« 『日本人の英語』 マーク・ピーターセン (岩波新書) | トップページ | 『中能島欣一の至芸』(箏・三弦多元独演の重ね録音による) »

2007.06.19

太宰治 『服装に就いて』より

Ike さあ今年も桜桃忌がやってきました。1年生の授業では、カチカチ山の音楽的文章を味わったり、私が太宰自身から聞いた(?)走れメロスの秘密の数々を披露したりして、みんなで大いに笑いました。あくまで命日は13日ですから、今日はお誕生日です。「忌」というとなんとなく暗い感じになってしまいますが、考えてみればお釈迦さまのお誕生日である降誕会(ごうたんえ)も「三仏忌」の一つとされてますからね、明るく行きましょう。
 さて、昨年富嶽百景のところでちょっと書きましたけれど、ウチの学校の周辺というのは実に太宰とのゆかりが深いんです。生徒にとっても私にとっても、本当に幸せなことですね。太宰と同じ場所に立って、同じ空気を感じることができる、それも授業中に、ちょっと行ってみるか、ということができるわけですからね。
 そこで、今日は太宰作品の中でも、特にご近所ネタ満載であるこの作品を紹介します。ここに生活する人にしか意味がないと言えばないのですが、まあ、あんまり読まれることのない作品ですので、他地方の方々もちょっと読んでみてください。「服装に就いて」はもっと長いんですが、富士吉田に関するところだけ抜粋しますね。吉田の火祭りについて書いています。


 銘仙の絣の単衣は、家内の亡父の遺品である。着て歩くと裾がさらさらして、いい気持だ。この着物を着て、遊びに出掛けると、不思議に必ず雨が降るのである。亡父の戒めかも知れない。洪水にさえ見舞われた。一度は、南伊豆。もう一度は、富士吉田で、私は大水に遭い多少の難儀をした。南伊豆は七月上旬の事で、私の泊っていた小さい温泉宿は、濁流に呑まれ、もう少しのところで、押し流されるところであった。富士吉田は、八月末の火祭りの日であった。その土地の友人から遊びに来いと言われ、私はいまは暑いからいやだ、もっと涼しくなってから参りますと返事したら、その友人から重ねて、吉田の火祭りは一年に一度しか無いのです、吉田は、もはや既に涼しい、来月になったら寒くなります、という手紙で、ひどく怒っているらしい様子だったので私は、あわてて吉田に出かけた。家を出る時、家内は、この着物を着ておいでになると、また洪水にお遭いになりますよ、といやな、けちを附けた。何だか不吉な予感を覚えた。八王子あたりまでは、よく晴れていたのだが、大月で、富士吉田行の電車に乗り換えてからは、もはや大豪雨であった。ぎっしり互いに身動きの出来ぬほどに乗り込んだ登山者あるいは遊覧の男女の客は、口々に、わあ、ひどい、これあ困ったと豪雨に対して不平を並べた。亡父の遺品の雨着物を着ている私は、この豪雨の張本人のような気がして、まことに、そら恐しい罪悪感を覚え、顔を挙げることが出来なかった。吉田に着いてからも篠つく雨は、いよいよさかんで、私は駅まで迎えに来てくれていた友人と共に、ころげこむようにして駅の近くの料亭に飛び込んだ。友人は私に対して気の毒がっていたが、私は、この豪雨の原因が、私の銘仙の着物に在るということを知っていたので、かえって友人にすまない気持で、けれどもそれは、あまりに恐ろしい罪なので、私は告白できなかった。火祭りも何も、滅茶滅茶になった様子であった。毎年、富士の山仕舞いの日に木花咲耶姫へお礼のために、家々の門口に、丈余の高さに薪を積み上げ、それに火を点じて、おのおの負けず劣らず火焔の猛烈を競うのだそうであるが、私は、未だ一度も見ていない。ことしは見れると思って来たのだが、この豪雨のためにお流れになってしまったらしいのである。私たちはその料亭で、いたずらに酒を飲んだりして、雨のはれるのを待った。夜になって、風さえ出て来た。給仕の女中さんが、雨戸を細めにあけて、
「ああ、ぼんやり赤い」と呟いた。私たちは立っていって、外をのぞいて見たら、南の空が幽かに赤かった。この大暴風雨の中でも、せめて一つ、木花咲耶姫へのお礼の為に、誰かが苦心して、のろしを挙げているのであろう。私は、わびしくてならなかった。この憎い大暴風雨も、もとはと言えば、私の雨着物の為なのである。要らざる時に東京から、のこのこやって来て、この吉田の老若男女ひとしく指折り数えて待っていた楽しい夜を、滅茶滅茶にした雨男は、ここにいます、ということを、この女中さんにちょっとでも告白したならば、私は、たちまち吉田の町民に袋たたきにされるであろう。私は、やはり腹黒く、自分の罪をその友人にも女中さんにも、打ち明けることはしなかった。その夜おそく雨が小降りになったころ私たちはその料亭を出て、池のほとりの大きい旅館に一緒に泊り、翌る朝は、からりと晴れていたので、私は友人とわかれてバスに乗り御坂峠を越えて甲府へ行こうとしたが、バスは河口湖を過ぎて二十分くらい峠をのぼりはじめたと思うと、既に恐ろしい山崩れの個所に逢着し、乗客十五人が、おのおの尻端折りして、歩いて峠を越そうと覚悟をきめて三々五々、峠をのぼりはじめたが、行けども行けども甲府方面からの迎えのバスが来ていない。断念して、また引返し、むなしくもとのバスに再び乗って吉田町まで帰って来たわけであるが、すべては、私の魔の銘仙のせいである。こんど、どこか旱魃の土地の噂でも聞いた時には、私はこの着物を着てその土地に出掛け、ぶらぶら矢鱈に歩き廻って見ようと思っている。沛然と大雨になり、無力な私も、思わぬところで御奉公できるかも知れない。


 相変わらず軽妙な文章ですね。長い文と短い文の絶妙な組み合わせ、独特の読点の打ち方がこういうリズムを生むんでしょうね。ちなみに文中に出てくる「池」はウチの学校(とその母体になっているお寺)の敷地内にあります。太宰が泊まった「大きな旅館」の跡地はウチの学校の職員駐車場になっています。

不二草紙に戻る

Shop Link
Amazon 楽天市場 楽天ブックス オンライン書店bk1 eBEST 秋葉館オンラインショップ DVDレンタル DISCAS アンテナ専門店「棟梁の弟子」 石丸電気Refino 通販限定CD『FUN』 eBOOKOFF コロムビアファミリークラブ

|

« 『日本人の英語』 マーク・ピーターセン (岩波新書) | トップページ | 『中能島欣一の至芸』(箏・三弦多元独演の重ね録音による) »

教育」カテゴリの記事

文学・言語」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/15496340

この記事へのトラックバック一覧です: 太宰治 『服装に就いて』より:

« 『日本人の英語』 マーク・ピーターセン (岩波新書) | トップページ | 『中能島欣一の至芸』(箏・三弦多元独演の重ね録音による) »