« 『騒音文化論−なぜ日本の街はこんなにうるさいのか』 中島義道 (講談社+α文庫) | トップページ | A-DATA 120倍速 コンパクトフラッシュ 8GB »

2007.05.31

Pat Metheny Group 『More Travels』(DVD)

パット・メセニー・グループ 『モア・トラヴェル』
910 ウチのバンドのギタリストが貸してくれました。完全にKOされました。
 人間ってすごいですねえ。こういうことができるんですから。神業とはこういうのを言うのでしょう。技も極めると、理屈抜きに美しくなります。これは誰が観ても聴いても感動するに違いありません。
 いろんなジャンルで天才プレーヤーというのはいますけど、この人の天才っぷりは現代においてずば抜けていると言えるでしょうね。
 ずば抜けた天才の特長として、唯一無二というのがあります。もう音からしてパットです。電子楽器を使おうと何だろうと、とにかく一聴してパットだと分かる。音色はもちろん、パッセージ、発音のタイミング…なんなんでしょうね、真似のしようがありません(たぶん)。
 彼が作る曲もまた、いかにもパット流でして、それについては今までもいくつかの記事で書いてきました。いったいどうやって作ってるんでしょうね。時代やジャンルを超えた普遍性を持っていると思います。
Pat7699 そして、こうしてライヴ映像を観ますとね、彼の弾き方がまた独特だというのが分かります。というか、はっきり言って常識からすると、右手も左手も変です!!あんなふうにピックつまんでたら、普通ああいうふうに弾けないっしょ!?
 いつかも書いたような気がしますが、大概天才的プレーヤーってこうなんですよ。基本的(と言われる)フォームからかなり外れている。そして、それを真似しようとしても、できる予感すらしない。ちょっと上手な人の前で、そんな楽器の持ち方やら弾き方したら、大概怒られます(笑)。
 そうですねえ、今思い出した変な弾き方の人は、ヴァイオリンではステファン・グラッペリ、ギターでは長谷川きよし、三味線や箏では中能島欣一、ピアノではグレン・グールドキース・ジャレットでしょうかね。
 スポーツの世界でもそうです。イチローや王貞治を挙げるまでもありません。おそらく彼らは、私たちと脳が違うんだと思います。体の構造はそれほど違わないのではないか。脳が違うから体の使い方が変わってくるんでしょうね(たぶん)。
 ちなみに私の弾き方もそうとう変ですが、しかし生まれる音楽は全然天才的ではなくて、やっぱり変です(汗)。それは単に訓練されてない、洗練されてないからでして…ま、それはそれとしまして、このDVDでのパットのプレイは、基本とか変とか、そういう次元を軽く超えてしまっていて、もうただただ偉大です。偉大な美しさ。非常にこちらに近く迫ってくるのに、しかし近づきがたい聖域であるような、こちらの小ささを痛感させられるような衝撃的な美しさです。人間ってすごいですよ。いったい宇宙にこれほど高度な音楽を奏でる生物が他にいるのでしょうか。
 なんと大げさなと思われた方、YouTubeでちょっとだけでも観て聴いてみてください。音悪いですけど、そんなの関係ないっす。まずは代表的曲の神的ソロ。
Have you heard
 次は、珍しくわかりやすいコテコテな曲です。私こういうの大好きなんです。泣けます。
Last Train Home
 いかがでしたか?この2曲以外にも名曲名演奏満載です。DVDも安いですから、ぜひお買い求めください。
 こういうの聴くと、電気楽器とか生楽器とか関係ないような気もしてきますね。シンセギターが生き物のようです。電気も自然現象ですからねえ。魂こめられるんですねえ。ふぅ。

Amazon More Travels
HMV More Travels

不二草紙に戻る

|

« 『騒音文化論−なぜ日本の街はこんなにうるさいのか』 中島義道 (講談社+α文庫) | トップページ | A-DATA 120倍速 コンパクトフラッシュ 8GB »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/15271522

この記事へのトラックバック一覧です: Pat Metheny Group 『More Travels』(DVD):

» ギター といえば [ギター?]
こんなのもありますね。 [続きを読む]

受信: 2007.06.01 09:12

» 電子ピアノのメーカーについて☆ [電子ピアノ]
電子ピアノに関する総合情報ページです。ヤマハ、カシオ、ローランド、コルグ、カワイなどのメーカのおすすめ電子ピアノから、中古販売店での電子ピアノの選び方などを書いています。それぞれのメーカーを比較して、お気に入りの1台を見つけてください。 [続きを読む]

受信: 2007.06.03 18:03

» バイ・バイ・ブラックバード / キース・ジャレット [音楽販売]
バイ・バイ・ブラックバード [続きを読む]

受信: 2007.06.04 01:04

« 『騒音文化論−なぜ日本の街はこんなにうるさいのか』 中島義道 (講談社+α文庫) | トップページ | A-DATA 120倍速 コンパクトフラッシュ 8GB »