« 縄文の美とエネルギー | トップページ | ビリーズブートキャンプ »

2007.06.24

長唄演奏会(&圏央道)

Nagauta 告知していましたように、群馬の太田市で長唄の演奏会に出演してまいりました。
 私、いろんなジャンルの音楽をやりますし、聴きますが、やっぱりモードの切り替えというのが必要なんです。たぶん脳ミソの違うところを使ってるんでしょうね。言葉の切り替えみたいなもんでしょうか。日本語モードと英語モードの切り替えが必要なように。でも、不思議なのは言葉とは逆で、どちらかというと西洋モードが標準なので、日本モードに切り替えるのには、ちょっと努力が必要です。
 昨日は美空ひばりをたっぷり聴いて寝ましたので、多少ペンタトニック(5音階)に頭が切り替わっておりました。でも、もちろんこれだけでは不足です。この前勉強したように、彼女の得意とする四七抜きは、西洋の和声音楽とペンタトニックのせめぎ合いによって生じた折衷的な音階です。今日の演奏会に登場するほとんどの曲は都節音階ですからね。そして、もちろん音階だけでなく、個々の音程や、リズム感、テンポ感、呼吸全て切り替えなくてはいけません。それなのに持ってるのは代表的西洋楽器ヴァイオリンですからね。これは難しいっす。
 ということで、実際難しかったなあ。楽譜もあってないようなものですから、結局即興で絡もうと思ったのですが、実際始まってみると、もう周りの音を聴くのに精一杯でして、三弦のパートをなぞっておしまいになってしまいました。
 それにしても共演した皆さん、すごいですねえ。皆さん歌舞伎座でご活躍の方々なんですが、あれだけの演目を全部覚えているだけでもすごい。楽譜なんて使いませんからね。邦楽の世界では当然でありますが。私のように西洋音楽においても暗譜が全くできない人間にとっては、この世界は憧れです。てか、暗譜するほど練習してないってことですね。音楽における即興というのも、言葉におけるそれと同じで、いろいろな単語やパッセージを暗記してないと出来ないんですよ。加えて私は、絶対音階なんていう便利なものも持ち備えていないんで、結局楽譜どおりにしか弾けないんですよねえ。
 昨日、今日のひばりさんの番組でも思いました。彼女、1000曲以上のレパートリーがあったといいます。歌詞を全部覚えてるだけでもすごいですよね。さらに、彼女は一度聴くと歌詞もメロディーもすぐに覚えてしまった。また、英語の発音もいわゆる「ものまね」だったそうですね。つまり、記憶再生能力がずば抜けていたということでしょう。いいなあ。
20070623stxkg0240230620071f ところで、今日は山梨から群馬に移動したんですが、行きはちょうど昨日開通したばかりの圏央道を使ってみました。河口湖ICから八王子JCTを通って新しい圏央道に入りました。たしかにかなりの時間短縮になりましたねえ。先日別件で群馬に行った時は、まだ圏央道は開通していませんでしたので、渋滞する国道を通りました。4時間近くかかったかな。あの日、帰りは例の雁坂トンネルを通りましたが、こちらも実質4時間。それが今日は、関越の東松山まで高速を使って太田市まで2時間ですからね。半分です。
 しかしですねえ、通行料金が高すぎますよ〜。あの50キロくらいで2000円くらい払わなくちゃならないんですから。今日は私、単純なミスをしてしまいまして、通勤割引の対象外になってしまいましたので、河口湖から東松山までで3650円も払わされました。一つ前の鶴ケ島で降りておけば河口湖から100キロ以内だったのに…1100円損した…orz。
 で、帰りは八王子まで一般道を走りまして、午後の通勤割引を利用して950円で河口湖に帰ってきました。所要時間は3時間ちょい。行きは1時間を2700円で買った計算かあ…。高いなあ。まあたしかに工事にお金がかかってるなって感じでしたけどね。新しく開通した部分は、ほとんどトンネルか地下か橋か二階建て構造かでしたから。土地買収も含めて大変だったろうなあ、とは思いました。でも、もう使わないでしょう。高すぎます。
 最後に、無理やり音楽と道路を結びつけた話を一つ。
 楽譜ってナビですよね。ナビどおりに走ればとりあえず目的地にはつきます。でも、主体性も即興性もありません。特に西洋の五線譜はデジタル的思考の産物ですよね。脇道にそれたり、路地をのぞいてみたり、道端に車を停めてみたりということを拒否します。ナビどおりに走行すると、見える風景の可能性は極端に限られます。両者は似てますね。
 音楽においても、タクシーの運ちゃんみたいに、臨機応変に迂回路を使い分けてみたいものです。最近はタクシーにもナビは必ず付いてますけどね。

圏央道料金表

不二草紙に戻る

|

« 縄文の美とエネルギー | トップページ | ビリーズブートキャンプ »

旅行・地域」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。

圏央道意外とやっかいですよね。。

通勤割引は、中央に入ってからの部分のみ
(要するに、鶴ヶ島で降りても割引区間は相模湖~河口湖区間。。)
圏央道自体は10時~6時が早朝夜間割引になったり。。
統一してくれないものかと。。いつも思いながら。。

実家からだと意外と使えるわけですがね。

やり方次第です。。はい。。

投稿: たこたよ | 2007.07.29 16:36

たこたよさん、どうもです。
そうですねえ、微妙ですねえ。
でも、なんだかんだ言って3回使いましたよ。
走ってて気持ちいいにはいいですねえ。
あっ、ちなみにここ1ヶ月で3回Boschの前を通りました。
第一工場の近くの箭弓神社と
第二工場の近くの七鬼神社が気になります(笑)。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.07.30 08:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/15551734

この記事へのトラックバック一覧です: 長唄演奏会(&圏央道):

« 縄文の美とエネルギー | トップページ | ビリーズブートキャンプ »