« 3月号(?) | トップページ | 尾崎圭司選手(K-1 WORLD MAX 2007〜日本代表決定トーナメント〜) »

2007.02.04

玉砕!漢字検定

click!
Kanji343 昨日のYahoo!ニュースに「<漢字検定>いま、なぜ人気?」みたいなのがありました。私の学校でも今日たくさんの生徒が受検いたしました。正直もうけてますな、漢検協会。英検にくらべてセールスもかなり積極的です。
 で、で、で、本日、ワタクシめも生まれて初めて漢検を受けました!そして、これが最後の漢検となるでしょう!
 受検したのは、な、な、なんと「1級」であります!最初で最後の漢検が「1級」って…。もしかして受かったのか!?と、と、とんでもない…見事な玉砕でありました…orz。
 だいたい、なんでオレが1級受けなきゃなんないんだよぉ。いじめだぁ。いや、実は自ら志願して難局に赴いたのです。
 11月だったかなあ。12月入ってからだったかなあ。ウチのクラスの生徒が英検準1級を受ける!って言い出したんです。そいつはたしかに天才的な才能の持ち主なんですけど、さすがに高校1年でいきなりは難しいだろ、2級も持ってないのに…と。それに、そいつは最初は気合いが入るのですが、あとが続かないタイプなので、それじゃあ賭けをしようと私がもちかけたのです。教育的配慮であります。
 それで、私も英検準1級受けてもいいなと思ったんですけど、なんとなく大人として先生として、彼女以上のムチャじゃないといかんような気がしたんですよ。そんでもって、なぜか漢検1級というのが頭に浮かんでしまった。まあ、難しいのはわかってるけど、やる気になりゃあ漢字くらいなんとかなるだろう。いちおう国語の先生だしな。…し、し、しかし、それは甘かった。
 当然ながら何冊かのテキストを購入したんです。そしてそれをめくった瞬間から、私の地獄の日々が始まりました。まさに地獄です。なんすか、あれ。あれら。見たこともない不思議で複雑な記号が何千も出てくる。読みの段階でまずショックを受けました。見開きの中で一つ読めればいい方。おいおい、これってホントに実在する言葉なのか!?辞書引いても出てこないし…。オレ、だまされてるんじゃないのか?これはどこか他の銀河の文字では…。
 てな漢字でして、いや、感じでして、もう最初の三日くらいで戦意喪失しました。それが12月の中旬くらいだったと思います。それから年末年始まで、テキストは完全に封印…というか完全に忘れようとしていました。悪夢を。地獄を。
 1月の4日になり、進学合宿というのをやりました。さすがに1ヶ月前ということもあり、また当該生徒がコツコツ英検の勉強などしながら私のところに来て、「先生どう?」なんて聞きやがるから、これはもう逃げてばかりはいられない。というわけで、合宿の4日間はそれなりにテキストをこなそうと努力しました…が…。
 全然覚えられない!ありえないんです。難しいとか、そういうレベルではない。漢字って、偏とか旁とかで、ある程度読みやら意味やらを推測できたりするじゃないですか。そういう戦略というか常識というかが、全く通用しないんですよ。答えを見ても、その意味すらわからないんです。もう、私の(衰えつつある)脳では全然処理できません。
 そうですねえ、感覚としては、全く知らない人、数千人の名前を1ヶ月で覚えろって感じですかね。その人の人となりとか分かってれば、それなりに覚えられますけど、国籍も性別も年齢も性格も全然わからない人たちなんですよ。そりゃあ無理です。
 その合宿での成果は、私が漢字アレルギーになってしまったということだけでした。アレルギーです。漢字を見ると吐き気と頭痛が起きるんです。マジです。そんなんですから、その後テキストが再び封印されたのは当然です。第一、センターはあるし、自校の入試はあるし、忙しい時期でもあるわけでして…。
 と、こんな過程を経まして、本日検定日でありました。私は山を越えて市川大門にある検定場へ向かいました。私の受検番号は100001番。その会場で1級を受けたのは私だけでした。
 そして、試験が始まりました。試験を受けること自体、本当に何十年ぶりかです。なんかノスタルジックな気持ちになってしまいました。そう、心のふるさと、高校時代を思い出してしまったのです。全然授業についてゆけず、ちんぷんかんぷんだった数学。そのテストの前日、気合いを入れれば一夜漬けでなんとかなるだろうと思いつつ、夜眠気に襲われ、ちょっと30分くらい寝てから続きをやろうとコタツで寝てしまう。そして起きたらもう朝!ガーン…という状況に非常に近い感覚だ!しかも、最初の数題からして全然分からなくてパニック(上の写真参照)。もしかしてオレ、0点取るんじゃないだろうな。おいおい、これこそ悪夢であってくれ〜。こんなところまであの日によく似てるなんて…。
 そして、結果は…玉砕!勉強してないのにできるわけねえだろって。え〜、結果としてですねえ、たぶん5割行ってません。
 あっそうそう、最後、解答が配られたんですが、なんか自分が書いた答えとあまりに違う。いや、風景として違うんです。なんかいい人たち(漢字たち)が並んで、こっちに笑いかけてきている…と思ったら、なんと「7級」って書いてあるじゃないですか!そしたら、前に座ってた小学生が「1級」の解答を見ながら固まってました(笑)。即座に交換してあげたんですが…すると当然目の前にはオレの大嫌いな連中が…いやホントに全く初対面のやつらもたくさんいるぞ…テキスト完璧にしても受からないよ、これじゃあ…orz。
 しかし、今回とってもいい経験にはなりました。この歳になって、これほど自分の思い通りにならないものがあるなんて。それも自分のフィールドでね。まさに私の「モノ・コト論」で言うところの「モノ」であります。ああ、ある意味世の中まだまだ捨てたもんじゃないなと。知らない世界が恐ろしくたくさんあるんだなと。物の怪に教わりました。あと、練習には筆ペンを使ったんです。一番力がいらず、疲れないから。それは気持ち良かった。脳の眠っていたある部分が目覚めた感じです。久々にた〜くさん字を書きましたよ。最近、こうして打ってばかりだから。
 もうリベンジはないでしょう。だって、意味ないんだもん。国語の先生でも絶対一生使わないような言葉ばっかり。意味のないことをやることほど辛いことはありません。お金もらってもやりません。絶対。世の中で1級取ってる人、何人くらいいるのか知りませんが、本当に尊敬しますよ。どういう精神力をお持ちなんでしょうね。
 ちなみに上の問題の解答は以下の通りです。
1ろぼ 2かいよう 3きゅうぜん 4たいまい 5きょきん 6ぜいゆう 7ぼんばい 8やじょう 9こうば 10へいし 11けんてき

不二草紙に戻る

|

« 3月号(?) | トップページ | 尾崎圭司選手(K-1 WORLD MAX 2007〜日本代表決定トーナメント〜) »

モノ・コト論」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文学・言語」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。

わたしも高校の頃準1級の問題集買いましたが、「薔薇の封印」状態です。てか、漢検もってなかったんですか。意外ですね。

漢検準1級に比べれば、司法試験なんて楽チンだと思えてきました。ありがとうございました。

投稿: チヱ | 2007.02.05 10:29

チヱよ、準1級と1級は百倍くらい違うんだぞ。
あれはもう笑っちゃうしかないぜ。
でも、やっぱり司法試験の方が難しいだろ。
意味がある分、結果としては楽(楽しい)かもしれないが。
俺の分も頑張ってくれ!

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.02.05 10:34

お疲れ様です。。
ちなみに上の問題。。2問。

【当たり】ました。。ww

とりあえずアレですよ。
国語教師の意地とプライドにかけて。。。

取るまでやってくださいww

投稿: たこたよ | 2007.02.05 14:53

たこたよくん、当選おめでとうございます!
私はもう玉砕、白旗っす。
プライドなんてありません(笑)。
たこたよくん、けっこう才能あるんじゃないの?
やってみたら?wwwww

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.02.05 16:17

(@@;)ヒェーなんじゃこりゃ!(松田優作風)挑戦されることに敬礼です!
うちに来てる生徒が漢検好きで(といってもまだ小学5年生;)
今日も話が出たので思わず興味本位で(イヤな先生だ)「何級まで取りたいの?」って聞いたら、迷わず「1級」と答えました。
「フッ甘いな」と心で呟いてしまった。そんな私は↑の問題、堂々の全滅だす。ぜひ御坂ワイン呑みたいっす。(記事ずれだし)

投稿: くぅた | 2007.02.05 22:03

くぅたさん、こんばんは。
挑戦じゃないっすよ。無謀な暴走です。
あの御坂ツアーの日は、この悪夢をすっかり忘れることができました。
ホント救われましたよ。ものすごく勉強するのイヤだったんで。
精神衛生上よくありません、あれは。
まあ、生徒さんには頑張るよう言って下さい。
人生の厳しさを知るのはこれからです(笑)。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.02.05 22:12

庵主様、こんばんは☆
漢検意味わかりません!!!もともと漢字は苦手で、仕事中も漢字を忘れてはPCでちょいちょい・・・。見たこと無い漢字で頭混乱@@@
でも、すごい挑戦ですよ~!!!受けることに意義があると思います!!
それにしても、答え見ても??ですね~。。。
ろぼ→ロボ たいまい→タイ米  しか思いつきません!!!

投稿: スギッチ | 2007.02.06 22:14

スギッチさん、どうもです。
参加することに意義がある…んでしょうか!?
こいつらはどう見ても言葉の暴力ですよ(笑)
ちなみにロボとタイ米は、まさにそうやって覚えてたので出来ちゃいました(笑)
面白いもので、このくらいになると読みより書きの方ができるんですよ。
手が覚えてるというか、目が覚えてるというか。
読みはいちいち「ロボ」とかやらないといけないので、もうアホらしくて無理でした。
いずれにせよ、もう絶対受けないと思います!!

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.02.07 05:29

 じつは、中学校のころ、国語の授業で森鴎外の「舞姫」を読みました。試験はというと、内容ではなく、難しい言葉の読みばかり。終日兀座(ひねもすこつざ)とか讒誣(ざんぶ)とか今でも悪夢のように思い出されます。とはいえ、意味無く覚えることにはある意味快感にも通じるものがあったようにも記憶しています。そんなところに、漢検の人気があるのかもしれませんね。
 これらを一般の人が読んでいたのですから、明治大正時代の人の頭の構造は違っていたのでしょうね。

投稿: 貧乏伯爵 | 2007.02.07 16:19

伯爵さま、どうもです。
ルビ文化って良かったと思います。
終日兀座にしても讒誣にしても、文脈とルビがあれば、なんとなくその人となりはわかりますよね。
名札もなく、さらに前後の風景がないと、それはもう本当に暴力ですよ。
エイリアンです。
今、ルビ文化が残ってるのはマンガとライトノベルだけですね。
だから、オタクは漢字が読めます(笑)。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.02.07 16:45

私が漢字を覚えたのも、主に少年サンデーでした。ルビ文化はすばらしいです。

投稿: 貧乏伯爵 | 2007.02.07 23:03

ですよねえ。
特にマンガは漢字がゴシック体になっているので、潜在意識にすりこまれるようです。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.02.08 05:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/13789144

この記事へのトラックバック一覧です: 玉砕!漢字検定:

« 3月号(?) | トップページ | 尾崎圭司選手(K-1 WORLD MAX 2007〜日本代表決定トーナメント〜) »