« 『昭和天皇伝説 たった一人のたたかい』 松本健一 (朝日文庫) | トップページ | 『でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相』 福田ますみ (新潮社) »

2007.05.05

aiko 『彼女』

41ew892m8hl_aa240_ 自分でも意外でしたが、aikoについてあんまり書いてませんね。検索してみたらこの記事で椎名林檎と同じ引き出しに入ってるって書いてるだけ。いつか書こう書こうと思っている内に時機を逸した感じですな。
 林檎姫についてはいろいろな形で紹介してるんですけどね、昔は実はaikoの方が好きだったんですよ。でも、私がすっかり大人になってしまって(?)、どうもあのaiko嬢の女の子路線についていけなくなってきた。これは正直なところです。
 このアルバムも去年の夏からけっこう車の中とかで聴いてたんですけど、記事にするほどの感動はなかった。いや、単純に聴けば、これまたかなりレベルの高い音楽が展開されていますよ。曲作りに関しては、あいかわらず天才的なセンスを発揮してますし、詞もあいかわらず(笑)、アレンジは島田昌典流でいつも通りですし。ここまで変らないと、それはそれですごいなあと思っちゃいます。
 コアなファンから言えば、いろいろと変化があって、それが良かったり不快だったりいろいろするんでしょうけど、私のゲージからすると、ややマンネリかな?という感じなんです。歌もうまいと思ってたんですけど、あまりに全部同じ声でして、ちょっと飽きてきたかもしれません。彼女もデビュー10年に迫り、お歳もそれなりにおなりですので、そろそろ変りたいのではないでしょうか。
 しかし、こうしたaiko色というのが、コマーシャルな価値を持っているわけでして、それに応えて行こうという姿勢はプロらしいとも言えます。でもなあ、せっかくだからもう一つ上のステージのaikoに会いたいなあ。そういう意味では国分氏とのことを経てどうなるのか、次回作シアワセがちょっと楽しみかもしれません。
 ところで、私がaikoに一耳惚れしたのはカブトムシでした。花火は知っていたんですけど、まあかわいい声だな程度の認識だったんですね。それがこのカブトムシを聴いた時にはかなりぶっ飛びました。聴いたことのない、しかし美しいメロディーとコード進行に仰天しました。これは天才かも、と思いました。その後もしばらくは期待を裏切らない名曲を発表してくれましてね、私も満足しておりました。しかし、人間というのはワガママですよね。期待どおりすぎると、今度は不満になってくるんですから。
 人間にとって初体験というか、初めての感動やときめきというのは特別なものなんですね。今日も一通り「彼女」を聴きましたが、その後で「カブトムシ」を聴いたら、やっぱり胸がキュンとしてしまいました。つまり、私自身が変ってないってことですな、こりゃ(笑)。
 ま、理屈抜きで「カブトムシ」は名曲です!!下にピアノ弾き語り映像(YouTube)がありますので、よろしかったらどうぞ。

カブトムシ

Amazon 彼女

不二草紙に戻る

テクノラティプロフィール

|

« 『昭和天皇伝説 たった一人のたたかい』 松本健一 (朝日文庫) | トップページ | 『でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相』 福田ますみ (新潮社) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/14961520

この記事へのトラックバック一覧です: aiko 『彼女』:

» AIKOについて [AIKO画像★AIKO動画写真集]
AIKOの画像、壁紙や動画をお探しのみなさまへ。AIKOのプロフィールを紹介します。(Wikipediaより)aiko(アイコ、1975年11月22日 - )は、日本のシンガー・ソングライター。本名:柳井 愛子(やない あいこ)。身長は152cm。足のサイズは21.5cmと小柄、趣味・好きなスポーツは水泳やドライブ、入浴など。大阪府立東淀川高等学校、大阪音楽大学短期大学部ポピュラー・ヴォーカル学科卒業(1996年)。通常の表記は小文字でaikoだが、作詞・作曲の欄には大文字で...... [続きを読む]

受信: 2007.05.06 14:02

« 『昭和天皇伝説 たった一人のたたかい』 松本健一 (朝日文庫) | トップページ | 『でっちあげ 福岡「殺人教師」事件の真相』 福田ますみ (新潮社) »