲とも言える(まあ、なんとでも言える)。とにかく、とにかく、私たち共通の憧れだったんですよ。私だって、4000円近くする「ジョアン・ジルベルト奏法」の本を買って、ひそかに練習した時期がありました。そして、1ページ目で挫折しました(笑)。それほどに高い壁であり、高いからこその憧れの花だったわけですね。
 それを、この年になって、こういう形で演奏するようになるとはなあ。感無量です。
 今回は、正直どのパートも見事ななんちゃってだったんですけど、その最たるものはやはりヴォーカルでしょう。つまりウチのカミさんです。
 え〜、最近のいくつかの記事でおわかりのとおり、今彼女の心は、秋田もしくは東京もしくはブラジルに飛んでおります。まったく理解しがたい腐女子ぶりを発揮しておるのでありますが、しかし、そのFパワーなくして、今回のなんちゃってもなかったでしょうし。すなわち、私たちの共通の夢の実現(なんちゃってですが)もなかったということです。そういう意味では「おそるべしFパワー」と言うよりも「ありがとうFパワー」ということになります。
 彼女は、友人の(というか、これを機に友人になったのではないだろうか…)ブラジル人の指導も仰ぎながら、この非常に短い期間内、すなわち1週間ほどでブラジルポルトガル語をマスターしたのであります(もちろんなんちゃってですが)。
 ということで、我々の究極のなんちゃってぶりをmp3にしましたのでどうぞ聴いてやってください。演奏中、なぜか数人の少年(ガキ)がステージ前に陣取り、我々を指さして笑っていました。きっと、彼らは本当の(本来の)子どもの心をもって、我々の邪(よこしま)な子ども心を見抜いていたのでしょう。ハハハハハハ。
 また、この曲で降り番だったメンバーも腹を抱えて笑ってました。そんなに可笑しいでしょうか。いや、たしかにこれは…。
 あと、録音の途中で観客が「小野リサが歌ってる…」みたいなこと言ってますねえ。これはどういう意味なんでしょうか(笑)。
 ボサノバと言えば、非和声音が特徴ではありますが、各パートともちょっとやりすぎじゃないですか?(笑)。お客さんの手拍子も微妙だしね。とにかく本場、本職の方は聴かないでね。

(なんちゃって)イパネマの娘(mp3)

不二草紙に戻る

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2007.07.27

『神々の軍隊 三島由紀夫、あるいは国際金融資本の闇』 濱田政彦 (三五館)

Kamigami 冒頭の三島の自決、少し遡って「英霊の声」を聞くシーンは、今までにも充分すぎるほど語られてきましたので、別段感慨もなく読み始めたのですが、続く、美輪明宏が三島由紀夫の背後に磯部浅一の霊を見るシーンに鳥肌してから、新しい物語が一気に動き出しました。「国際金融資本」と「神々の軍隊」の戦いの行方は、すなわち私自身の存在そのものに関わるものでした。
 こちら「昭和天皇伝説」もなかなか刺激的でしたが、こちらはその数倍面白いノンフィクションでしたね。すごい本です。人物関係と流れを復習するために2度読みました。昨日のシェーファーに負けず劣らずのヴォリュームなんですが、思わず引き込まれました。
 著者の濱田さん、私よりずっとお若い方のようですが、知識も豊富、独自の視点によるそれらの結びつけ方も絶妙、文章もなかなか達者で、感心しきりです。
 「貨幣(かね)」という無表情でウイルスチックな「神」に、本来の「神」の象徴であったはずの天皇さえも感染し、国が亡んでいく。そんな国を、天皇を、人民を憂え、必死に抗しながらむなしく散っていった人々。神風連の乱の太田黒伴雄や2.26事件の磯部浅一、大本の出口なお、そして三島由紀夫ら。彼らが紡いだ「縦糸」は、今本当になくなってしまったのでしょうか。
 私はこの本を読んでいて、たいへんに胸苦しくなってしまいました。明らかに新しい「神」の理論の上に生活し、先生という仕事を通じて、それを次の世代に「縦糸」として紡ぎ出している自分の存在に、そら恐ろしささえ感じました。出口なおの言う「われよし(利己主義)」「つよいものがち(弱肉強食)」世界でのうのうと生きている私。
 この本の一つの特徴は、本来の「縦糸」の中心人物として、出口なお(この本ではナオと表記されています)を置いている点でしょう。彼女の素朴にして重厚な純日本的存在感は、確かに非近代そのものでした。彼女の言葉「お筆先」は、ある意味言葉(ロゴス)にすらなっていません。
 さらに面白いのは、彼女の後を継いだ出口王仁三郎を、徹底的に「横糸」として描いていることですね。彼は常に「贋作師」「政治屋(フィクサー)」「経営者」「無軌道な男」として登場します。彼にはたしかにそういう側面もありましたからね。いや、ある方向から見れば、まさにそのとおりであったと思います。しかし、あまりに多面的な王仁三郎のことです。濱田さん、「横糸」にこだわりすぎて、王仁三郎に関しては描ききれていなかったかもしれません。
 ここでまた私の勝手な「モノ・コト論」になってしまいますが、なおが近代化の波の中で吐き出した糸は、まさに「モノ」でした(もちろんこの「モノ」は物質という意味ではありません)。それに対して、貨幣(=かね)は「コト」の象徴であります。王仁三郎は「モノ」も「コト」も併呑し、結局「モノガタリ」を吐き出した。彼があえてなおとぶつかり合ってみせたのは有名な話です。そうして、彼女の吐き出した「モノ」を、自らがメディアになって世間に提示して見せた。まさに物語ったわけです。
 そして、再び自分を省みてみますと、私たちは今、完全に「モノ」より「コト」に生きているということになりますね。ある意味、三島由紀夫がああいう形で物語ったのを最後に、私たちは「神話」を失ってしまった。あの時三島が絶望した、市ケ谷の若い自衛隊員の姿は、すなわち私たち自身のそれだったのでした。
 いやあ、それにしてもこれはすごい本でした。軍部や天皇家と財閥、宗教団体の関係など、私が今まで知らなかったことが、もちろんたくさん書かれていまして勉強になったんですけれども、それ以上に、ああやっぱりあの戦争が大きな分岐点だったのだな、ということを改めて痛感しましたね。戦争がいけないことだというのは単純に知っていますが、あの時、日本人が(正確に意識しなかったにせよ)何と戦ったのか、何に負けたのかを、いろいろな視点から考えてみることは、とても重要なことでしょう。
 この本が、今絶版になっていて手に入りにくいというのは、実に残念なことです。どうでもいい本が書店に山積みにされ、こういう本が消えていくこと自体、新しい「神」のシステムがしっかり機能していることを証明しています。今回、この本を貸してくださった伯爵さま、本当にありがとうございました。

Amazon 神々の軍隊

不二草紙に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.26

『世界の調律 サウンドスケープとはなにか』 R.マリー・シェーファー/鳥越けい子ほか訳 (平凡社ライブラリー)

58276575 サウンドスケープの基本文献。初めて読みました。仕事上読む必要が生じたためで、本来ならこんなに分厚い本は買っても読まないでしょう。
 思ったよりも面白かったのですが、ちょっと眠くなったかな…違和感とともに。いつものように内容の紹介は他の人に任せまして、ちょっと読みながら考えたことを記しておきましょうか。
 視線をはずして何かを見ないようにしたり、目を閉じて瞑想したりするのは比較的簡単です。聴線というのは、なんとなくイメージとしてはありそうな気もしますけど、しかし言葉としてないということは、あんまり一般的ではない(重要ではない、もしくは機能していない)ようですね。また、耳を閉じて瞑想するというのも物理的に難しいそうです。人間にとって「音」というのが、基本的に無害なものなのか、あるいは他人の「言語」をよく聴きなさいという神様の意思なのか、よくわかりませんけれど、とにかく私たちはそういうふうに進化してこなかったんですね。結果、いやおうなしに様々な音に囲まれて生活することになるわけです。
 ちょっと考えると、そういう無数の音の中にも意識される音と意識されない音があり、また、(自分にとって)意味のある音とない音とがあることが分かります。心地よい音と不快な音というのもありますね(もちろん個人差があります)。
 それらを音楽と騒音とか、自然音と信号音とかいうふうに、ちょっと乱暴な仕分けをするんじゃなくて、ていねいに、そして目に見えるように捉え直したのが「サウンドスケープ」です。
 先ほど、聴覚が視覚よりも、対象を自由に選択できないかのような記述をしましたが、実はそうではないというのを、私たちは経験的に知っています。つまり、無意識のうちに、あるいは意識的な場合もありますが、私たちの耳は(脳は)かなり恣意的に音を取捨選択しています。視覚以上にそういうことをしている。つまらない授業では、先生の口から発せられる音声は、ほとんど無音と同じく無意味であったりしますね。
 そういう聴覚の世界を「スケープ」として捉え直す「サウンドスケープ(音の風景)」に、私は眠気とともに違和感を催しました。シェーファーが「見た」音世界は、あくまでスケープ化を目的として捉えられたものだったからです。この本に展開されていく音の風景たちは、正直私の知っている、私の脳内に展開されていくそれとは明らかに違っていました。シェーファーは作曲家ですし、マクルーハンの弟子ですからね、かなり慎重かつ学際的な論を展開してはいるんですが、いかんせんマイクロフォンによってつかまえられ、数値化された音風景が登場する段になると、どうしても私の脳内スクリーンには?が点滅してしまいます。
 というよりも、ここは日本だしなあ。いきなり、西洋の街の風景を見せられても、私には本当の音は全く響いてきません。もちろん、日本のサウンドスケープ研究家やデザイナーが、母国の音の視覚化をやってくれていますが、それが私の脳内風景と一致するかというと、その可能性はあんまりなさそうです。
 では、サウンドスケープというのが全く意味がないかというと、もちろんそんなことはないと思います。私の個人的な風景にとっては意味がないかもしれませんが、「私」の総体である社会には有用となるでしょう。公共的な音空間は、たしかにデザインされるべきものであるし、それ以前に個人的な音というのが、実は個人的なものではない、社会的なものであるということを認識する上でも。
 しかし、先ほど書いたように、シェーファーの発想があくまで西洋的な環境のもとにあること、また、この本のタイトルでもある「調律」という言葉が象徴していますが、その発想自体が西洋的な価値観のもとにあることに、私は正直違和感を持ちました。世界は調律されるべきなのでしょうか。平均率的に?
 で、いきなり話がぶっ飛びますが、サウンドスケープという言葉を何度も目にするうちに、私は「観音さま」を思い起こしました。「音を観る」…私たちの中にいる観世音菩薩は、機材を持ってきてやれ何㏈だとか、そんな無粋なことはしないでしょう。
 ムジカムンダーナ(天上の音楽)はきっとあります。あるからと言って、それが地上に再現できるとは限りません。再現できていればとっくに地上のものになっています。天才たち、ピタゴラスやダ・ヴィンチやケプラーやハーシェルや、もちろんバッハやモーツァルトもそれを試みたと思いますが、彼らの失敗はそこに「神」という言葉を置いた時点で始まっていたとも言えます。今、私たちは「科学」という言葉のもとで、同じ過ち、いやもっと下世話な過ちを犯そうとしているかもしれません。
 では、どうすればいいのか。どうもしないのがいいのか。地上の騒音を消し去り、地上の音楽を奏でていればいいのか。いや、地上のというのはおこがましい。動物や植物や石ころや空気にとっては、騒音が音楽で、音楽が騒音かもしれませんからね。結局、人間の人間による人間のためのチューニングが施されていくんでしょうか、音の世界にも…。
 究極は、ただ単に観音するだけでいいのかもしれませんが、でもやっぱりそれが難しいのでした。ふぅ、またよく分からなくなってきたんで、ここらでおしまい。


Amazon 世界の調律

楽天ブックス 世界の調律

不二草紙に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.25

『レッスルする世界』 ロラン・バルト (「神話作用」所収)

Barthes さて、昨日の迷いの続きになりますか。「上手にだまされる」話など…。
 こちらの記事のコメントでも友人が紹介してくれていましたこの古典的名エッセイを、本当に遅ればせながらですけど、読んでみました。めっちゃ面白かった。感心どころ、ツッコミどころ満載でした。
 私が手に入れたのは、例の篠沢教授が珍訳した(?)古典的な方(1967年版)でして、「プロレスする世界」ではなく「レッスルする世界」というタイトルになっております。内容的には、たしか「プロレスする世界」の方がいいかな、とも思いましたが、いや、もしかすると、篠沢教授のトンデモぶりこそ、バルトらしさを見事に表現しているのかもしれない…。
 もともとバルト自身がレッスルな存在とも言えます。彼はエクリチュールに注目することによって、結果としてパロールへの復讐心を表現していると感じるからです。彼が言うレッスルとは、表面的には記述された神話であり、いい意味での見世物であるわけですが、このエッセイの内奥に描かれているのは、反神話的世界、近代的世界への憎悪です。
 今や、この古典的エッセイ、総合格闘技からプロレスを守るための、それこそ古典的な(アナクロな)決め技になってしまった感がありますね。でも、バルトがプロレスが好きでガチンコに興味ないと表明しているからと言って、それがすなわち日本のプロレスが総合より優れているという論拠にはなりえませんよね。その辺に関しては、私は多少冷静でありたいと思っています。
 バルトが今から50年くらい前に強く嫌悪した非神話的世界は、たしかに今も存在していますが、いわゆる神話時代や古典時代よりも、それらが優勢になっているとは言えないと、最近の私は思うんです。温暖化などと同じで、大きな振幅の中の、もしかすると端っこの方にいるのかもしれませんが、かならず揺り戻しがあって、均衡を保つようになっていくのだと思います。実際、昨年あたりから総合格闘技の勢いが明らかになくなってきている。そして、プロレス的世界に人々は帰りつつあるような気もします。
 バルトの愛した50年代フランスのプロレスがどういうものだったか、私は直接的には全く知り得ませんが、このエッセイを読む限り、たしかに演劇性の濃いアメプロ的世界のようですね。バロック的な善悪の配役と、象徴的(記号的)外見、大袈裟な動作、そして観客の望むものを提供するプロフェッショナルな芸。そんな中でバルトが、特に敗者(主に悪玉)の屈辱的な姿に注目しているのは面白いですね。きっとバルト自身も、そうしたみじめな記号を見て、さまざまな意味で溜飲を下げたことでしょう。
 しかし、他の記号論者や構造主義者たちが陥ったように、バルトも結果として大きな錯誤を犯しているようにも思えます。彼らはそうした神話的な、物語的な総体をとらえようとして、記号の世界、数学の世界、言語の世界に近づきすぎてしまった。いつかも書きましたが、ミクロ的、オタク的になりすぎてしまったような気がします。あまりのこだわりのために、結果として敵(たとえば、非神話的世界、近代、パロール)に対する復讐心をあらわにしすぎてしまった。そこに私は、屈折した精神を感じずにはいられません。
 結局のところ、敵への羨望や嫉妬のようなものが見え隠れするようになってしまったということです。劣等感→羨望→嫉妬→憎悪→復讐というシナリオ、それはどの時代でも、どの国でもかなりカッコ悪いことです。
 別に現代フランス思想をどうこう言いたいのではなく、単にこの頃の自分の迷いもそこにあるような気がしてるんですよ。例えば、昨日も書きましたが、「原理主義はいけない」と言うと、誰かも言っているようにそれも結局原理主義になってしまう。いくらいろいろなものを理解し受け入れているフリをしても、それは究極的には、いろいろなものを理解しない受け入れない人を糾弾しているとも言える。そんな感じで、結局相対的にしか(あるいは敵を作るしか)自分の存在は安定しないということなんですね。
 それが当たり前だと言えばそれまでなんですが、わかっているけれどなんとなくそんな自分にガッカリもしたりするんですね。まだお子ちゃまだってことでしょうか。
 「レッスルする世界」に仕組まれたバルトのこの言葉が全てを象徴しているのかもしれません。やっぱりバルトは大人だったのか。
 『正義は故に、有り得べき違反の総体である』
 そう言えば、「wrestle」って「動物がじゃれ合う」って意味でしたね。

Amazon 神話作用

不二草紙に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.24

『メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学』 松永和紀 (光文社新書)

33403398 (ココログメンテナンスのため更新が遅れました)
 私は全く先生らしくない(いわゆる先生らしい自意識を持たない)先生らしいのですが、いちおう先生という名前の仕事をしている者として、これだけは教えておきたいということがあります。また、私は全く国語の先生らしくない(いわゆる国語の先生らしい授業をしない)先生らしいのですが、いちおう国語の先生という名前の仕事をしている者として、これだけは教えておきたいということがあります。
 それは、「だまされない人になりなさい」ということです。今風に言えば情報リテラシーを身につけろってことにもなりますかね。世の中の「言葉」を鵜呑みに資するなということでもあります。
 たとえば、この本でも糾弾されている「みのもんた」の言葉。まあ、みのさんの言葉はいかにも胡散臭いのでまだ罪はない方かも。バラエティーですからね、存在自体が。それより罪なのは、やっぱり新聞やテレビでしょう。いわゆるマスコミの言葉です。生徒は、新聞やテレビのニュースは本当のことを語っていると信じています。てか、それ以前に学校の先生の言うこと、あるいは教科書に書いてあることが正しいと思っていますね。
 ということで、まずは私の言うことを信じるな、疑えというところから始まりますが、私はどういうわけか初めから信用されてないので、そこんとこは軽くクリアーです(笑)。次は小学校、中学校の先生の言うことを検証します。続いて、テレビのニュースや新聞記事、ネット上の情報やなんかを俎上でぶった切ります。と言いますか、つまり同じ話題にしてもいろいろな視点や表現の仕方があるということを教えるわけですね。そして、なんでそういうふうにいろんな「コト化」が行われているかを教えます。
 特に女子生徒には、そこんとこを強調します。みんなが大好きなアレやコレは実はね…って。そうすると、女の子たちはなんか怒りだすんですよね。面白いことです。つまり、彼女らが信用し切っていた、あるいはそれを越えて信仰していたことから、突然ウサンナ(ポルトガル語…怪しいの意)の臭いがプンプンしてくるからですね。
 うん、確かに最近のテレビ番組やら、広告やら、CFやら、つまり様々な情報は、女性をだますことを目的にしていものが多い。なにしろ、今や女性は男性よりもお金持ちですからね。欲望が強い上に金持ちですから、それは金もうけをたくらむ男どもの餌食になりますよ。ダイエットにアンチエイジングにスピリチュアルにコスメにファッションに育児に恋愛に。いろんなウサンナ餌がばらまかれてます。
 そういう餌をしかける男は、単に市場の原理に則って行動してるだけですから、そんなに責められません。でもやっぱり、それにだまされて食いつく女性にしっかりしてほしいと思うのは私だけではないでしょう。
 この本でまな板に乗せられている、「白インゲンダイエット」「納豆ダイエット」「寒天ブーム」「レタスの快眠作用」「タマネギが糖尿病にいい」「シナモンが糖尿病にいい」「リンゴダイエット」「環境ホルモン」「ダイオキシン」「化学物質過敏症」「添加物」「化学物質無添加」「有機栽培」「オーガニック」「無農薬」「マイナスイオン」「水からの伝言」「遺伝子組み換え大豆」…これらは、たしかに女性が敏感に反応するコトノハばかりですね。
 しかし、この本の矛先は女性たちには向かいません。あくまでもマスコミや科学者など発信者に向かっています。筆者自身が女性ですし、記者生活の長かった方ですので、そのへんは微妙と言えば微妙でして、あくまで矛の向かう先にも表向きと裏向きがあって、それこそメディア・バイアスがかかっているかもしれませんけどね。
 だからという訳ではありませんが、この本は生徒に、特に女子生徒に読んでもらいたいわけですけれど、また逆に彼女たちにはこの本の内容もまた鵜呑みにしてほしくないわけです。つまり、最終的にはいろいろな立場からの情報(コト)を仕入れて、しっかり仕分けして、自分の「コトノハ」「コトワリ」で判断してほしい。そして、もちろんその自らの「コトノハ」「コトワリ」にも懐疑的であってほしい…。
 私自身も、いつも「原理主義はいかん」と言いつつ、でも、いつまでも懐疑論者でいるわけにもいかず、線引きというか、妥協際というか、視座の置き場というか、そういったいつもフラフラして固定されないモノとのつきあい方に苦労しているわけでして、最近もいろんな人に指摘されていますが、このブログの記事の言葉もどこか歯切れが悪かったりする(この文自体かなり気味悪い)。
 こんなことを繰り返していると、結局お釈迦さまのおっしゃる「空」という究極の 「ことわり方」、すなわち「事割・言割」を否定する「ことわり方」に至ってしまうような気もするんですね。でも、またそれが人として(特に現代日本人として)逃避になっていないかという検証も必要なような気もする…と、またまたずいぶんと話が飛んで、トンデモナイことになっていますが、えっと、つまりは、「だまされない人になりなさい」、しかし「上手にだまされる人にもなりなさい」ということかな?そうじゃないと大好きなプロレスも音楽も映画も演劇もコントもトンデモ世界も楽しめませんからね。
 「世俗の人として生きるなら、真に賢いだまされ役も引き受けなさい」ということでしょうか。う〜む、悩める日々の繰り返しでつ。
 すんません、なんか変な独り言になってしまいました。とにかくいい本でした。皆さん読みましょう!

Amazon メディア・バイアス

楽天ブックス メディア・バイアス

不二草紙に戻る

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.07.23

『1枚の写真が…横浜事件65年目の証言』(NNNドキュメント'07)

Yokohamajiken 戦中最大の言論弾圧事件と言われる「横浜事件」。私はまったく勉強不足で、その名は知っていても具体的にどのような事件だったか、ほとんど知らずに今まで生きてきました。ここのところ、戦中の、特に昭和18〜20年あたりの日本に興味を持つきっかけがあり、少しこの事件についても調べ始めていたのですが、ちょうどいいタイミングで、今日の未明、ドキュメントが放送されました。
 横浜事件の内容については、以下の平凡社大百科事典の説明が簡潔でわかりやすいでしょう。

 太平洋戦争下の特高警察による,研究者や編集者に対する言論・思想弾圧事件。
 1942年,総合雑誌《改造》8,9月号に細川嘉六論文〈世界史の動向と日本〉が掲載されたが,発行1ヵ月後,大本営報道部長谷萩少将が細川論文は共産主義の宣伝であると非難し,これをきっかけとして神奈川県特高警察は,9月14日に細川嘉六を出版法違反で検挙し,知識人に影響力をもつ改造社弾圧の口実をデッチ上げようとした。
 しかし,細川論文は厳重な情報局の事前検閲を通過していたぐらいだから,共産主義宣伝の証拠に決め手を欠いていた。そこで特高は細川嘉六の知友をかたっぱしから検挙し始め,このときの家宅捜査で押収した証拠品の中から,細川嘉六の郷里の富山県泊町に《改造》《中央公論》編集者や研究者を招待したさい開いた宴会の1枚の写真を発見した。
 特高はこの会合を共産党再建の会議と決めつけ,改造社,中央公論社,日本評論社,岩波書店,朝日新聞社などの編集者を検挙し,拷問により自白を強要した(泊共産党再建事件)。
 このため44年7月,大正デモクラシー以来リベラルな伝統をもつ《改造》《中央公論》両誌は廃刊させられた。一方,特高は弾圧の輪を広げ,細川嘉六の周辺にいた,アメリカ共産党と関係があったとされた労働問題研究家川田寿夫妻,世界経済調査会,満鉄調査部の調査員や研究者を検挙し,治安維持法で起訴した。
 拷問によって中央公論編集者2名が死亡,さらに出獄後2名が死亡した。その他の被告は,敗戦後の9月から10月にかけて一律に懲役2年,執行猶予3年という形で釈放され,《改造》《中央公論》も復刊された。拷問した3人の特高警察官は被告たちに人権じゅうりんの罪で告訴され有罪となったが,投獄されなかった。

 事件自体をげっちあげ、獄死者を出すほどの拷問を行なった特高。これはもちろん許されざることですが、時代も時代、国全体が異常な状態であったことを考えると、彼らだけを責めるわけにはいかないとも言えます。しかし、終戦後、都合の悪い裁判記録を自らの手で焼却し、今に至る戦後裁判の中で、「裁判記録がない」という理由をもって何度も再審請求を棄却していきた司法のあり方には、私も怒りや恐怖を感じます。
 法に疎い私は「免訴」という言葉を初めて知りました。公訴権がないことを理由に裁判を打ち切ることだそうです。裁判所は自ら記録を消し去り、裁判はできないから、まあなかったことにしよう、免訴は無罪みたいなもんだ、有罪じゃないからいいだろう、と言っているわけです。免訴を言い渡された一人木村亨さんの「日本は人権小国、人権後進国」という言葉が重く響きます。
 ドキュメントの中では、事件の発端となった(なってしまった)写真が撮られた富山県泊町の人々がクローズアップされていました。いきなり神奈川の特高に呼び出され、拷問に近い取り調べを受けながら、「あったこと」しか語らなかった彼ら。あのような状況の中で、彼ら善良な一般市民は、よくぞ「誠」と「真」を貫き続けましたね。たしかにそこには一つの救いがあったような気がしました。
 もしかすると、まだ戦後は終わっていない、いや戦中も終わっていないのかもしれませんね。最初に書いたように、今私はある時代の日本に興味を持ち始めています。現代の私たちが、あの時代をそれぞれ自分たちなりに検証していかなければならないのかもしれません。歴史が単なる過去の記録や記憶になってしまわないためにも、それぞれが今の自分と過去とを結びつける作業をしてゆくべきなのでしょうね。

不二草紙に戻る
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.22

『小学校でならう漢字1006字ブック』 藁谷久三 (すばる舎)

88399628 いちおう私は国語の先生なのですが、漢字の書き順には自信がありません。そのあたりの話については、漢字筆順ハンドブックを紹介した記事にも書きましたね。
 小学2年生になった上の娘も、宿題なんでしょうか、漢字の練習をよくやってるんですけど、どうも書き順をちゃんと教わってない感じなんですね。考えてみると、自分も学校であんまり教わってこなかったような気がしますし、教わったとしても、テストには出なかったような気がするし、チェックをされた覚えもありませんね。てか、自分も授業では書き順なんて教えません。ネタとして話すことはありますが。
 もう今やパソコンやケータイの時代ですから、書き順なんてどうでもいいじゃん、という人も多いと思いますし、実際そうだと思いますけどね、やっぱり美しい形の字を書くためには、書き順というのが重要なんじゃないかと、最近思うようになったんです。
 では、書道の世界ではそのあたりにこだわってるのかと言いますと、まあこだわってはいるんですが、書道には書道のこだわり方があって、もちろん楷行草であえて違えることもありますし、一般的な硬筆の筆順とは違うことが多いんですね。
 ですから、筆順ハンドブックみたいなものが重要になってくる。私も最近たいへんお世話になってるんですけど、今回紹介する本は娘のためのものです。孫の漢字練習の様子を見ていて心配になった祖父が買ってくれたんです。大人であり、いちおう国語の先生でもある私にとっても結構いいものだったのでおススメいたします。
 まず、字が大きいのがいい。そして、筆順を表す数字だけでなく、筆を運ぶ方向が矢印で示されているのがいい。けっこうあるじゃないですか、「比」の1画目と3画目みたいに、似てるけど違う書き方するものとか。
 あと、漢字の分類方法が、配当学年順とか音訓順とか部首順ではなく、工夫されたテーマごとになっているという点ですね。たしかに発展的に勉強しやすい。
 ただ、音訓索引がついてないので、調べたい漢字を探すのがかなり大変です。1006字しかないんだから、ぜひともつけてほしいっす。
 ところで、さっき「比」のところで思い出したんですけど、生徒の答案や自分の書く字を見ていると、活字からいろいろな悪影響を受けていることに気づきますね。「比」なんかゴシック体や明朝体だと、どう見ても5画になってますよね。実際は4画です。私の名前にもついている「之」という字なんかもひどいですよね。では、教科書体はいいかと言いますと、案外あれも困りものなんです。ウチの娘もそうなんですが、ああいう毛筆を元にしたフォントを見て勉強しますと、線や点の入りのところをいかにも筆書き風に「くねっ」というか「ずしっ」というか、とにかく曲げて書くクセがついちゃうんです。それもあんまり度を過ぎると不自然です。
 やっぱりそういうところをちゃんと先生が教えなきゃいけないんだよなあ。特に小学校の先生は頑張ってほしいですね。
 高校の先生である私はと言いますと、今思ったんですが、特定の生徒には徹底的に字を直させてますね。受験で小論文が必要な生徒に対してです。見た目の印象というのがとても重要ですので。ま、それ以前に自分の字を直せって感じですけど(笑)。

Amazon 小学校でならう漢字1006字ブック

楽天ブックス 小学校でならう漢字1006字ブック


不二草紙に戻る
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.21

コクワガタ

Kokuwa 今日はクラスのギャルどもがバーベキューをするというので、家族でおじゃましてきました。まあ、あいかわらずすごいパワーだ、あいつら。超ハイテンションのウチのカミさんもタジタジ…。肉や韓国料理の数々をたらふく喰って、河口湖畔で花火などして楽しみました。まだ夏休みじゃないのにね。
 ウチの子どもたちもみんなに可愛がってもらってご満悦のようでした。お世話になりました。ごちそうさま。
 というわけで、ウチの家族はみんな電池切れという感じで、フラフラになってウチに帰ってきました。子どもたちは車の中ですでに夢路をたどっています。上の子を二階の寝室に連れていてって布団の上に寝かせたんですが、その時、カミさんが何かを見つけました。
 そう、子どもの胸のところに何か黒い物体がとまっているのです。よく見るとクワガタムシ君ではないですか。どこからついてきたのでしょう。3センチくらいの可愛いコクワガタです。
 ウチの家族は私以外みんな無類の虫好きです。ですので、なんか虫の形をしたオモチャやらバッジやらいろいろ転がってるので、最初はニセモノだと思いました。まさか子どもの胸のところにくっついてるとは思いもしませんからね。
 さっそく飼育ケースに入れてエサなどをあげました。非常に元気です。明日朝、子どもたちが起きてきたら喜ぶでしょうね。思わぬ夏休みのプレゼントです。
 コクワガタは日本中で見られますし、比較的つかまえやすいクワガタですけど、実はウチのあたりは寒すぎるのか生息していないんですよ。河口湖とは300メートルほどの標高差ですが、その間に境界線があるらしい。最近の温暖化でその境界線も少しずつこちらに迫ってきていると思われますが。
 子どもたちには頑張って飼育していただきましょう。以前はもらってきたカブトムシや、つかまえてきたクワガタを育ててましたけど、こうして向こうからやってきたのは初めてですしね。
 では、おやすみなさい…疲れた。

不二草紙に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.20

くるり 『ジュビリー』

QURULI 『Jubilee gemischt von Dietz』
61cfi2xsnl_aa240_ もう発売から1ヶ月近く経ってしまいましたが、けっこう好きなのでおススメしつつ、ツッコミを入れておきます。
 くるりは、それこそ曲調がくるくる変るバンドで、それが売りとも言えますね。でも、ニューアルバム「ワルツを踊れ Tanz Walzer」を聴いた時はさすがにびっくりしました。おいおいシャレもいいかげんにしろよ、と。
 もういきなりウィーンで録音とか、もうその時点でギャグと言えばギャグなんですけどね。なんでウィーンなんだよ(京都とウィーンってなんか全然結びつかない…って、今回初めて思った)。で、ウィーンだからって、この大仰なストリングスはなんじゃ!いわゆるファンの方は笑わないで感動されたようですが、これは笑うところでしょ。
 これは私たち世代、特にビートルズやELOをよく聴いてきた人間にとっては、正直涙腺を刺激される音楽です。生々しいストリングスがロックに絡みついていく感じ、これはもうノスタルジーの世界ですね。それもなんというか、お行儀よく寄りそうのではなく、けっこうバチバチにぶつかって、しのぎを削って、けっこう木に竹を接いだようなところもあったりして、そこが中期のビートルズや初期のELOみたいな感じなんです。
 今回はそのアルバムの中から、シングルカットされた『Jubilee』を聴いてみてください。こちらYouTubeでお聴きくださいませ。
 ね?思わず笑ってしまうでしょ?コテコテです。第一、曲の入りのいきなりなディミニッシュ・コードの使い方もどっかで聴いたことあるし、サビにいたっては、これは何かと何かと何か、とっても有名な曲のメロディーを組み合わせてますね。それが何かどうしても思い出せないんだけど…。最初は「ムーンリバー」だよな、こりゃ。そのあとも絶対元ネタがあるんだけど、思い出せない。長い後奏…だいたい現代日本のシングル盤でこういう構成の曲というのも、すでにシャレですよね…この後奏については言わずもがなであります。
 彼ら、今30歳くらいですよね。彼らくらいの世代にとって、こういう音楽というのはすでにクラシックなわけでして、それをこうして恥ずかしげもなく再生してくれますと、こちらとしては、それこそ恥ずかしいというか、いやちょっとうらやましいというか、なんとなくうれしいといいますか、でもちょっと「違うんだなぁ」と言いたいというか、複雑な心境になります。彼らはやりたいことをやってるだけなんでしょうけどね。
 ちょうど、職場の机の上に「高校生新聞 京都特集号」というのが埋もれてまして、それを引っ張り出して眺めていたら、立命館高校・大学出身の彼らのインタビューが載ってました。「プロになろうと思ったのはいつごろから?」と聞かれて、彼らは「プロを意識したことはなかった」「よく『夢を見つけなさい』って言うけど、無理矢理見つけるのは難しい。それと同じで、プロになろうと思ってなれるものでもない。そこに足を踏み入れ、夢中になってはじめて夢はかなうものと思ってます」と答えています。高校生でもなんでもない私ですが、妙になるほどと思ってしまいました。
 音楽界に限らず、最近の若者は、私たちの世代に比べて力みがなくていいですねえ。我々の頃は、とにかく「アイデンティティー」とか「自我」とか「僕って何?」とか「将来の夢」とか「無限の可能性」とか、なんだか実はないものを追っかけさせられたような気がするんですね。「無限の可能性」って無限だったら可能性じゃないじゃん!とか、今だったらツッコミを入れられますが(笑)。職場では、若者に絶対自分の価値観を押しつけないよう努力してますよ。痛いオヤジにはなりたくありませんからね。
 というわけで、音楽の世界においても、身近なところではレミオロメンフジファブリックやくるりなんかが、こうして私たちの世代を軽く踏み台にして、新しい世界を切り開いてくれています(ま、レミオはちょっとオヤジに振り回されてますけど)。文化の継承とはこんなもんなんでしょうね。別にリスペクトとかなんとかいうものはいらない。ただ恥ずかしげもなくマネしてればいいってことでしょう。きっと私たちもそうやってきたんですから。

 追伸 カミさんにこの曲を聴かせたら、冒頭からELOじゃんって言ってました。サビについても、あああれだ!とか言ってある曲を歌い出しましたが、曲名がわかりません。で、さらに変な話になりました。ファンの間では「くるり史上最高の名曲」って言われてるんだよって言ったら、「え〜、それって、側転パスガードは桜井マッハ速人か桜庭和志かって言ってるのと同じじゃん、ホントはビル・ロビンソンなのに。痛いにわかファンってやつだな」とか言い出しました。それで、言い返してやりました。「ビル・ロビンソンとか言ってる方がある意味ずっと痛いよ!」と。

くるり公式

Amazon Jubilee

不二草紙に戻る

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.07.19

『樹海の歩き方』 栗原亨 (イースト・プレス)

87257437 いちおう青木ケ原樹海の辺縁部に住む者として、この本はいつか読まなきゃと思っていたんですが、いつのまにか絶版になってしまっていて読まずじまいだったんです。最近、ようやく程度の良い古本を見つけたので買ってみたのですが…。
 程度の良いという意味は、巻末の袋とじを開けていないということです。そこには樹海で発見された死体の写真が多数掲載されているからです。結果として、読了ののち、その袋とじを開けることはありませんでした。ま、開けなくても見えちゃうんですが。
 筆者は「廃虚の歩き方」なんていう本も書いている方でして、そちらはなかなか面白かった。私もなんとなく「もののあはれ」を感じさせる廃虚や廃軌道なんかに興味を持っていますから。
 で、この本もその延長線上にある本なんですね。だから、こういう内容になっても仕方なかったのかもしれません。「廃人の歩き方」ってとこでしょうか。
 筆者にせよ、読者にせよ、実はそこに興味があるんですね。ま、簡単に言ってしまえば「死体」を見たいと。日常ではそうそうお目にかかることのない機能停止した人間。死体に限らず、ふだん見ることの能わざる「モノ」を見たい、ちょっとこわいけど見てみたいと思うのは、これは人情であって否定すべきものではありません。私自身にもちょっとはそういう趣味はあります。
 しかし、私のように、実際その周辺に住み、また、それなりに樹海を歩いて、違った意味の「歩き方」を知っている人間としてはですねえ、この本の内容はちょっと許せませんね。もちろん、これは趣味の問題であり、価値がないと言っているのではありません。需要があるから仕方ないのもわかります。でもなあ…。
 さっき書いたように、栗原さんの趣味は「廃○」にあるので、当然そっちに目が向くわけです。一方私は、生きている樹海、生命力に満ちた樹海にも、大いに興味を持っているんですね。だって、こんなに若くてピチピチした原生林は、世界中探してもそんなにないですよ。年齢は千歳かそこらですから。自然の森としては大変に若い。
 この本には、そうした視点の記述は皆無です。植物はあくまで人間の侵入を阻むものですし、あるいは首つりのヒモをかけるための存在、あるいはシャレコウベを覆う苔にしかすぎません。動物も死体をむさぼるハエやアリやネズミやカラスしか登場しません。ま、彼らも生きるためにそうしているわけで、それもまた生命力とも言えますけどね。
 樹海って、この本で紹介されているようなところではないですよ。もちろんそういう部分もよ〜く知ってるつもりですが、それにしてもやっぱりそれだけではない。私にとってはもっと違った意味で楽しいところです。美しいところです。神聖なところです。
 こういう本が売れてしまうと、フツーの人は樹海に近寄らなくなります。そういう趣味の人や、実際「廃人」になりたい人しか来なくなっちゃいますよ。
 そんなわけでこの本、内容には偏りがありますし、自然科学的、あるいは文化的な考証も正直お粗末、おまけに初版本だからでしょうか、前半ほとんどの「確率」が「確立」になっていたりと誤字誤植も多く、正直途中でうんざりしてしまいました…とか言いつつ、20分程度で一気に読んでしまいましたが(笑)。
 袋とじ以外にも、もう一つ付録がついています。巻頭の「樹海完全マップ」です。これにも大変期待していたのですが、これのいったいどこが完全なのでしょう。たしかに私の知らない道も描かれていたり、知らない物件も載っていたりしますけど、たとえばこれを持って樹海に入っても、それこそ死体に遭遇するのがオチでしょう。たとえば洞窟なんかほとんど載っていません。
 というわけで、この本を読むんだったら、こちら『富士霊異記 五湖・山頂・樹海の神秘』を読みましょうね。中身の濃さが違います。
24851_c160 ああ、そうそう、5月の終わりに、ご近所の安倍総理が樹海エコツアーに参加してましたね。ゴミ拾いしたとか(10分ほど)。「美しい国、美しい富士山」とか言って。ちょっと考えればわかることですが、今の樹海は残念ながら「格差社会」の成れの果て、地獄の終着点です。そんなところであんなパフォーマンスするから…。その翌々日でしたっけ、松岡利勝農相が首つり自殺したのは。おにぎり食ってる場合じゃないっしょ。

Amazon 樹海の歩き方

楽天ブックス 樹海の歩き方

不二草紙に戻る

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.07.18

BlogScouter

Blogscouter フューチャリスト宣言の記事でも、結局ネットは自己顕示欲と自己満足の集積だという結論に至りましたが、たしかに自分のこのブログを書くという行為を客観的に見ると全くそのとおりでして、別に慈善事業で書いてるわけじゃないし、誰かのためになるようになんて、そんなカッコいいポリシーがあるわけではない。なんだかんだ言って、ただ人に話を聞いてもらいたい、認められたいっていう、まあよくあるさびしがり屋の自慢大会、愚痴り大会ってとこですかね。
 2ちゃんも基本的にそんな感じだし。Wikipediaや「教えて!goo」みたいなボランティアサイトも、目立ちたがり屋さんやお節介屋さんの熾烈な戦いが繰り広げられるガチンコのリングとも言えますね。
 で、自分のそういう「言葉」をいったいどれほどの人が読んでくれているのか、自慢や愚痴をどれほどの人が聞いてくれているのかというのが、本人はとっても気になるわけですよ。それで、カウンターをつけてみたり、アクセス解析を導入してみたりする。私もそうです。それで一喜一憂する…というほどでもないけれども、なんとなく常に不安なのかもしれないなあ。キモいけど、「誰かとつながっていたい…」とか(笑)。
 さて、そんなさびしがり屋で、かつ自己顕示欲の強い皆さまのために、最近また新しいサービスが始まりました。Yahoo!ニュースで紹介されていましたので、ご存知の方も多いのでは。
BlogScouter
 なんだかよくわかりませんが、自分のブログの影響力が数値化されるという、まさにモヤモヤをスッキリしてくれる、ワタクシ流に言うと「モノ」の「コト」化、それもかなり安易なコト化ツールであります。
 scoutってことは、スカウトってことでしょうかね。それとも単に偵察ということなんでしょうか。いや、この文を読むとわかりますが、やっぱりいわゆるスカウトだな。

『…さらに!!なんとBlogScouterポイントが上位になった方(庵主…ここんとこ、初期には60点以上って書いてありました)には、ブロガーの皆さんにメリットがいっぱいの「すごい体験!すごいブログライフ!CyberBuzz」から直接登録のお誘いが来るかも…?』

 都会の街に暗躍する怪しいスカウトみたいなもんでしょう。つまり、これを運営しているサイバーバズ社としては、シロウトをスカウトして、その気にさせ、本業である新手の広告代理業(?)に参加させようという魂胆でしょうな。
 今までもこういうサービスはありましたが、比較的シンプルかつ手軽な感じが受けて、私のようにちょっとやってみようかな、いったい自分は何点取れるのかなと、なんとなくドキドキワクワク、いやドキドキワナワナしながら取り付けてみたという人、多いんじゃないでしょうか。
 結果として、私のこのブログは70点くらいから90点くらいの間を行ったり来たりしているようです。この成績がどの程度の偏差値になるのかよくわかりませんが、なんか単に前日のアクセス数に比例して変動してるような気もします。説明によるとアクセス数や被リンク数など15の項目を数値化して成績を出しているということですが、その基準や数値化のルールもよく分かりません。
 そんな怪しいものですが、それでも自分への激励としてはそれなりに役立つかもしれません。毎日テストを受けて次の日採点されて返ってくるようなものですからね。なんだか生徒の気持ちがわかるような…。
 つくづく思います。人間は点数をつけられるのが好きなんですねえ。私は仕事柄、いつもは採点する方なんですけど、実際そういう立場に立つと、その数値が示す内容なんてホントはないようなもんだって、よ〜くわかります。世の中では、と言うか、教育の世界では、やれ5段階評価はやめろとか、順位をつけるなとか、偏差値は悪だとか、いろいろ言われてますけど、本心はみんな数値化、ランキング化を欲してるんですよね。面白いことです。

不二草紙に戻る
 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.07.17

神々のネットワーク総集編(「もののあはれ」とは)

鳥海山大物忌神社鳥居
Oomonoimi さて、もう富士山に帰ってきたわけですが、最後に今回の不思議な旅を総括しておきましょう。
 「もののあはれ」…これこそ今回の旅のキーワードでした。
 現代人が、「もののあはれ」という言葉に関して、本居宣長さんや和辻哲郎さんらのおかげですっかり間違った認識を持ってしまっていることは、以前こちらに指摘しました。
 私はこの言葉を非常にシンプルに解していまして、また実感としてもすんなり心に入ってきていまして、正直なところどうして世間では「よくわからない」と言われているかよくわかりません。
 それはたぶん、現代日本人が「モノ」ということばが持つ本来の意味を忘れているため、それに対する感情というのも忘れてしまっているからだと思います。何度も言いますが、「モノ」とは「無常・変化・不随意」など自分の思い通りにならない現象や存在を表す言葉です。「もの」と言うと、現代人は「物=物体」だと思ってしまうために、場合によっては「目に見える、変化しない物」だとらえてしまうこともあります。それでは全く逆ですね。本当は、人間の五感でははっきりと捉えきれない、人知を超えたものなんです。
 現代語でも、こんな例をあげるとわかりやすいと思います。
 「物悲しい」…「なんとなく悲しい」
 「物の怪」…「目に見えない怪物」
 「だって〜なんだもん(もの)」…「自分の意志とは関係なく、なにか外部の力が働いている」
 「大物」…「自分の基準を超えた普通ではない存在」
 「物語」…「相手の知らない情報をメディアを通じて相手の中に固定する」
 と、こんなふうに実は現代語にもそのニュアンスはしっかり残っているんですね。終助詞の「〜もん(もの)」なんか、ちょっと面白いでしょう。ちなみに、この終助詞に関しては、まともな論文がありません。自分で書けばいいんですけど、面倒くさいんで(笑)。
 上の写真は、秋田県と山形県にまたがる鳥海山にある大物忌神社の大鳥居です。この神社はまたまた出口王仁三郎と(また、その父君とも噂される有栖川宮熾仁親王とも)因縁が深い神社なんですが、まあそれは今回は置いておきましょう。
Oomonoimi2 鳥海山の噴火は、ここに祀られている大物忌大神の神威であるとされており、ちょうど富士山における浅間神社のように、その怒りを鎮めるためにこうした神社が造られたものと思われます。「物忌」とはご存知のように、何か不吉なこと不浄なことがあった時に行動を慎むことを言いますね。古文ではそういうふうに使われています。で、元をただしてみますと、これは「物」を「忌む」わけで、つまりワタクシ的には、「人知を超えた何か」に対して、人間がひたすら鎮まってくれと祈り、ほかには何もしないでじっとやりすごすことを言うのだと解釈されます。「忌む」は「斎む」とも書きます。純粋な気持ちで祈るということですね。「大物忌神社」の意味はそういうところにあるわけです。
 さあ、また長くなってしまいそうですが、「もの」のイメージが出来上がったところで、次の「あはれ」に行きましょうか。「あはれ」から派生した現代語に「哀れ」と「天晴れ(あっぱれ)」があります。一見正反対と思われる二つの語が生まれたのは意外かもしれませんが、考えてみると当然のことなんですよね。「あはれ」は古語では感動詞としてもよく用いられました。「ああ…」「Ah!」ってことです。それが基本です。ですから、いいことに対しても悪いことに対しても使われて当然ですね。とにかく「意外なこと、予想外のこと、避けたいこと」が起きた時に、ついつい発してしまうため息や叫びなんですね。ですから、もうお分かりと思いますが、ここにも「不随意」なイメージがあるんです。
 そうしますと、「もののあはれ」とは、まさに「不随意な現象、存在に対して、人間が自らの無力さ小ささを感じ、ため息をつくこと、またその時の感情」、さらに一歩進んで「世の中は無常であり、不随意であり、自分はちっぽけな存在であるという、ゆるがしようのない唯一の真実」を表す語だということが解ってくるでしょう。
 もちろん、これはいいことにも悪いことにも使われます。とにかく自分の力ではない、「何か」「もの」「神」の力を感じた時に人間が抱く本能的な感情だと思うのです。
 で、ようやく今回の旅の話に戻ります。本当に辛いことですが、台風や中越沖の地震のことを思うと、まさに「もののあはれ」ですし、私たち家族のささやかな喜び、全く予想外な幸せな出来事というのもまた「もののあはれ」であるわけです。いずれにせよ、「何か」に、「もの」に、「神」に、「仏」に、「ご先祖様」に祈りたくなる、また身を任せるしかないと思わざるをえないこうした状況や、それに対する自分たちの感情こそが、「もののあはれ」だということなのでした。
 とにかくこうして行動してみると、こういう「何か」と出会い、「何か」を感じ、「何か」を知るんですね。紀貫之らが言う「もののあはれを知る」というのは、こういうことなんでしょうね。動いて、出会って、思いをめぐらせて、結局は自分に、他者に、自然に素直になっていく…旅というのは本当に素晴らしいものだと思います。

不二草紙に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.16

神々のネットワークその3(自然の猛威と…)

 昨日の続きですが、「奇跡」については割愛させていただきます。でも、その収穫は下の方にありますので、どうぞあとはご想像くださいませ。
 いやあ、それにしても、地震びっくりしました。被災された皆さんに心からお見舞い申し上げます。
 私たちもあと2時間かそこら早く秋田を出発していたら、ちょうど中越付近を走行中だったと思われます。結局、山形から新潟に入る直前、信号で停車中に揺れを感じまして、ニュースを聞いて驚き、急きょ山形から月山を越えて、太平洋側に出ました。行きには普通に通ってきた長野県北部や上越、中越地方があのような惨事に見舞われたとは、ちょっと信じられません。
 台風の後の大地震…ここでも神々のネットワークを感じずにはいられませんでした。なぜなら出口王仁三郎が東北入りした時、にわかに大地震と激しい風雨が起こったという記録があるからです。日本の神々は、時としてこのように猛威を振るいます。それこそがある意味神威というものであり、畏れるべき力そのものであるわけですが、やはり人間の立場からしますと、こうしたことはないに越したことがありません。山や海の神々を鎮めることが神事の基本であるということを思い出します。
 期せずして月山付近を初めて通ることになりました。ちょうどそんな神威を目の当たりにしたタイミングでしたので、雲に見え隠れしながら、時おりその雪を帯びた姿を見せる月山に、正直恐さを感じましたね。この出羽三山にはトンネルを掘らない方がいいんじゃないかなあ…。結局、こういう人工物は自然には敵わないんです。
 さてさて、自然の莫大なエネルギーを感じながらのドライブを終え、神々のおかげさまで無事帰宅したのは、夜の9時に近い頃でした。テレビではちょうど「HERO'S」が始まろうとしています。
Sakusign 今回は、私の応援していた選手がほとんど負けという、なんとも後味の悪い大会でした。しかし、秋田から帰ってきた私たちには、別の楽しみ喜び感動がありました。今日のテレビのゲスト解説は桜庭和志選手だったんですが、なんと私たちの手もとには3枚のサイン色紙が…。桜庭選手のものです。下2枚は秋田から持ち帰ってきました。いかにも秋田らしい広告に包まれた色紙です。未開封であります。上のものは、なんと今日帰ってきたら郵送されてきていました。カミさんがプレゼントに応募していたらしいのですが、なんと見事抽選に当たったのでした!台風で袋ごと吹っ飛んでましたが、幸運にも見つけることができました。
 なんと、3枚のお札(?)が期せずしてここ富士山に集ったわけです。う〜ん、人生何が起こるかわかりませんねえ。本当に奇跡に奇跡が重なりました。これはもう偶然ではなく必然でしょう。神の意志を感じます(!)。おそるべし、神々のネットワーク。桜庭が八郎の生まれかわりだったとは…(!?)。
 まあとにかく、不思議な不思議な秋田旅行でした。次は来月、お盆の時に行きます。こちらも奇跡的に復活を遂げた「皆瀬みちのくメルヘン物語2007 ~リターン(回帰)~」(プロレスリングノア)を観戦するのが、今から楽しみであります!!
 一昨年の観戦記はこちら

参考

『みちのくメルヘン物語』実行委員会からのお知らせ

毎年恒例の行事として皆様にお楽しみいただいておりました『みちのくメルヘン物語』は、昨年2006年に『最終章』と銘打ち最後の大会を開催しました。
今までの感謝の意を込めて入場ゲートに立ちお客様をお迎えした所、殆どの方から「毎年楽しみにしています」、「やめるな!」、「何とか続けてくれ!」と励ましや激励を頂き、中には「これを足しにしてくれ」と、現金を差し出される方までいらっしゃいました。昨年の皆様方からの激励を受け実行委員一人一人の胸に「できることならば、可能ならば、今年も・・・という思いが芽生えはじめました。しかし一度やめると決めた事を覆すのは容易ではありません。ですが、我々実行委員の背中を押し、そして支えてくれたのは昨年ご来場していただいた方々の温かいお言葉です。
昨年で終わったはずの『みちのくメルヘン物語』今年は『皆瀬みちのくメルヘン物語2007〜リターン(回帰)〜』として再出発いたします。昨年にも増して厳しい予算の中、皆様方からの入場協賛金なしでは大会の開催が困難な状況にあります。「プロレスリング・ノアという最高のプロレスを夏の一夜に秋田の皆瀬という寒村で、ご来場の皆様、我々実行委員一同と観戦したい、同じ時間を共有したい」その想いを胸に実行委員一同は努力いたします。
今年の大会『皆瀬みちのくメルヘン物語2007〜リターン(回帰)〜』を思い出深いものにすべく、諸般の事情をご理解、ご賛同いただき、入場協賛金のご協力をよろしくお願い申し上げます。


『皆瀬みちのくメルヘン物語2007〜リターン(回帰)〜』

<入場協賛金>
・一口:1,000円
・大会当日、ご入場口にて承ります。
・ご協賛いただいた方には大会記念うちわ(予定)を贈呈させていただきます。
・一口以上のご協賛を重ねてお願い申し上げる次第です。

不二草紙に戻る

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.07.15

神々のネットワークその2(八郎神社)

200 さて、昨日国内異文化体験をした生徒を連れて、今日は秋田市雄和(旧雄和町)にあります国際教養大学に行ってまいりました。そう、今日は同大学のキャンパスツアーが行われたんです。それで、彼女はわざわざ山梨からやってきたと。さすがにこんな遠くから来てる人はいないだろうと思ったら、なんと神戸から来てる人もいました。いやいや、上海から来たという人もいるではありませんか!負けた…。
 公立大学法人第1号として設立されたこの大学、なかなかユニークな教育をしておりまして、たしかに外大に行ったり、留学したりするよりも、より実践的かつ学術的な外国語をマスターできそうです。ほとんどの授業は英語で行なわれますし、留学生も多い。おまけに日常生活は秋田弁ですから、ほとんど日本語を使うことはないわけです(笑)。模擬授業を受けた彼女、「昨日の夜より、英語の方がよくわかる…」と言っておりました。
Milve 実は私は、生徒の方の世話はカミさんに頼みまして、キャンパスツアーの間、子どもたちを連れて大森山動物園に行きました。なかなか渋い動物園で気に入りましたよ。一番ウケたのは、愛称が「ミルヴェ」に決まったということ。アルヴェ(あるべ)に次いで「見るべ」かよ!(笑)。さすがです。
 そして、再び大学でおちあった私たちは、再び高速道路に乗って北上しました。向かうは潟上市(旧昭和町)です。
 今日はちょっと詳しく書けないんですが、あるお宅を訪問するという計画がありまして、ウチのカミさんがそのお宅の場所を調べてたんですね。で、だいたいの場所が分かった。なんという名前のお社かわかりませんが、ある神社のすぐ近くだとのこと。地図を見てみるとたしかに神社のマークがあります。ナビにしたがってその神社に到着し、その神社の名前を見て、私は戦慄しました。正直鳥肌が立ちました。
Hachiro 「八郎神社」…ええええっ!?「八郎潟」の「八郎」と言えば、出口王仁三郎が特異な物語として語った「十和田の神秘」にも登場する人物です。東北を巡礼した王仁三郎は十和田湖に立ち寄り、そこで格別な神示を受けます。詳しいことは省略しますけれど、八郎という男が龍に化けて十和田湖にいたが、南祖坊(男装坊)に追いやられて、違う湖に棲みついた、それが八郎潟、その八郎の龍神が妻どいしたのが田沢湖の辰子姫だ、といういわゆる三湖伝説に関してです。その八郎の龍を追いやった男装坊の生まれ変わりが、現代文の神様出口汪さんのお父さん、和明さんであると王仁三郎は語っています。王仁三郎が異常なほど孫の和明さんを可愛がったのは有名な話ですね。のち、和明さんは「十和田龍」と名乗って小説家としても活躍しました。
 王仁三郎の語る物語の中で、八郎は男装坊の活躍を用意する重要な存在として描かれています。いかにも王仁三郎らしい優しさあふれる解釈ですね。で、そんな八郎を祭る神社に期せずして到着してしまった私は、それはビックリしますよ。なにしろ、出発前にウチのネットワークデバイスから「何かあるぞよ」っていう声を聞いていたんで(笑)。
 そして、その後、さらにさらにとんでもないことが…!!奇跡としか言いようのないことが…!!おそるべし神々のネットワーク。

不二草紙に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.14

神々のネットワークその1(祖父の一年祭)

 ちょっと更新が遅れます…いろいろ用事がありまして、秋田に行ってきます。帰ってきたら全部まとめて書きま〜す!では。

 …というわけで、秋田に来ております(実際書いてるのは、富士山に帰って来てからでありますが…。なお、いちおうことわっておきますが、この三日間の旅の記録は、ある意味かなりきわどい世界の話ですけれど、ぜひとも怪しまないでくださいね。別に私、変になったわけじゃありませんから)。
 昨日の夜、富士山を発ちまして、いつものコース、長野から新潟、山形を経て秋田入りです。今回はなぜかウチの家族とともに一人生徒を乗せての大移動でした。そのへんの事情に関しましては、明日の分に書きましょう。とにかくなぜかウチの生徒が一人、私のカミさんの実家に来ているということです。妙な状況です。
 さてさて、その生徒、今日は大変な体験をしました。
Hwuf 今日は昨年亡くなった祖父の一周忌…いや一年祭だったのです。そう、ウチのカミさんの実家は神道でして(昨年の出棺の儀や葬場祭、火葬祭、取り越しの三十日祭などについてはこちらこちらに少し書きましたっけ)、その一年祭にですねえ、なぜかその生徒も参列したんです。いや、ホントに全くの他人なんですけどね、せっかくいるんだから、まあ異文化体験しなさい、なんでも勉強だと、なかば強引に参列させたんです。全く知らない人たちにまじって、ちゃっかり(?)法事というか祭事に参加する彼女も大したもんだ(笑)。
 私自身ももちろん初めての体験でして、なかなか興味深い内容だったんですが、前も書いたように完全に仏教と習合してますからね、祭事の段取りなんかはほとんどいわゆる法事と同様に進んでいきます。お坊さんの代わりに神主さん、お経の代わりに祝詞…じゃないな…祭詞、焼香の代わりに玉串奉奠というところでしょうか。
 祭詞の中で、神主さんがおっしゃってましたが、これで祖父は家を守る神様になったようです。神道では亡くなって1年間は神葬祭という名称でお祭りを行ないますが、一年祭からのちは祖霊祭と言うようになるとのことです。
 私、なんとなく思ったんですよね、あ、おじいさん、神々のネットワークの中に入ったなって。
 富士山の私の家もどちらかというと神道色が強くて、特に昨年の秋頃、お宝(それについてはここに少し書いてます)をお預かりするようになってからというもの、そのネットワークの力を痛感する、痛感せざるをえないようになっていたんですね。ま、簡単に言ってしまえば、そのお宝がネットワーク・デバイスになってるって感じで。
 それで、この一年祭で祖父と富士山の家と完全に結びついたな、って感じたんです。ネットワークがつながった。これは宗教的な発想ではなくて、本当にごく自然な実感としてそう思いました。
 さて、祭事のあとは、「直会(なおらい)」ですね。「なおらい」とは「語りあい→語らい」と同様に、「なおりあい」のことでしょうね。神様への献饌のおさがりをみんなでいただいて、お互い純粋な気持ちになるってことです。ま、宴会とういことです。生徒は、ただでさえ秋田弁初体験なのに、酔っぱらったおじさんやおばさんのコテコテの秋田弁に、本当に難渋しておりました。私も最初はそうでしたからねえ。まさに異文化体験。勉強になったと思いますよ。彼女は外国語の習得を目指しているんですが、同じ日本語でもこれほどコミュニケーションが困難であるということを実感することは、大いに意味のあることであったでしょう。ホントびっくりしてましたよ。
 というわけで、明日の記事に続いていきます。

不二草紙に戻る

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007.07.13

『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?』 西村博之 (扶桑社新書)

59405388 先日の「フューチャリスト宣言」と併せて読むと最高ですね。こうも対照的だと、なんだか楽しくなってしまいます。
 「インターネットに未来的な何かがあるということ自体が、既に誤解なのです。インターネットの未来は明るいと言っているのは、おそらくバブル世代だけではないかと感じてしまうのは、僕だけなのでしょうか?(笑)」と言ってしまう、我らがヒーローひろゆき氏は、文中に何度も梅田さんの名前を挙げています。オプティミストとして。自分は常に悲観的なのに、梅田さんはその逆で、明るい未来の話ばかりすると。
 そこで私は笑ってしまったのです。それはなぜかと言いますと、私はあの「フューチャリスト宣言」を読みながら、ああ梅田さんってなんか楽天的になりきれない人だなあ、って思っていたからです。そう、つまり、ひろゆき氏からするととんでもなく楽天的な梅田さんがややペシミストに感じられちゃうほどに、あの茂木さんがスーパーウルトラオプティミストだということです(笑)。なんかあの対談では、梅田さん、茂木さんについていけないって感じでしたから。
 となりますと、次はひろゆき氏と茂木さんの対談ですね!ぜひ実現してもらいたい。本書の中で、梅田さんと西村さんは両極端、とありますが、いやいやまだまだ梅田さんは甘いですよ。
 とにかく、あの本で「すばらしい」「明るい未来だ」 みたいに言われてることは、この本ではほとんど否定的にとらえられています。Web2.0なんてマイナスイオンみたいなもんだと。雰囲気だけ。Googleにしても、大した技術じゃないと言われちゃってますし、その他の話題のサービスや、それを提供する会社についても、ようはデザインが優れてるだけだとか、イメージ戦略に優れているだけだとか、一刀両断されてます。たしかにそう言われればそのような気もしてきますね。
 この前は、お二人のフューチャリストに刺激を受けて、なんとなく明るい未来とか、あるいは人間の理想的なあり方とかを妄想してしまいましたが、今回はひろゆき氏に思いっきり感化されましたよ。なんとなく不安になってきた。
 ま、それこそが彼の言う「集合愚」の断片なんでしょうね。私みたいにあっちにフラリ、こっちにフラリ、人の意見に思いっきり左右され、昨日と今日で全然違うことを平気で言ってしまう、あるいはこうして書いてしまう。これこそまさに「愚」の証明なのかもしれません。そして、そうした「愚」の集う場所、衆愚の場がインターネットであると、ひろゆき氏は考えているのでしょう。
 正直、今日の私は、ひろゆき派です。思いっきり2ちゃんねらーである私は、やっぱりフューチャリストにはなりきれないのでしょうか。なんとなく楽天的に元気一杯で生きるより、ちょい悲観的に静かに生きる方が向いてるような気がするなあ。
 しっかし、ホントにあの本とこの本はペアにして課題図書にしたいなあ。生徒に読ませようかなあ。
 不思議だし、面白いと思うのは、我々の世代(もしかしてバブル世代?)の代表二人より、若者代表の西村博之の方がずっと達観した感じがするし、お金や名声に興味がない感じだし、冷静に未来を見ているんですよね。我々世代は調子に乗りすぎ、たしかにバブリーな感覚とも言えますね。
 で、ポストバブルに共感する(今日の)ワタクシめは、もしかして若いのかも?
 あっ、最後に、この本のタイトルはこれのパロディーですね。

Amazon 2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?

楽天ブックス 2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?

不二草紙に戻る

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.07.12

デジタル放送からDVD、1回を最大10回に(!?)

Nt20070709112800221l2 昨日までは「利権談合」の肩を持っていましたが、今日はマジでダメ出しします!すんません、ワガママで。まあ自分自身の利権や権利が守られるのは良し、侵害されるのはダメと、とっても単純なワタクシであります。
 それにしても、もうホントわけわかりませんねえ。あんまり滑稽なのでおススメしときます。
 そう、今日のニュースにありましたデジタル放送のコピーワンス問題、なんだか妙な方向に進んでますね。とりあえずコピーワンスではなくなった…ようにも見えますが、孫コピーを作れないという意味では「コピーワンス×9(10)」とも言えますな。
 正直、デジタルの現場においてはいわゆる「バックアップ」というのが非常に重要なワケであって、それが許されないというのには変わりなく、なんの進展もなかったということです。
 昨年参加させていただいたNHKのシンポでも、この問題について熱く語ってしまいまして(放送では完全にカットされてましたけど)、まあ考えてみれば、NHKさんにいろいろ言ってもお門違いとも言えますけどね、いやいや、B-CASという巨大利権にNHKも関わっているわけですから全然無関係じゃないな、ま、とにかく抗議したんですよ。その時は、テレビということもあってかなり本音は隠しましたが。いちおう教員という立場上、教材として学校で視聴するためにコピーをしようとして(教材としての複製と視聴は法律上許されています)、機器やDVDメディアの不調からムーブに失敗すると、貴重な教材とそれを使った教育の機会が奪われる、また、たとえムーブに成功しても、再生装置が限られるため教育現場に不利益が生じる、というような話をしたんです。
 で、実際には私はこちらに書いているように合法的に(?)コピーフリーで使わせていただいています。だって、ウチの場合は単体デジタル・チューナーとHDD&DVDレコーダーを「アナログ接続」しているんで。録画の段階でデジタル・コピーではない。つまり、それまでのアナログ放送&VHSビデオという環境と基本的に同じなんですよ。だから、当然それと同じ使い勝手で使わせていただきます。ディスクはそのへんにいくらでも売ってるフツーのテータ用のものを、何も難しいことを考えずに、ポンと入れて録画したりコピーしたりするわけです。
 ウチの実家では、父親が大枚はたいてハイビジョン・チューナー内蔵のHDD&DVDレコーダーを買いました。ちょっと使ってみたんですが、こりゃあ老人には無理だわ。てか、普段上記のように何も考えず録画している自分からすると、もう地獄の沙汰ですよ。ディスク選びから始まって、なんだかいろんな録画モードがあったり、説明書見てると気が狂いそうです。全然便利じゃないじゃないか。結局老人はアナログ放送&VHSに帰っていきます。
 この前もある番組をHDDレコで録画しといてもらったんですが、それが当然VRモードだったので、ウチのDVDプレーヤーでは観れないわ、パソコンでも観れないわ、もちろんバックアップも取れないわ、もうウンザリでした。今回は、基本的にコピーワンスが10回できるということですから、そういった状況は何ら変らないんですよね。
 市場原理で動きたい家電メーカー(ま、違う意味での談合はしてますけどね)と、市場原理の外で安定的な利権を保持したい放送業界。なんとも滑稽な、世界にも類を見ない、消費者無視の戦いはどこまで続くのでしょうか。田中角栄さんの産み落としたものの生命力は強いですねえ。ま、そのおかげでネットの動画サイトが成長しているとも言えますが。なんとも因果なもんです。

不二草紙に戻る

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007.07.11

『フューチャリスト宣言』 梅田望夫・茂木健一郎 (ちくま新書)

48006361 「談合社会をぶちこわしたい」「談合社会相対化同盟」…表紙にもこうあります。ここ数日、「談合社会」を必要悪とし、アメリカ的ガチンコを否定して論じてきた私にとっては、お二人は敵であるはずですね。でも…。
 お二人とは、「ウェブ進化論」の梅田さんと「クオリア」の茂木さんです。彼らによる、インターネットを俎にしたポジティヴな未来対談であるこの本、正直とっても面白くて、ワクワクして、そこらじゅうドッグイヤーしました。ああ、私も基本的にこういう生き方、行き方に賛成する人間だな、自分も各パートの関係性を俯瞰して全体の構造を知りたい、そういう指向性のある人間だな、と思いながら読んでしまいました。
 そこんとこの矛盾ですね。まあ簡単に言えば、「ネット」世界と「リアル」世界とを、どう折り合わせていくのかってことです。フューチャーであるネット世界に生きる自分と、旧態依然たるリアル社会に生きる自分、今たしかに自分が二人いるんですが、それをどうすり合わせていくか。一つの自分に統合していくか。いや、別に自分に多様性があってもいいんですけど、その根っこは一つにしたいんですね。
 リアルでは、私はかなり談合的な生き方をしています。第一、私の職場、学校なんてのは、お二人も完全に否定されてますが、もう異様なほどにフューチャーじゃないことをやってる世界です。特に私は、お二人が大嫌いな大学受験のプロですからね。ある意味どうしようもありませんよ。だからこそネットでバランスとってるのかもしれませんが、とにかく、こういう自分の中の齟齬をどう解決していくかが、私の当面の課題なんです。
 たしかにインターネットの普及というのは、人間にとって「言語獲得」以来の革命的な地殻変動であり、また私にとって非常にありがたい自己実現の環境の実現であります。正直、インターネットのおかげで人生ガラッと変りました。彼らが言うように、ネットというもう一つの地球は、「公共性」と「利他性」という素晴らしさに満ちています。私もネット上のある部分には「仏教的理想社会」が実現しているとさえ感じているほどです。そこでは近代が醸成した様々な階級や差別や種々の障壁が、いとも簡単に取り払われました。まさに革命です。そして、そこには基本的に「善意」が満ちている。私がネット社会にどっぷり漬かって感じ取った「クオリア」は「性善」なんです。自分も他者も案外「いいヤツ」だということを確認する日々なんですね。
 この本を読み終わって、ちょっと分かってきたこと、それは彼らの主張とは少し違う方向性を持っているのかもしれません。彼らはリアル側の「談合社会」や「エスタブリッシュメント社会」を否定しますが、私はそこまでは言い切れません。私はリアルでの「知恵」たる「談合」や「エスタブリッシュメント」をネット上にも活用していますし、逆にネット上に復活した「公共性」「利他性」「非市場性」というものを、リアル社会になんとか還元していきたいとも思っています。結局、二つの地球を対峙させるのではなく、一つに重ね合わせていく、それがすなわち、二つに分裂しそうな自己を統合することにもつながると予感するからです。そして、もう一歩進めて言いますと、私が今妄想している「モノ・コト論」もそういう着地の仕方をしたいと思っているのでした。脳の、情報の、人知の、つまり私の言う「コト」の象徴とも言えるウェブ世界と、やはりいつまでたっても人知の及ばない「モノ」であり続けるリアル世界とを、社会に、そして自分に有機的に共存させたいのです。

こちら『2ちゃんねるはなぜ潰れないのか?』もご覧下さい。

Amazon フューチャリスト宣言

フューチャリスト宣言

不二草紙に戻る

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007.07.10

『PRIDE、K-1、HERO’Sタブー大全 2007』(宝島社)

Taboo2007 さあ、昨日に続きまして、いや、昨日とは打って変わって総合格闘技ネタです。昨日のプロレス本と一緒に買いました。桜庭熱冷めやらぬカミさんのために買ってやったんです。両者を比べてもらいたかった。
 昨日、プロレスはモザイク入り、総合は無修正みたいな話を引用させていただきましたが、今日このムックを読んで、本当にその無修正的世界にうんざりしましたよ。いや、私も口で言うほど総合が嫌いではない、というか、なんだかんだ放送があれば見ちゃうんですけどね、だいたい見た後は虚無感に襲われる。しょっぱい内容にガックリとか、同じ展開ばかりで飽きたとかもありますが、カーッとアドレナリンが放出されたあと妙な罪の意識に襲われるようなこともあって、これはたしかに…。
 この本には例のUFCによるPRIDEの買収についても詳しく書かれていますが、それはまさに買収であって、買収「劇」でもなんでもない。もちろん今後行われるPRIDEとしての興行も、交流戦とか対抗戦とかいう次元のものではありません。単なる企業買収です。選手の引き抜きにしても、プロレス的なドロドロではなくて、とってもビジネスライクなものです。だからこそ余計にえげつないんですね。全て金かよ、市場経済の無粋なガチンコかよ、と。
 こういうこと言うと、総合ファンに怒られるかもしれませんが、日本での総合とは、「プロレスラーになれなかった男たちのルサンチマンが闇社会と結びついて金づるになった」ってとこでしょ。そして最後は、世界のヤクザ、一見スマートなアメリカのマフィアに食いつぶされちゃう。なんだかなあ…。
 プロレスの世界ももちろんヤクザの社会と結びついていました。地方の興行に関してはそういう力が働くのは当然でしたからね。でも、そこには、この前の談合の話じゃありませんが、日本の伝統的な因習、すなわち絶妙な必要悪が働いていたんです。あんまり適切な言い方ではないかもしれませんが、まあ「義理」と「人情」があったってことです。それに比べて、このアメリカ的弱肉強食世界はなあ…。
 ですから、今回こういう本を読んでいて、正直面白かったのは、そんな中でPRIDE…じゃなくて矜持を守り続けたプロレスラーの存在ですね。もちろん、何かを勘違いして返り討ちに遭っちゃった情けないプロレスラーもた〜くさんいましたが、高山や杉浦や、まあ桜庭も入れといてやるかな、彼らの言葉やファイトは救いとも言えますね。
 総合は10年持たないなと思ってましたが、ま、ちょっとそんなムードにもなってきました。この苦しい10年を経て、もしかするとプロレスは鍛えられたのかもしれません。再びプロレスが興隆する日の来ることを切に願います。その時、日本人は本来の日本人らしさを、日本社会は本来の日本社会らしさを取り戻すはずだからです。
 今後、無粋なガチンコはアメリカとお隣の国にまかせておきましょう。

Amazon PRIDE、K-1、HERO’Sタブー大全 2007

不二草紙に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.07.09

『プロレス スーパースター外伝−ザ・リアル・ヒストリー』(宝島社)

Progai これは渋いけれども重い一冊ですね。本屋さんで立ち読みして思わず泣いてしまった。特に最後の劇画『ラッシャー木村が南国の居酒屋で呑んだ「涙酒」』はたまりません…。ううう、ラッシャーさん、男だなあ、いやいや神か仏か。
 別冊宝島のプロレスシリーズはいつも面白いんですが、特に今回は80ページに及ぶ劇画ということで、さらに魅力が増しています。プロレスと劇画って似合うなあ。考えてみればタイガーマスクも漫画じゃなくて劇画だよなあ。もともと、プロレスって劇画なんですよね。劇画的存在。リアルとデフォルメの中間を行ってるわけですから。
 前半の劇画は『「アンドレ対ハンセン」の舞台裏』です。これもすごい迫力ですね。1981年、伝説の田園コロシアムです。そう、その数年前まで、私は田コロのすぐ近くに住んでいたので、よく侵入して遊んでましたが、あそこでまさかアンドレとハンセンが激突するとはねえ、夢にも思いませんでした。だってものすごく閑静でオシャレでしたから。
 当日は残念ながら静岡で高校生やってましたので観に行けなかった。でも、その後何回もビデオで観ています(ここでちょっと観れますね)。その上でこの舞台裏も含めた劇画を見ますとね、これまたものすごい迫力なんですよ。内容的には例のミスター高橋本の内容に基づいているようですが、なるほどプロというのはこうして何万人もの人々の心を動かすんだな、ということが分かりますよ。
 さてそれでラッシャー木村の方です。これは泣けるなあ。「不滅の国際プロレス」(結局買っちゃいました)の対談でも、木村さんは絶対に人の悪口や愚痴を言わない人だったとありましたが、ここでもその「仏っぷり」が見事に描かれています。田コロの「こんばんは事件」から例の猪木との「1対3」に至る話です。劇画の後に「ラッシャー木村が教えてくれた人生を生き抜くことの深奥」という小林照幸さんの文があるんですが、これがまた出色。どんな宗教書よりも教えられることが多い。もう完全に老師の域だな、ラッシャーさん。
 さて、ほかの部分でなるほど!と思ったのは、GK金沢克彦さんの「長州本」に関する文章ですね。全体に興味深い内容だったんですが、思わず膝を打ったのは「プロレスはモザイク入りのAV、総合格闘技は無修整作品」という部分ですねえ。な〜るほどです。「AVのモザイクはプロレスのファンタジーの部分と共通する」だと。「プロレスファンは想像力が豊かであり…モザイクがあるから面白いし語れる」と。その通りだと思います。なんでもホントのことを開示するのが正しいとは限りませんし、そういう判別困難な「モノ」、判然とした「コト」ではない「モノノケ性」、虚実皮膜の間の「物語性」こそが、人生を豊かにするんだと思います。
 総合ブームにせよ、氾濫する無修正作品にせよ、現代人の想像力(およびそこから発する創造力)の貧困さを象徴してるとしか思えませんね。私なんか、どっちもすっかり食傷気味です。だから今こそ国際プロレスであり、日活ロマンポルノなのです!…って何を力説してるんだ(笑)。これ以上想像力が暴走しないよう、このへんでやめときますわ。

Amazon プロレス外伝

不二草紙に戻る

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007.07.08

歌謡曲バンド「ふじやま」Live at 河口湖駅

Kawaguchikost 告知していましたように、河口湖駅前にてライヴをいたしました。お天気にも恵まれまして、楽しく演奏できました。ありがとうございました。
 駅前のストリートライヴをやるようになるなんて、ちょっと前までは想像すらできないことでした。バロックのコンサートはずいぶんとたくさんやってきましたし、そちらのジャンルでのストリートは大学時代から少しやってましたけど、まさか自分がこの歳になって歌謡曲をこういう形で演奏するようになるとは…縁というのは不思議なものです。
 今回も富士学苑高校ジャズバンド部のライヴに乗っからせていただいたんですが、やっぱりフレッシュな高校生の方が圧倒的に人気がありましたね(笑)。私たちの音楽はたしかに渋いと言えば渋い。観光客の皆さんも、あいつらなんだ?という不審そうな表情で遠巻きに聴いています。比較的興味を持ってくれたのは、やはり年配のツアー客や外国人の方々でしょうか。とにかく目の前にお客さんがいないと、なんだかやりにくいなあ(笑)。
 河口湖駅、昨年リニューアルしまして、とっても素敵な駅になりました。古い駅舎もそれなりに風情というものはあったのですが、やはり明るい雰囲気の新しい駅舎はいいですねえ。国際的な富士山観光の玄関として非常に重要な駅ですからね、けっこうなことだと思います。
 こうした駅前での音楽演奏というのも、駅長さん自らのアイデアということです。観光客の皆さんを楽しく明るく迎えたいという気持ちの表れなのでしょうね。駅を降り立った瞬間のムードというのが、その旅のそれからを予感させるものです。またその逆、終わりよければ全て良しというのもあります。渋い旅というのもありでしょうけど、富士山観光はやっぱ楽しくなきゃね。樹海に行こうとしていた人も「やっばりやめよ〜っと」って思えるくらい(笑)。そう考えるとあんまり哀愁帯びた演歌とかやらない方がいいな。
 駅というのはまさに人と人をつなぐメディアの、それもインターフェイスにあたるものです。ちょっと極端な話、ケータイの端末やテレビみたいなものなんです。情報が人に乗って行き交うわけですね。ちょっと俯瞰して想像してみるとわかると思いますが、鉄道網というのは最も古いインターネットの一つなんです。ですから、その端末の雰囲気やサービスや使いやすさみたいなものがとても重要になります。特に観光都市の玄関駅なんか、他地方や外国から来るお客さんがほとんどなわけですからね。そういう点、今の河口湖駅はとってもいい雰囲気だと思いますよ。例のポスターはそのまま堂々と貼ってありましたが(笑)。外国の方に聞いたら、それもまたエキゾチックで面白いとか。たしかに我々もトンデモ日本語看板や貼り紙に異国情緒を感じますからね(笑)。
 自動車で富士山に来るというのももちろんありですが、電車に揺られてというのもいいものですよ。皆さんもぜひおいでください。もしかすると、また私たちが演奏してるかもしれません。その時はちょっとでも足を止めて聞いてやってくださいませ。

不二草紙に戻る

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007.07.07

『パッチギ!』 井筒和幸監督作品

Bibj5820a ある意味七夕にふさわしい映画…かな。遅ればせながら観てみました。エンターテインメントとしては充分成功しているんじゃないでしょうか。正直楽しめました。
 ただ、これがエンターテインメントだということを忘れてしまう人、あるいはこういう問題について政治的、歴史的側面からしか見れない人にとっては、かなり痛い作品ではないでしょうか。だから、賛否両論はっきり分かれるんでしょう。
 それこそツッコミどころはいくらでも拾い上げられる。私も最初はそういう観方をしてしまうだろうなと思ってたんですけど、いざ始まってみると、見事井筒監督の術中にはまってしまった。つまり最初からこれは戯画ですよと何度も提示しているんです。それはある意味談合の「(笑)」みたいなもんですね。責任から逃げているとも言えるし、あるいは巧妙に洗脳しようとしているとも言える。
 私は在日問題にはある程度詳しいかもしれませんが、生い立ち的には実感がほとんどありません。私が子どものころの京都というか、関西がああいう雰囲気だったんでしょうかね。いや、もっとドロドロしてたでしょう。ある意味そうしたドロドロと溶融して沸騰したエネルギーが、その後の経済成長の原動力になったとも言えますね。ケンカに明け暮れる彼らはもろに団塊の世代であります。
 まあ、この映画、たしかに在日寄りの表現に満ちており、おいおいという部分も多々あったのですが、こういうケンカというものには、それは両方の立場とか、ものの見方というのがあるわけでして、その両方を平等に描こうとすると、ぜったいにエンターテインメントは成立しませんからね、私は井筒さんのとった方法はありだと思いますよ。
 はっきり言って、テレビで毒舌を吐く井筒さんは好きになれませんでした。「ガキ帝国」とか面白かったんですけどね。ああこうしてお金稼がないと生活できないのかな、例の慰謝料の問題もあるしなあ。そんな感じでパッチギ!もあんまり観る気がしなかったんですよ。最近の井筒さんは嫌いなのに、作品が良かったらヤだなって(笑)。
 で、観てみたらやっぱり面白かったと。うまいなと。目新しいものはなんにもありませんし、全編にわたってコテコテ…つまり伝統的なおいしい手法満載だし、最近のノスタルジーブームに乗ってるとも言えるし。こうしてエンターテインメントに徹するというのもありでしょう。
 政治的な視点というのもまた、井筒さんは当然想定していたわけで、そうした現代につながる在日問題や半島問題を刺激して盛り上げるというのも、あるいは商業的な意図だったのかもしれません。また、こういうデリケートな問題を利用して、賞レースを有利に展開しようという作戦だったのかも。実際その作戦は功を奏したわけですし。
 とにかくいろいろな視点から観ることができるという意味でも、また自分の立場や感性を確認できるという意味でも、たしかに面白い価値のある作品だと思いますよ。先日公開された続編「パッチギ! LOVE&PEACE」もさらに賛否両論激しく交わされていますが、またテレビでやるようになったら観てみますわ。私はお金払ってまで「今」観ようとは思いません。

Amazon パッチギ!

パッチギ!特別価格版

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007.07.06

『第38回 夏祭り にっぽんの歌』(BSジャパン)

Nipputa 本日は7月の第1金曜日。テレビ東京による恒例の「夏祭り にっぽんの歌」の放映日であります。年末の「年忘れ にっぽんの歌」も良かったけど、今日も見どころ聞きどころ満載でした。
 いやあ、癒されるなあ。和むなあ。これぞ超談合的世界であります。演歌の世界はいいですねえ。共存共栄。お互いの歌を歌いあうのは美しい。というわけで、家族でたっぷり3時間堪能いたしました…と言いたいところですが、途中なぜかガチンコの夫婦ゲンカが勃発し、ちゃんと観てないところがあります、ハイ。
 え〜、出演歌手の皆さんは下記のとおりです。

秋川雅史、麻倉未稀、石川さゆり、石川ひとみ、石原詢子、五木ひろし、伊藤咲子、大下八郎、勝彩也、金田たつえ、佳山明生、関ジャニ∞、冠二郎、香西かおり、小金沢昇司、九重佑三子、こまどり姉妹、坂本冬美、佐川満男、C-C-B、島倉千代子、神野美伽、すがはらやすのり、スリー・グレイセス、芹洋子、田川寿美、田代みどり、田辺靖雄、中澤裕子、西口久美子、ニック・ニューサ、橋幸夫、原田悠里、一節太郎、平山みき、藤あや子、二葉百合子、ボニージャックス、堀内孝雄、本田路津子、前川清、水森かおり、宮史郎、米良美一、矢口真里、保田圭、吉幾三

 渋いっすねえ。ホントそれぞれ面白かったんですけどね、なんていうコーナーだったか忘れちゃいましたが、佳山明生、ニック・ニューサ、勝彩也、大下八郎という連続技には参りました。てか、正直私は一人も知りませんでした、すみません。しかし、この4人が一番濃かったなあ。もう上手いとか巧いとかいう領域を超えて、なんか美味い、旨いって感じでした。初めて食す地方の料理って感じ。アミノ酸豊富。呑まずにいられないっす。
 それと対照的だったのが若手でしょうか。いや、対照的とは言いきれないぞ。例えば私のごひいき関ジャニ∞。私は彼らをかなり高く評価してまして、実は…実は…来月東京ドームの彼らのコンサート、行きます(笑)。彼らはジャニーズにしては珍しく、というかほとんど初めての演歌路線です。もちろん伝統的な演歌ではありませんし、全然ダシが効いてませんが、それでも一生懸命日本の歌を歌おうとする姿勢はほめてやりたいですし、今後の彼らに期待したいところです。だって、出演者見てるといかに日本の歌謡界が若手の演歌歌手を育てなかったか分かりますから。おじいさん、おばあさん(失礼)から、いきなり関ジャニだもんなあ。今回氷川きよし出なかったし。演歌界、10年後とかどうなってるんだろう、ってカミさんと話しました。
 あと若手にして早くも懐かしかったのは、矢口真里、保田圭、中澤裕子の3人によるモー娘。ナンバーでしょうか。もう最近のモー娘。なんて一人も知らんし、元メンバーによるお騒がせなことも頻発したりして、ああ昔は良かったなあ、ああそう言えばオレけっこう矢口のこと好きだったんだ、人には言わなかったけど、なんて感慨にふけってしまいました(笑)。
 クラシック界(って言ってもかなり外れてますが)からのお二人、秋川雅史さんと米良美一さんの歌も複雑な心境で聴きました。
 「千の風になって」、実は私のレパートリーだったんですよ。ていうのは、詩の朗読に即興でBGMを付けるという仕事(ボランティア)をやってる中で、何度かやったことがあるんです。私はあの詩に短調のメロディーを乗せてたんですね。新井満さんの曲も知ってましたが、なんとなく私のイメージからマイナーにしました。それでずっとやってきたんですが、今回こういう形で新井版が100万枚も売れちゃうとやりにくくなっちゃうじゃないですか。てか、もう弾けません。
 米良さんも元気になって良かったですね。米良美一さんとは昔、上の告知にもある都留音楽祭でご一緒しました。あの頃はもちろんこんなに有名になってしまうとは思ってませんでしたから、一緒にカラオケやったりしてましたよ。松田聖子で盛り上がったりしてね。一時期いろいろと心配があったんですけど、ホント良かった。
 バックバンドの演奏や編曲なんかも勉強になりましたし、「歌謡曲の構造」の復習にも最適な3時間でした。それにしても、後半の夫婦ゲンカは痛かったな。佳境だったのに(笑)。

不二草紙に戻る

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007.07.05

『偽装国家〜日本を覆う利権談合共産主義〜』 勝谷誠彦 (扶桑社新書)

59405308 最近もひき肉の偽装がありましたね。その前にも、姉歯やらパロマやら不二家やら三菱自動車やら、数え上げたらキリがないほどの偽装だらけ。高校の単位偽装なんてのもありましたっけ。
 最初に言っておきますが、これら偽装やら利権やら談合やらを糾弾する勝谷さんの文章もまた、偽装に満ちています(笑)。私の文章と同じですよ。
 いやいや、私も尊敬している勝谷さんです。私の駄文とは中身の重さは違いますよ、もちろん。でも、何が同じかって、逃げ方ですよ。うまく偽装して逃げてるんです。
 さっきの私の文、勝谷さんの偽装を糾弾した文の最後を見てください。よく見かける記号がついてますよね。そう、「(笑)」です。これです。
 この本でも各所に配されている「(笑)」。そのタイミングも絶妙です。舌鋒鋭く核心に迫らんとする、その瞬間に現れるこの「(笑)」。うまいですね。「(笑)」の長年の使い手である私も、正直感心するやら、ちょっとムカツクやら。
 (笑)…これは実にいやらしい。私もよく使うんで本当によく分かります。これはまさに談合なんですよ。ニヤニヤ笑って利権を守るんです。不特定の誰かにニヤついて「ねえ、談合しようよ」って迫る記号なんですよ。
 「今、オレやばいこと(本当のこと)言っちゃったけど、ま、半分冗談として受けとってくれよ。マジで怒っちゃいやよ」
 ですから、勝谷さんにしても私にしても、(笑)を使う瞬間というのは、実は一番言いたいことを言ってるんですよ。なのに、なんとなく冗談ぽく、三枚目ぽく「偽装」することによって、自らの責任を回避しようとしている。発言者としての義務を全うせず、テキトーに逃げてるんですよね。勇気がないんです。
 そんなわけで、(笑)というのは、うまく機能しているうちは、筆者にとっては実に便利な記号なんです。読者との談合成立、筆者の利権は守られる。まあまあ、なあなあ的世界。
 最近ニュースになった多くの「偽装」もその「まあまあ、なあなあ」のためのものでした。でも、そのぬくぬくして腐りきったニヤついた世界に、誰かが針を刺した。それでドロドロの中身が出てきちゃったわけですよね。
 そういう刺す人、つまりホントのことを言ってしまう人は、世間では「偉い!よく言った」とか「正義の味方」とほめられることもありますが、逆に「痛い人」とか「空気を読めない人」とか「野暮な人」とか非難されることもあります。また場合によっては、ある筋の方々から刺しかえされる可能性もあります。(笑)というのは、刺す人にとっては、そういう刺しかえす人の魂を鎮める魔法の呪文みたいなもんなんです。保身のための道具なんですね。
 で、その道具がうまく機能しているうちは、そりゃあ便利ですよ。言いたいことだけ言って、それであとは逃げられるんですから。でも、あんまり魔法も使いすぎると、だんだんそれが魔法だということがバレてくる。なんとなく、腹立たしくなってくる読者も現れるんですよ。今回の私は、自分のことを棚に上げてそういう読者でした。最後はちょっとムカついた。まるで自分を見ているようでイライラしてしまった。逃げるなよ!言い逃げ、やり逃げは男らしくないぞ!と。
 なんなんでしょうね。私たちの世代の特徴なんでしょうか。偉ぶってるクセに実は自信がないんですよね。相手を糾弾したいくせに、自分は糾弾されたくないという、まあなんともカッコ悪いですなあ。ふぅ。
 なんて言いながら、最後まで自己保身、利権を守るために、皆さんを談合に巻き込んでしまいますが、まあ例えば私は「ブログ」という媒体で発信してますからね、お金をとる書籍とは違って、「まあまあ、なあなあ、ぬくぬく」でもいいじゃないですか…なんて言ってみたりして(笑)。←出た!つまり、ここ本心。
 「偽装国家」の内容からずいぶんと離れてちゃったな。ちょっと話を戻します。
 実は私は「利権談合共産主義」というのも必要悪だと思ってるんですよ。土建屋さんが談合をしにくくなったために止まってしまった小さな公共工事もたくさんあるわけでして。いつも言うようにアメリカ式の何でもガチンコはあんまり好きじゃないんです。「まあまあ、なあなあ、ぬくぬく」でも、その利権が拡張されていけば、それはそれで理想的なシステムになりうるかもしれませんから。
 第一、勝谷さんも指摘するように、糾弾する側である警察やマスコミや政治家こそが、スーパー利権談合体質なわけでして、それじゃあどうしようもないっすよね。そして、その偽善者を糾弾する勝谷さんもまた、(笑)によって談合を要求してくる。そしてそして、その勝谷さんを糾弾するワタクシに至っては、もう最初からこんな調子ですから(笑)。私はこんな日本が実は好きです。

Amazon 偽装国家

偽装国家

不二草紙に戻る

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007.07.04

ロー・ボルジェス 『ア・ヴィア・ラクテア』

Lô Borges 『A Via-Lactea』
31q537wwv6l_aa192_ う〜ん、今までなんでこの音楽を聴かなかったのか。長く生きていても、そして、いろんな音楽を聴いてるつもりでも、本当に知らない素晴らしい音楽があるのだなあ。当たり前と言えば当たり前ですが、そんな感慨にふけるのでありました。
 ブラジルの音楽と言いますと、サンバとかボサノヴァという印象ですが、日本にもた〜くさんのジャンルの音楽があるように、かの国にももちろんいろいろな音楽があり、そしてヒットしているわけですね。このロー・ボルジェスさんはいわゆる「ミナス音楽」というジャンルになるのですが、たしかに日本ではあんまり聴かれていません。この超名盤でさえも、CD化されたものの国内では廃盤になっており、なかなか手に入らないようです。Amazonで1万3千円になっていたのにはビックリ。
 ミナス・ミュージックはミナス地方独特のフォルクローレに、スペインやポルトガルの教会音楽の要素が溶け込みながら発達し、さらにサンバやボッサ、ロックやジャズ、またフュージョンなどの影響を受けながら、商業的なポピュラー音楽になっていきました(っていろんなところからの受け売りです)。独特のコード進行、リズム、親しみやすいメロディー、そしてヴィオラン(ガット・ギター)の切ない響きがたまりません。
 そんな中で、Lô BorgesはMilton Nascimentoらと並んで神様的存在のシンガー・ソングライターのようです。そんな神の1979年の傑作がこのアルバムというわけですね。1979年と言えば私は15歳。さかんに全米や全英のヒットチャートをチェックした時期です。それなりに洋楽と言われるものを聴いていたつもりだったんですがね、南米までは興味がなかった(って今でもほとんど知りませんが)。
 時代的にフュージョン色の強い演奏になっているんですが、それとミナスの美しい透明感のある音楽とが、とってもいい具合に融合しています。ボサノヴァを聴くまでもなく、もともとブラジルの音楽は不協和音を多用するんですが、それが教会音楽的つまりバロック的な協和音世界と微妙に絡み合っていて、とっても新鮮な印象を持ちました。不協和とかテンションなんて言うと、なんとなくマイナスイメージに感じられますが、実際はそれによって透明感や柔らかさ、弛緩なんかを表現できるんですよね。面白いものです。
 このアルバムには、ローのオリジナルだけでなく、ミナスの名曲も数々収録されています。そのいずれもが、賛美歌的な長調の明るい曲なのですが、なぜだか妙に切なくなるのは、それこそテンション・ノートのおかげでしょう。そして、ローの素朴なヴォーカルや繊細なヴィオランの響きには、不思議な郷愁を感じます。自分のどういうところと共鳴しあっているのか、なんだか興味があるんですが、今のところ説明できません。
 こんなに素晴らしい音楽が、ふだんなかなか私たちの耳に触れることがないというのは、実に残念なことですね。いろいろ探しましたが、こちらでちょっと試聴できるぐらいですねえ(ただし音は悪い)。CDの再発を望むのはもちろん、他のミナスの音楽も、もっと日本の街に流れていいと思います。あるいはJ-POPにもっとミナスの要素を採り入れるとかね。きっと受けいれられますよ。
 私の場合は、マニアックな教え子(ウチのバンドのギタリスト)が貸してくれたおかけで聴くことができました。幸運なことです。オブリガード!
 あっ、そう言えば、オブリガードって日本語の「ありがとう」がなまったものだと、ポルトガル人やブラジル人はけっこう信じてるらしいですね。私も単なる語呂合わせ、俗説としてとらえてましたが、どうもことはそう単純ではないのでは…と最近思っているんです。ま、調べがついたら報告しますわ。

Amazon ア・ヴィア・ラクテア

ロー・ボルジェス公式

最新版ほか試聴

不二草紙に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.03

セクスィー部長と光源氏

Pickup2 さあ、今月もやってまいりましたセクスィー部長(inサラリーマンNEO)。いまや社会現象とも言えるほどのブームとなっている(?)色香恋次郎であります。ウチの学校でもマニアックな女子高生たちがメロメロになってます。
 これが毎週だったらダメなんだよなあ。月一回というのがポイントでしょう。逢いたいけれど逢えない。指折り数えて待つ時こそが、恋愛成熟の栄養です。
 さて、ウチの学校では明日から期末試験でして、さすがに生徒達は懸命に勉強しております。ふだん質問なんかしない不躾な生徒も、この時ばかりは妙に優しい生徒になって、こちらに自白を促してきます。カツ丼なみの笑顔と素直さでね。「どこが出るか、言っちゃいなよ。楽になるよ〜」
 でも、今日はちょっと違ったな。自分が教えていないクラスの生徒が質問に来たんです。ま、ヒマに見えたんでしょう。で、何をやってるのかな、と思って見てみると、なんと源氏物語じゃないですか。まあ、ずいぶんと難しい話をやってますなあ。いちおう私は「無手勝流源氏物語」なんていうのをやってますから(ここ1年以上更新してませんが…)、得意な分野です。
 それで教えながら思ったんですよ。あっ、これってセクスィー部長じゃん!って。すみません、不真面目で。でもしょうがないんです、私はいつも大真面目に不真面目なことを考えてしまうんです。
 最近男性が弱くなった、女性が強くなったって言われますよね。それって、実は男性のセクスィーさが減退してるんじゃないでしょうか。
 光源氏もセクスィー部長も、有無を言わさぬ迫力があります。源氏物語というと、なんとなく高雅なイメージがありますが、冷静に、いや熱情的に読めば、それがとんでもないセクスィーノベルであることが分かるでしょう。学校で教えるのは憚られるほど悩殺的であり、スキャンダラスであります。そこには倫理とか論理とか、そんな小難しいものはありません。事が起きている時の当事者はすごい推進力なんです。それを後でうじうじ考えたりはしますがね。また、書き手もちょっとずるくて評論家的なことを言ったりする。やっぱり男が書いたんですよ、源氏って。
 そう、で、そんな評論家的な、いかにも理屈っぽい、そしてちょっと説教臭い「あはれ」の世界(男の価値世界)からはほど遠い、もっと刹那的な「萌え=をかし」的な世界(女の価値世界)の体現者がセクスィー部長色香恋次郎なんですよ。あのくらい必殺の瞬殺の悩殺フェロモン?と言霊を放出してないと一流の男とは言えないでしょう。
 今日のお相手はプライドの高そうなママでしたね。う〜ん、矜持という面では六条御息所とも言えますかな。ハハハ。ということは、今日の悩殺劇は、源氏物語に欠落している源氏と六条御息所の出会いのシーンってことですか(笑)。しっかし、最近は女だけでなく、男もメロメロにしてるからなあ。今日なんて超能力(鍵開け・四十肩治し)見せちゃうし。でも、冗談でなく、光源氏ってこれくらい非凡な男だったみたいですよ。最強です。
 今日のNEOは全体的に面白かったなあ。大いなる新人にせよ、大河内にせよ、あの無責任な男にせよ、みんなある意味最強の男たちだよなあ。私も含めて世間のサラリーマン男子たちは、なんとなく彼らがうらやましいんですよ。あんなふうに自分を出しきれればなあって思うんですよね、きっと。
 私も、現代の光源氏、セクスィー部長を見習って…ってキャラじゃないんだよなあ。残念至極。

YouTubeで観る(消えてたらごめんなさい)
ニコニコ動画で観る
サラリーマンNEO公式
セクスィーなオトコはビジネスを躍らす
 関係記事
『セクスィー部長〜サラリーマンNEO』 (NHK)
『サラリーマンNEOボーナススペシャル』(ウッチャン登場)

不二草紙に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.02

『頂上対談』 ビートたけし (新潮文庫)

Cyoujou これは面白い。相変わらずたけしはすごい。対談相手もすごいが、やっぱりたけしはすごい。
 まあ、とにかく対談相手を見てください。

長嶋茂雄・石原慎太郎・松本人志・さくらももこ・中田英寿・小沢一郎・北野井子・長谷川滋利・柳美里・桜庭和志・今村昌平・古田敦也・淀川長治

 今、この面々の名前を打ち込んでて、一発変換できなかったのは「北野井子」だけでした(笑)。「来たの証拠」になっちゃった。ほかはちゃんと登録されているレベルの人たちだということですね。
 どうでしょう、ホントに(井子ちゃん除いては)頂上対談ですよね。それぞれの道を極めた人、極めつつある人。面白くないわけがない。
 この対談が行われたのは、ちょうど世紀をまたぐあたりでしたので、それぞれの人たち、その後個人的にも社会的にもいろいろありましたので、それをふまえて読むとまた面白い。ある意味、たけしの予言が当たってる場合もあるし、それぞれ自分の未来を予言していたり、あるいは予言しそこねていたり、ああ人生ってわかったりわからなかったりだな、と
 内容はとにかく読んでいただくしかないんですが、私の感想をそれぞれ二言ずつ書いておこうかな。

長嶋茂雄…頂上のさらに上ですね、この人は。また野球やりたくなっちゃった。
石原慎太郎…あいかわらず過激だなあ。金閣寺にテポドン落とせか…。
松本人志…案外普通の対談。お互い意識しすぎかな。
さくらももこ…家庭環境、特にヘンな父親が天才を作るのかな。ヒロシ、笑える。
中田英寿…なんか中田のイメージ違ったな。タメ口きいてるし。
小沢一郎…たけしと政治って案外似合う。小渕さん懐かしいなあ…。
北野井子…今何やってるんだろ。お父さんタジタジの暴走娘。
長谷川滋利…イチロー渡米直前。この人はアメリカンですな。
柳美里…危ないなあ、この女。やっぱ家庭環境かなあ。
桜庭和志…カミさんには悪いが、一番面白くなかった。たけしは見抜いてるな。
今村昌平…案外素直な二人。今村さん亡くなったんだよなあ。
古田敦也…今やかつての野村さんと同じ立場。長嶋さんの話ワロタ。
淀川長治…この方も今やあちらへ。たけし「ええ」と「(笑)」だけ。

Amazon 頂上対談

楽天ブックス 頂上対談

不二草紙に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.07.01

プロレスとバッハ(!?)

Lockup 5月の「バロックはプロレスだ!」に続きまして、またまたこういう組み合わせの1日でありました。まあ、こういう人もそうそういないだろう(笑)。
 今日はさいたま市の車屋さんに用事がありまして、久々に電車で3時間以上移動。そこである車を入手して(いずれ紹介します)さっそくドライブ。向かった先は狭山市にある焼き肉屋さんです。
 いや、焼き肉を食べに行ったんではありません。焼き肉を観に行ったのです!?実は、焼肉レストラン大阪屋駐車場において、長州力プレゼンツのプロレス興行「LOCK UP」が行われたんです。で、試合中ものすごい日差しに襲われまして、リングが黒いものですから、選手の皆さん、本気で焼き肉になりかけてました。で、フォールされるとマジで熱いから、なかなか3カウント入らない素晴らしい興行になりました(笑)。
 「LOCK UP」は初めてですし、新日本プロレスの興行を観るのもホント久しぶりです。久しぶりどころか、四半世紀ぶりだな、たぶん。だって一番最近観たのが、「ブロディー対坂口征二」とかだもん(笑)。ま、全日派のワタクシとしては当然と言えば当然でしょうか。
 さて、なんでそんな私がこの興行を観に行ったかと言いますと、たまたま埼玉県に行くというのもありましたが、やはり「焼肉レストラン大阪屋駐車場」というシチュエーションでしょう。それも長州力(リキプロ)主催ですし、なにしろ狭山ですからね。ま、これ以上はここでは書けません。
 さ、それはいいとして、もともと狭い会場ではありますが、正面リングサイド3列目中央に陣取ることができた私は、この興行を予想以上に楽しみました。楽しかったし、思わず驚嘆の声を何度ももらしました。肉弾戦。鍛え上げた肉体と技術と魂のぶつかり合い。なんか、久々にプロレスの原点を見るような気がしましたよ。
 この興行は、いちおう新日本プロレスの興行ということになりますが、参加している選手は、ほとんどがインディー団体の寄せ集め、というか、中小団体(具体的には、リキプロ、大日本、アパッチプロレス、G・B・H、闘龍門など)やフリーの優秀選手大集合という感じでして、それはそれでかなり豪華とも言えます。私にとっては、ふだん観ることの少ない選手達ばかりで、いろいろと新しい発見がありました(カード、試合結果など詳しくはこちらをどうぞ)。
 そんな中、やはり異質の空気を放っていたのは、新日本から参加の長州や中西学でしょうかね。体が一回り違っていて、放つオーラがちょっと違う。秩父原人(ありゃなんだったんでしょうね?)がちょいと里に下りてきたって感じでした。あと、ミラノコレクションA.T.の存在感。そして、なんと言っても、金村キンタローことキム・ヘンホでしょうねえ。彼はすごいですよ。いいプロレスラーです。あらゆる面で感心しましたよ。焼肉1年分あげたいくらいでした。お客さんを喜ばせる術を知り尽くしてますね。エンターテイナーの極みでしたよ。
 さてさて、そんなこんなで大いに盛り上がったワタクシが、次に向かったのは、府中に住むチェンバリストさんのお宅であります。で、そこで練習したのは、バッハのヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタの2番であります。私はヴィオラで弾きました。
 う〜む、これは難しい。しかし、プロレスの精神で臨みますと、不思議とバッハが分かってくるんですよ!これはマジで。バッハのガンバ・ソナタはトリオ・ソナタの形式で書かれてますから、うん、これはスリーウェイ(3人で戦う試合形式)だな。今、どこ(誰)と敵なのか仲間なのか、いや3人で対抗しあってるのか、今どこ(誰)が主役なのか、引き立て役なのか、技を出してるのか、技を受けてるのか、そういうことを意識しながら練習を重ねていきますと、これが見事にまとまってくるんです。これはマジです。笑わないでくださいよ。本気でそうだったんですから(笑)。
 いずれにしても、プロレスもアンサンブルも、相手に気遣いしつつ自己主張しなければならないわけですからね、人生や社会の縮図ですよ。実生活の象徴であり、生きていく知恵の抽象であり、「和」の達成への方法なんですよ。
 とまあ、またメチャクチャなワタクシの頭の中でありますが、本気でそう感じて、本気でそう思ってるんで、すみません。ついてこれない方がほとんどと思われますが、私としては大変充実した、そして勉強になった一日であったのでした。皆さん、どうもありがとうございました!

不二草紙に戻る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »