« 『子育ての倫理学 少年犯罪の深層から考える』 加藤尚武 (丸善ライブラリー) | トップページ | 『ダーリンの頭ン中 英語と語学』 小栗左多里、トニー・ラズロ (メディアファクトリー) »

2007.01.23

NHK歌謡コンサート『今夜は一杯・酒と歌心』に関ジャニ∞!?

Kanjani8 viva!異文化交流!…今日は違うネタ用意してたんですけど、食事をしながらたまたまつけたテレビにやられました。久々にドツボにはまりました。カミさんとまさに腹を抱えて笑った。メシが食えない…。
 いやあ、この面白さ、文章では伝わらないだろうなあ。残念ですけど、とにかくこれは記録として残しておかねば。
 火曜日の歌謡コンサートご存知ですか?まあ、よほどの演歌好きでもない限り、これは観ないんじゃないですか。ザッピングしてて、ちょっと映っちゃった時、「げっ、演歌だ」と思う若者も多いんじゃないでしょうか。昔(結婚前まで)は私も完全にそのクチでした。それが、演歌マニアのカミさんと結婚してからというもの、なんとなく見せられているうちに抵抗がなくなってきた…どころか、良さ、面白さが分かってきてしまったんです。ま、自分も歌謡曲バンドなどをやるようになり、人前で演歌を演奏するようになったというのもありますし。いや、単にオヤジになったってことかもしれませんが。
 で、今日も子供たちの反対を押しきって、途中から夫婦で観始めたんです。なになに?今回のテーマは「今夜は一杯・酒と歌心」かあ。ちょうど呑み始めたし、なかなかいいぞ。あとでわかったんですが、キム・ヨンジャの「酒と泪と男と女」と小金沢昇司の「ワインレッドの心」は聞き逃してしまったらしい。残念。それでも、島津亜矢の「黒田節」を堪能し、石川さゆりの「酔って候」には感心し、といった感じで、すっかりその世界に入っていったわけです。私とカミさんの手には、麦焼酎のお湯割が…。
 そして、コーナーは「時代の歌こころの歌」へ。おっ、渥美二郎だ!来るぞ〜来るぞ〜あの歌。それにしても、渥美二郎、なんで30年以上顔が変らないんだ?とか馬鹿話をしていると、ほらやっぱり来ました「夢追い酒」!!う〜む、遠藤実は天才だ。渥美二郎の抑制された唄いっぷりもなかなかいいね。この曲は入りが難しそうだ…とか言いながら聞き惚れていたんですね。
 そして、さあ次は何が来るかな、と期待した瞬間、それまでお行儀良かった会場から、突然黄色い歓声が!そして、何やら怪しい集団が乱入してきたぞ。あっ、ステージを占拠しようとしている!ん?違うぞ、名だたる演歌歌手の皆さんの前に座り出した!な、なんなんだ、この場違いな連中は。私のほろ酔いはすっかり醒めてしまいました。
 そして、そこから抱腹絶倒のショーが始まったのです。上の写真をご覧になれば分かると思いますが、吉幾三、石川さゆり、小金沢昇司、キム・ヨンジャ、島津亜矢、原田悠里という大御所の前にいる8人は…いや、一人は小田切アナでした(笑)…関ジャニ∞じゃないですか!!もう、その時点で私は「やられた!」って思いましたよ。分かりますか?
 小田切新メンバー(違う違う)は外すとして、なんで「エイト」が7人になったか。そう、元メンバーの内くん、未成年飲酒問題で実質脱退を余儀なくされたんですよね。ははは、まさに「今夜は一杯」が命取りになっちゃった。それで、代わりに年配者の小田切くんが…違うって!!
 というわけで、渥美二郎の「夢追い酒」がいきなり「関風ファイティング」になっちゃった。それまでまさに歌に酔っていたおじいさん・おばあさんたち、目の前で繰り広げられるアクロバチックなステージに、たぶんめまいがしたと思いますよ。昼寝してたらいきなりジェットコースターに乗せられた、みたいな。会場の一部を占拠したジャニヲタの異様な盛り上がりが、さらにお年寄りを困惑させます。私たちも開いた口が開いたまま…。
 そして、彼らの歌が終わり、いかにも生放送らしく、スタッフの「早く引け、引け!」という合図が映りこんだりして、嵐、いや関ジャニ∞は去っていきました。ジャニヲタの悲鳴も一気にトーンダウン。と、間髪を入れず竹川美子の「雪の海峡・津軽」が!!そして、会場からはジャニヲタに刺激されたか、野太いオヤジの「みっこちゃ〜ん!」というコールが…(笑)。そして鏡五郎の「いのち坂」へ…。
 なんなんだ、この展開…。渥美二郎と竹川美子にはさまれた関ジャニ∞って。「夢追い酒」と「雪の海峡・津軽」に囲まれた「関風ファイティング」って…。さすがNHK、としか言いようがありません。で、冷静に考えると、ジャニヲタたち、あの瞬間以外は、どっぷり演歌の世界に漬かっていたわけでして、ある意味、ジェットコースターの老人より辛い状態が持続したのではないでしょうか。そんなことも考えると、ますますおかしくておかしくて…。ああ、メシが食えない、酒は進む。
 まあ、たしかに紅白なんかもこういうことがありますよね。昨年末もけっこうジャンルめちゃくちゃで組み合わせてましたね。それにしても、ド演歌番組で1曲だけジャニーズってのもね。ま、関ジャニ∞は歌謡路線ではありますが。いやあ、楽しかったっす!おいしい酒が呑めましたよ。ありがとう、みなさん。やっぱり異文化交流って刺激的ですし、素敵なことですね。

不二草紙に戻る

|

« 『子育ての倫理学 少年犯罪の深層から考える』 加藤尚武 (丸善ライブラリー) | トップページ | 『ダーリンの頭ン中 英語と語学』 小栗左多里、トニー・ラズロ (メディアファクトリー) »

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

 先週出演のかなりセクシーなラテングループも、いいコントラスト出してましたよ。
 患者に8でなくて関ジャニ∞、東京のうどんをけなさないでね。

投稿: 貧乏伯爵 | 2007.01.24 08:27

伯爵さま、いつもどうもです。
残念、先週は観ませんでした。
その空気もぜひ味わいたかったですねえ。
患者に8、関西のお笑いの要素も入ってますよね。
最近ジャニーズを再評価しつつあるんですけど、彼らちょっと浮いてていいですね。
ついでですが、こちら吉田のうどんも是非食べにきてください(好き嫌い分かれますけど)。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.01.24 09:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/13633165

この記事へのトラックバック一覧です: NHK歌謡コンサート『今夜は一杯・酒と歌心』に関ジャニ∞!?:

« 『子育ての倫理学 少年犯罪の深層から考える』 加藤尚武 (丸善ライブラリー) | トップページ | 『ダーリンの頭ン中 英語と語学』 小栗左多里、トニー・ラズロ (メディアファクトリー) »