« エレクトリック・ライト・オーケストラ 『アウト・オブ・ザ・ブルー (完全生産限定盤)』 | トップページ | 『きょうの猫村さん1・2』 ほしよりこ (マガジンハウス) »

2007.02.23

不二草紙 on TV!!

Blogoods1 今日は2.23、富士山の日です。そんな記念すべき日に富士山蘊恥庵にいいことがありました。
 噂どおり、不二草紙がテレビ(眞鍋かをりのブログッズ)に出ました!日テレさま、ニフティさま、読者の皆さま、ありがとうございました。感無量です…。
 というわけで、眠い目をこすりつつ酒など呑みながら観てました。ちょうど外出していたカミさんも帰ってきまして、さてどんなふうに紹介されるのかな、と二人でちょっとドキドキ。
 最初にこちら「うす~い建物」が紹介されまして、お〜路上観察系ですな、なかなか面白い、オレもいくつか知ってるぞ、とか思いながら観てました。そして、ついに我らが?不二草紙が…ありゃ、「不二草子 本日のおススメ」になってるぞ。まあ、いいや、よくあることですし、清少納言さんのブログ(!あれは最古のブログですよ)も「枕草紙」と書かれたり「枕草子」と書かれたり「枕冊子」と書かれたり、いろいろですからね。私も「不二草子」で検索してもトップに来るように工夫してありますので全然オッケーっす。
 そして「蘊恥庵庵主」を、浜田翔子たんが「うんち・あん・あんじゅ」って読んだ!そこが一番盛り上がりましたね。まあ、グラビアアイドルしょこたん(2号)にテレビで「うんち」と言わせたのは私くらいのものでしょう(笑)。眞鍋かをりさんがすかさずつっこんでました。山咲トオルさんは口アングリ。そりゃあそうだ。
 しかし、なんと言ってもですねえ、一部の不二草紙読者の皆さまはきっと興奮し感動したと思いますが、この写真にも写っているこの記事は…。そう、「第1回 レミオロメン聖地巡礼の旅(その2)」ではありませんか!!もうこの時点でカミさん大興奮。自分が写っている写真がテレビに映っている、ということではなく、レミオロメンのコアな記事、あるいは腐女子記事が映ったからでしょうね(笑)。ぎゃあ〜、どわぁ〜、と大騒ぎになってしまい、全然テレビの音が聞こえません…orz。
Blogoods2 続いて内容を紹介してくれたんですけど、そこでもカミさんの燃え上がった火に油を、いや核燃料を注ぐ記事が…。それも並んで…。日テレさんよ〜、あんまりカミさんを刺激しないでくれ〜。うるさくて聞こえないよ〜。そう、サクこと桜庭和志関係の記事これこれが並んでいる〜!よりによってなんでこれを選んでくれたのか…いや、私もうれしいですよ。しかし、聞こえない…。
 あとでちょっと冷静に考えたんですが、レミオロメンの記事が最初に出てきたのは、これはたまたまその日に収録というか、キャプチャーしたからですね。だからまあ偶然です。そしてサクの記事が並んだのはですねえ、いくつか原因が推測されます。まずディレクターさんか作家さんが桜庭のファンであるという可能性。これは充分考えられる。そして、次にディレクターさんか作家さんが、ウチのカミさんを喜ばせてくれたという可能性。あの頃の記事はそういうミーハーF女子系の話ばっかり書いてましたからね。ま、でもそれはないか。そして、最後の可能性。浜田翔子たんに関する可能性です。翔子たんは、ハッスルサポーターとしてDSEと仕事をしてますからね。しかし、当然ながら、これは非常に微妙な可能性です。もちろん桜庭はDSE(PRIDE)と袂を分かったわけでして…。しかし、私が紹介した本やDVDはPRIDE時代のものですし…。う〜む、謎だ。
 まあ、そんなことはいいとして、というか、カミさんにとっては私の分析なんてどうでもいいようです。「腐女子の思いが通じた。念ずれば花開く」とか言っています。おそるべしFパワー。
 というわけで、カミさんが寝静まってから起き出して、あらためて静かに観賞しました(笑)。いずれにせよ、こういう形で自分の作品(?)がテレビで紹介されたというのは、本当にうれしいことです。いつかも書きましたが、三日坊主(三日エセ坊主?)の私がこれほど毎日続けていることはありません。書いた記事は1000以上になりました。継続は力なりですね。継続しているとこうして思わぬ「縁」が飛び込んでくるものです。これからも頑張りますので、今後ともよろしくお願いいたしますです、ハイ。

不二草紙に戻る

|

« エレクトリック・ライト・オーケストラ 『アウト・オブ・ザ・ブルー (完全生産限定盤)』 | トップページ | 『きょうの猫村さん1・2』 ほしよりこ (マガジンハウス) »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

庵主さん、おはようございます〜&おめでとうございます☆
なんかいろいろすごかったんですね(笑)私も見たかったです〜残念。そうか!2月23日は富士山の日なのですね!そんなよき日に記念すべきことが起こったということで、めでたいめでたいですね♪
そして、奥様・くぅたさん・私はぼやけながらもテレビ出演を果たしたわけですね(笑)あ〜ますます見たかった!!偶然でもなんでもうれしいかぎりです。あの感動的な記事の日にたまたま…というのもまた運命かもですしね(^^)v
奥様、興奮しすぎで大丈夫でしたか?興奮して寝付けないということがなかったようでよかったですが(笑)奥様にとってもすばらしい日になったようでなによりです♪
いやいや〜ホントにおめでとうございます!

投稿: メグ | 2007.02.24 09:36

メグさん、どうもどうも。
メグさん、しっかりボケボケで映ってましたよ(笑)。
今度いらした時にお見せします。
いやはや、ウチは思わぬところで盛り上がってしまいました。
相変わらずですなあ。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.02.24 09:53

見逃しましたーーーー!!!!残念!みたかったです!(>_<;;)

投稿: ユキ | 2007.02.24 14:04

ユキさん、こんにちは。
来週も同じ時間にやるらしいんで、よろしかったら。
てか、別にそんなにスペシャルじゃないっすよ。
身内で盛り上がってるだけですから(笑)
あ、そう言えば一期一会、私も観ましたよ。
それについてはあっちで。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.02.24 14:42

庵主さん、こんばんわ~☆
くぅたさんの方でも話題になってたんですよ~!!!
あの、写真が出てたって!!!私も見たかったです~~。。。
奥様はそりゃ~興奮されますよ~!!あの写真はほんとにすごいですから~~。ちゃんと眠れましたか~??
たまたまも運命ってことですよ~!!!
お三方、TVデビューですね!!!

投稿: スギッチ | 2007.02.24 22:05

スギッチさん、どうもです。
いやあ、びっくりですよ。
よりにもよってあの写真が全国に発信されるとは…。
その後、レミオファンと思われる人が何人か訪れてますよ。
ん?これはいったいどういう集団だ?みたいな感じでしょうね。
ホントに不思議なことが起きますなあ。
Fパワーでしょうか(笑)

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.02.24 22:30

蘊恥庵庵主さま、こんにちは!!
ついにOAされたのですね~!!おめでとうございます!
私も残念ながらこの番組を実際にTVで拝見させていただくことはできなかったのですが、「第1回レミオロメン聖地巡礼の旅(その2)」の記事が放映されたのですね~!!しかも奥様とくぅたさんとメグさん(勝手にすみません。)のあのお写真が映ったとのこと、すばらしいですね、蘊恥庵庵主さまが苦心して撮影された甲斐がありましたね。(←くぅたさんにお聞きしました!)
蘊恥庵庵主さまのブログを知って、観光で訪れるファンの方がこれから益々増えていきますと、山梨観光大使のレミオロメンもさぞ喜んでくれることですよね!!(な~んて。)

投稿: 工藤 | 2007.02.25 11:43

工藤さん、コメントありがとうございます。
皆さんの思いが通じたのでしょうかね。
1000以上ある記事の中で、あれがたまたま当たるというのは…。
かえすがえすも不思議なことです。
レミオロメンを理解するには、彼らを育てた風土を知ることが大切ですね。
そういうバンドだから、私も大好きなのです。
ぜひ皆さん、山梨へ!!

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.02.25 14:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/14027178

この記事へのトラックバック一覧です: 不二草紙 on TV!!:

» 山咲トオルさんのスピリチュアルメッセージを占 星学で占う [江原啓之さんのスピリチュアルメッセージ@オーラの泉を占 星学で占う]
コメント、トラバ、お世話になっております。ブログを見ていただいて、ありがとうございます。江原啓之さんのスピリチュアルメッセージ@オーラの泉を占 星学で占うです。今回、スピリチュアルメッセージを占星学で占うのは、オーラの泉第19回ゲスト山咲トオルさん(本名、中沢惣八郎さん)です。1969年8月23日生まれの山咲トオルさんは、下のような占い結果が見られます。【基本的性格】神経質で内気だが、勤勉で几帳面。明晰な分析力を持ち、批判精神が発達している。【感情と感受性】気分屋で集中力と誠...... [続きを読む]

受信: 2007.03.11 19:11

« エレクトリック・ライト・オーケストラ 『アウト・オブ・ザ・ブルー (完全生産限定盤)』 | トップページ | 『きょうの猫村さん1・2』 ほしよりこ (マガジンハウス) »