« 『富士霊異記 五湖・山頂・樹海の神秘』 泉昌彦 (白金書房) | トップページ | 『読むJ-POP 1945-2004』 田家秀樹 (朝日文庫) »

2007.06.04

とんぶり納豆〜秋田キャラ文化

Tombri1 三日連続縄文ネタです。
 今日の夕飯に「とんぶり」が出ました。カミさんのふるさと秋田の名物の一つです。畑のキャビアと言われています(誰に?)。今日はひきわり納豆にまぜてご飯にぶっかけて食べました。これはたしかにうまい。とんぶりの独特の芳香が、納豆のあの匂いに溶け込みます。それが炊きたての白いご飯の湯気に乗ってやってくる。そして、あのプチプチとした食感。正直本家キャビアよりうまいっす。
Tombri2 とんぶりはホウキギの実だそうです。ホウキギ、つまり「帚木」ですね。あの源氏物語の第2帖、有名な雨夜の品定めのシーンのある巻の名前になっている木(草)です。昔は、その枯れ木(枝?)を束ねてホウキにしたらしい。その実をとって煮たのがとんぶりだということです。
Tombri3_1 さて、今日は(も)ちょっと脱線します。今日カミさんが買ってきた「とんぶり」のパッケージを見ますと、謎の生物が描かれていますことに気づきます。これはいったいなんなんだと、よく見てみますと、「とんぶりキャラクター とんぶり博士」と書いてあります。むむ、これは…。
Sugicchi 秋田と言えば「ゆるキャラ」です。なにしろ、わか杉国体のキャラ「スギッチ」はテレビチャンピオンの「ゆるキャラ選手権」で見事日本一に輝きましたからねえ。半端なゆるさではない。私、以前秋田のネーミングセンスの素晴らしさ(?)について書きましたけど、実はそのセンスはネーミング以外にも存分に発揮されてるんですよね。たとえば、わか杉国体のキャッチフレーズは「~君のハートよ位置につけ~」です。もう最高っす。
 で、そうしたある種独特のセンスの象徴的なものが、いわゆるキャラクターです。日本人はたしかになんにでもキャラクターを作ってしまう民族ですが、秋田は中でもその数やセンスがずば抜けています。そうした秀逸な秋田キャラを集めたあきたキャラ図鑑というサイトもあるんですよ。これは抱腹絶倒ものです。感動です。
Noshirocchi 中でも、私たち家族のお気に入りは「のしろっち」です。なんでも能代の主婦がデザインしたらしいんですが、今や全国規模での人気だそうで、人形やハンカチなんかも発売されています。それらもなかなかカワイイんですけどね、やっぱり基本はこのイラストでしょうね。ゆるキャラと言うよりも、なんだろう…、ちょっと不気味ですらあります。これはどういう表情なのだろう。「へのへのもへじ」の亜流と言えば亜流なんだろうけど、このチープさを超えたシンプルさ、安易を超えたシュールな音符の配置など、なかなかの名作であります。どう考えても「ののしろ」だし(笑)。すごいですね。これは流行りますよ。
 こういう秋田のキャラづくり文化というのは、やはり縄文文化の名残なのではないでしょうか。縄文人と言えば、アーティスティックな土器や土偶などが思い起こされますよね。青森の遮光器土偶なんか、ありゃあアニメキャラもびっくりの先進的デザインですよ。すごいですね。いい意味での幼児性というのが、今でも息づいているのでしょう。弥生にはそういう遊び心がない。
 今度秋田に行ったら、私もいろいろなモノを収集してみようと思います。ネーミング、方言、キャッチフレーズ、キャラクター、山人文化、キリスト教文化、桜庭和志(?)…今から楽しみっす。

とんぶり 80g

不二草紙に戻る

|

« 『富士霊異記 五湖・山頂・樹海の神秘』 泉昌彦 (白金書房) | トップページ | 『読むJ-POP 1945-2004』 田家秀樹 (朝日文庫) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

のしろっち。。。初めて目にした昨夜から、
もう私の脳裏を占拠しているスゴキャラ?!です。
ハンカチ、欲しいなー!買ってもいいですか?
今年の夏は秋田県聖地巡礼の旅としましょうー!
ただ今、しおり作成中(気が早。。)!>くぅたさんに
ならって♪

投稿: 庵主セコンド | 2007.06.05 10:16

せっかくだから県北の方もゆっくり回ってみたいね。
青森まで足を伸ばしてもいいかも。
それにしても、みちのくメルヘンがなくなったのがなあ…

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.06.05 10:38

実にね。。みちのくメルヘン、あの時三沢さんに帽子にサインしてもらったのが
最初で最後だったなあ(涙)。。。

投稿: 庵主セコンド | 2007.06.05 10:41

お祭り、神事としてのプロレス。
本来のあり方だったんだけどなあ。
合併で予算削減かな。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.06.05 10:44

↑またここで二人で会話してる。面白スギッチ。
のしろっち、いいですね。これが入選する基準もいいな。
どんどんキャラが生まれるはずですね。
「とんぶり」って未体験です。納豆と混ぜ混ぜか~今度やってみよう。
納豆ごはんと言えば、居酒屋やまさんの名物メニューを思い出します。(ハッ;危)
えっと~・・・サクさん、残念でしたね。
昨日Yahoo動画で対戦見ました。ちゃんとfrom Akita~Japanと
紹介されてましたね(嬉)やはりホイスぬるぬるで苦戦だったのでしょうか?
あれって合法なんですよね?何だかなぁ。ブラジルの練習漬けVTRも感動でした。
次はいつなんだろ?(←気になってる)

投稿: くぅた | 2007.06.05 12:18

くぅたさん、こんばんは!応援コメントありがとうございます!!
残念ながら負けちゃいました。。ワセリンを顔に
塗らなくちゃいけないというルールだったようですが、
ま、惜しかったけどしょうがないですね。。。
ええと次の試合は、、
7月とか9月のHERO'Sで誰かとやると思います。
そうそう、とんぶりは村の八百屋さんで売っていたのです☆
こんどごちそう?しましょう♪

投稿: 庵主セコンド | 2007.06.05 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/15320268

この記事へのトラックバック一覧です: とんぶり納豆〜秋田キャラ文化:

« 『富士霊異記 五湖・山頂・樹海の神秘』 泉昌彦 (白金書房) | トップページ | 『読むJ-POP 1945-2004』 田家秀樹 (朝日文庫) »