« 『危ない大学 消える大学 '08』 島野清志 (エール出版社) | トップページ | 『ヴィオラとアコーディオンによる古楽』 (今井信子/御喜美江) »

2007.03.07

『レーザー複合機 MFC-7420』 (ブラザー工業)

Mba2007 これが現在のウチのパソコンラックです。なかなかマニアックですよ。パソコンはMacのPismo。バリバリ現役です。外付け起動にしたらずいぶん快適になりました。見えにくいと思いますが、スピーカーはBoseのMM2です。で、一段飛んで、一番下はALPSの伝説のプリンターMD-5500です。あれ?MD-5000じゃなかったっけ?そう、ワケあって知り合いの5500をお預かり(?)しております。いやあ、あいかわらず素晴らしいですよ。このプリンターは。もう1台買ってもいいですね。
 で、最近買ったのが、真ん中の段、ブラザーのモノクロレーザー複合機MFC-7420です。10年以上使っていたファックスが壊れちゃいまして、どうせ買い替えるならちょっと奮発しようかなと。最初に言っときますけど、奮発と言いましても、またもや3万円弱ですからね。私はAmazonで買ったんですが、私が買った時は販売価格39000円くらい。アフィリエイトのポイントが5000円ほどたまってましたのでそれを使って、それから今プラザーが3000円キャッシュバックやってまして、Amazonの購入ポイント約2000円も含めますと、結果として実質30000円弱で買えたということです。いやはや、この値段でレーザー複合機が買える時代になったんですね。そう考えるとアルプスは高いな。
 カラープリンターはその最強アルプスが2台もあるわけですし、だいいちカラーで印刷する機会なんてほとんどない。写真のプリントはこちらでやりますし、あといつも言っているように、私はインクジェット大っ嫌いでして、それもあって、あえて人気のインクジェット複合機は選択肢に入れませんでした。とにかくモノクロで快適に早く安くプリント、コピー、ファックスできればいい。そうするとやっぱりモノクロレーザー複合機ですよね。
 それで、いつもの通りいろいろ検討したんですが、Macとの相性なども含めてブラザーがベストだったと。基本性能重視でデザインとかは二の次にしました。もちろんお値段もありますね。
7420gf さて、実際使ってみますと、なかなか快適。これを味わったらインクジェットやらアルプスやらのギーコギーコには戻れませんね。最大2400dpi×600dpiの解像度ですから、文字など見た目上アルプスと同等のシャープさです。コピーももちろん普通のコピー同様の品質とスピードです。ファックスも今までと比べてあまりに楽チンでキレイ。いいですねえ。
 あと地味に注目すべきはカラースキャナーとしての性能です。光学解像度600×2400dpi、ソフトウエア補間で最大9600dpi…けっこうスキャンの機会の多い私には、充分すぎる性能です。もちろんそんな高解像度では使いませんが。せいぜい400dpiですな。
 レーザーに限らずプリンターは、インクやらトナーやらの消耗品で稼ぐというのが、業界の常識というか非常識になってますが、プラザーは比較的良心的な価格でそれらを提供しています。再生品をネットで購入すれば、5000枚分のトナーが5000円ちょいで買えますからね。単純計算すれば1枚1円ということです。
 問題があるとすれば付属ソフトでしょうか。どういうわけか、Control CenterというソフトがウチのMacだと起動できないんですよ。なんだろうなあ。なんかとコンフリクトしてるのかな。まあ、それは使わないので問題ないんですが。あと、スキャン用のソフトPresto!PageManager4.0やRemoteSetupがダサダサでいい味出してます。シロウトでももう少しそれらしく作るでしょ(笑)。
 それにしても、ブラザーという会社、見事に転身しましたね。今や世界中でブラザーのプリンターや複合機はよく売れています。ミシン屋さんからIT機器企業へ、イメージが大きく変りました。そのあたりのことについて、この前テレビでやってましたね。ちょっとだけ見たんですが、なるほど企業努力というのはこういうことを言うのか、という感じでした。たしかに昔からタイプライターとか作ってましたけどね、苦労しているミシン屋さんが多い中、よく頑張りました。サポートにも定評があるようでして、今後の企業のあり方として一つのモデルにはなりうるでしょう。
 あとは何年使えるかですね。デザインもいまいち、操作性もものすごくいいというわけではない。見た目、触った感じなど正直安っぽいのですが、基本を押さえつつ価格を抑えるという意味では、上手にギリギリのところを行ってるかな。けっこう気に入りました。

Amazon MFC-7420

MFC-7420公式

不二草紙に戻る

|

« 『危ない大学 消える大学 '08』 島野清志 (エール出版社) | トップページ | 『ヴィオラとアコーディオンによる古楽』 (今井信子/御喜美江) »

もの」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

 ブラザーはアメリカで強いですよ。10年前で、すでに有名ブランドでした。ださめのデザインはアメリカ向けを意図していると思います。
 実は、3年位前ブラザーのインクジェットの多機能機買ってしまったのですが、最悪でした。初代の製品だったからかもしれませんが、使わないはずのカラーインクがすぐ無くなり、そうすると白黒も印刷ができなくなります。そして、最後はノズルが詰まってアウトになりました。インクだけで1万円くらい使ったなあ。また、一般の店で売っていないのが痛い。いざというとき止まります。
 レーザー、ぜひ欲しいですね。

投稿: 貧乏伯爵 | 2007.03.08 16:56

伯爵さま、こんにちは。
やっぱりそうですか。アメリカで強いんですね。
FUNAIなんかも向こうでは有名らしいですね。
私ホントにインクジェット嫌いなんです。
買ったこともないので、特に迷惑をこうむったわけじゃないのに、なんでしょうねえ、生理的にあの感じというか…う〜む、たぶんシュワー!と霧が噴射されるイメージが嫌いなんだと思います(笑)。
これホントいい買い物でしたよ。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.03.08 17:20

全然関係ないのですが、うちは数年前までALPSのMDシリーズを使っていました。インクカートリッジのチェンジャーがまともに動かなくなって、他のメーカーに乗り換えてしまいました。というわけで、まとめ買いしたカートリッジが残っているのですが、なにかのついでがあったら使って頂けないでしょうか?

投稿: TKJ | 2007.03.08 22:54

TKJさま、おはようございます!!
いつもお世話になっております。
ああ、ぜひぜひ使わせてください!!
うちでは、年賀状やリーフレットの印刷に(だけ?)いまだ活躍中ですので。
最近インクリボンが手に入りにくくなってるんです。
ストックも底をつきそうでして、いよいよなのかな〜と思う今日このごろ。
のちほど連絡させていただきます!
ありがとうこざいました。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.03.09 05:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/14185359

この記事へのトラックバック一覧です: 『レーザー複合機 MFC-7420』 (ブラザー工業):

« 『危ない大学 消える大学 '08』 島野清志 (エール出版社) | トップページ | 『ヴィオラとアコーディオンによる古楽』 (今井信子/御喜美江) »