« オーバーグラス (アックス) | トップページ | 『一期一会 キミにききたい!』まとめてドン!(NHK) »

2007.01.11

フジファブリック 『蒼い鳥』

映画「悪夢探偵」公開記念限定盤
Aoitori 間もなく公開される、塚本晋也監督の「悪夢探偵」、とっても楽しみですね。今最も劇場で観たい映画の一つです(東京まで出かけて観ることができるか微妙ですけれど)。
 塚本監督については言うも愚かでありまするが、私もご多分にもれず「鉄男」の洗礼を受けた一人であり、その後も「東京フィスト」や「六月の蛇」などにいろいろな影響を受けているのでありました。単に映画として、というよりも、発想の自由さや自己の世界観の全うという意味において、やはり尊敬すべきクリエーターと言わざるを得ません。
 今回の作品も彼の世界…すなわち現実と虚構の被膜、いや両者の間とかそういうありきたりのものではなく、ある意味全てが虚構でありつつ現実であるのかもしれない…を、彼らしい技法で作品化しているのでしょうね。
 出演者も非常に興味深い。主演は松田龍平。彼も近年、お父さんに近いオーラを発するようになってきましたね。その存在感に塚本監督も惚れ込んでの起用と言います。ほとんど理想的な結婚ですね。お二人とも「物の怪」的ですから、いったいどうなることやら。
 そして、脇を固める役者陣も魅力的。まずは安藤政信。彼は出演作を選ぶこだわりの役者さんです。そして選んだら「なりきる」。彼の家に遊びに行ったこともある(!)私の姉も申しておりました。とにかく撮影中は役になりきりすぎて、ご家族の皆さんでもちょっとこわいことがあると。そんな彼独特のオーラと松田龍平のオーラの対決も楽しみです。あと、大杉漣、原田芳雄、塚本監督自身、一癖も二癖もある彼らがまたどう絡むのか。想像するだけでもゾクゾクしますね。映画初挑戦のhitomoさんも、実は私けっこう好きなので期待してますよ。
 おっと、今日はまだ観ぬ映画の宣伝ではなかった。そう、この映画のエンディングの音楽を担当しているのが、我が地元の雄フジファブリックであります。うん、この塚本監督の選択も納得できます。なるほど、「物の怪」っぷりがピッタリじゃないですか。非常に個性的(似たものがほとんどない)で、予想を拒否する音楽を展開する彼ら。今回のエンディングはどんな仕事をしているでしょうか。
 彼らの音楽性については、こちらでちょっと書いてますね。とにかく面白い。若いのにどういうセンスしてんだ?って感じで実に好もしい。
 さて、昨日発売になったそのエンディング・テーマを早速iTMSでダウンロードして聴いてみました。カップリングと合わせて300円です。便利でお得な時代ですね。
 う〜む、なるほど〜こう来たか。バロック的(ビートルズのビコーズ的)なイントロやサビ(なのかな?)と、いかにもフジらしい不思議な浮遊感のある転調を含む部分との交錯が、こちら側とあちら側を行ったり来たりする感じを見事に表現していると言えましょう。後奏など、ちょっと和声と旋律の関係に破綻を来しておりますが、まあ、ロックにそんな理屈はいりません。てか、それが彼らの味であるわけですからね。野暮です。
 この曲は、ある意味映画との関係がなければ、彼らの作品の中では地味な曲と言えるかもしれません。あくまで、塚本晋也とのコラボレーションと考えるべきでしょう。やはり劇場で観て聴かねば。
 その点、カップリングの「東京炎上」は実に彼ららしい名曲と言えましょう。一瞬「真赤な太陽」かと思わせる出だしですが(笑)、その後はフジらしいカオスの疾走が聴けます。この豊饒なアイデアはどこから湧いてくるんでしょうか。志村正彦くんを知る地元の人に聞きますと、かなりユニークな(危ない)キャラのようですね(笑)。そうとう世間擦れ…じゃなくて世間ズレしてますよ、この感覚は。
 前も書きましたが、こういう音楽がそれなりに売れるというのは、実にいい傾向だと思いますよ。今の20代の諸君がやってるロックは、おじさんが聴いてもそれなりに楽しめます。音楽的なものがぐるっと一周したとも言えますし、歌詞の世界観もしっかり日本古来の伝統「もののあはれ」に基づいてますし。
 今最もライヴで聴いてみたいバンドの一つが、このフジファブリックです。いつかレミオロメンみたいに凱旋ライヴやってくれないかなあ。楽しみにしてます。

Amazon 蒼い鳥

不二草紙に戻る

|

« オーバーグラス (アックス) | トップページ | 『一期一会 キミにききたい!』まとめてドン!(NHK) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

先生、こんにちは。

この記事のおかげでCD発売思い出しました。
限定10000枚(?)なんですよね。売り切れる前に買いに走らなくては!

私は去年のRIJFでフジファブリックのライブ初めて観ました。
それはそれは鳥肌ものでした。
今年はワンマンにも行こうと思っています。

私が彼らを初めて知ったのはカルチャー雑誌、それも音楽とは全然関係ない「吉田のうどん」について志村くんが熱く語っている記事でした。
後に弟の同級生だということを知り、一気に興味が湧き、すぐにアルバムを買ったのです。
とにかくゾクゾクして「これはライブに行きたい!」と思いました。

私は未だにツアーには欠かさず行っている「奥田民生消費層」(苦笑)なので、先生が言うようにきっとつながるところがあるんでしょう。
志村くん、相当の奥田民生ファンという話も聞いていますし。
(余談ですが、弟の話では、高校時代カラオケに行くとマイク離さず奥田さんの曲を歌い続けていたとか・笑)
「富士吉田の星!」という贔屓目もかなりあります。
もちろん上記の理由ばかりではない、彼にしか作れない音楽の魅力というのが(それが何なのかは私にはわかりません・・・無知すぎて)一番なんでしょうけど。
ちなみに、私の知人も先生と同じこといってましたよ、「若いのにどんな音楽聴いてきたんだ!?すごいセンスだ!」って。

とにかく凱旋ライブ、私も是非!と願っています。富士五湖文化センターなんかいいんじゃないかと。笑
考えるだけでワクワクしますー!
(長々と失礼しました)

投稿: メグミ | 2007.01.12 11:34

メグミくん、どうもどうも。
そう言えば君はかなりマニアックだったねえ(笑)。
奥田民生がいい!って言ってたかも。
フジファブリックのライヴ行ったんだ!いいなあ。
なんかとっても楽しそうだよね。実際評判いいしね。
弟くんが同級生なんだ!
それもまたうらやましいこと。
なんでも、今年の年越しも彼は吉田のうどんだったそうで、そんなところにも親近感を覚えるよね。
凱旋ライヴ富士五湖文化センターで…と思ったけど、もうすぐぶっ壊されるらしいよ、あのホール。
なんとなくフジとあのホール似合うような気がするけどね。
では、いずれライヴ会場で会いましょう!!
スキンヘッドがいたらオレだから(笑)。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.01.12 13:26

いいですよね、フジファブリック。
あたしもライブに行ってみたいです!
一度誘われたのですが仕事でいけませんでした…惜しいことした!
対バン形式のライブが3月くらいにあるみたいです。
曜日的に無理なのがまた悔しい…!!

投稿: ユキ | 2007.01.12 14:00

ユキねえさん、どうもです。
てか、志村君ご近所じゃない?
ま、吉田市内ならみんなご近所だけど。
Zepp Tokyo3月1日かあ、木曜日じゃなあ。
この微妙に間に合いそうで間に合わない距離感がね(笑)
いつか行ってみようよ。
最近カミさんのレミオ熱が上がりっぱなしなので、
たまにフジやバンプを聴かせてます。
ギルド見せたら号泣してました。
いいことです。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.01.12 14:20

あああ

投稿: あ | 2007.01.12 16:45

あ…?

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.01.12 17:46

初めまして。流れ着きました。

>我が地元の雄フジファプリック

○ブ

xxx細かくてすいませんxxx

投稿: 勝俣 | 2007.01.24 12:46

勝俣さま、どうもどうも。
ご指摘ありがとうございます。
ははは、すみません。
私、親指シフト入力者でして、よく「ぷ」と「ぶ」を間違えるんですよ(わかる人にはわかる)。
早速なおしておきます。
国語のセンセイとして恥ずかしい限りです。
最近、人の誤植を指摘しておきながら…。
また、おいでくださいませ。
というか、もしかして勝俣さま、苗字からして吉田の方?

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.01.24 12:58

いえいえ。
十二分に見直したはずなのに打ち間違えってばひょっこりありますよね。

吉田?
静岡でもなく、本家は長野県だそうです。

職場はビルの上部にあるわけで。
今日は富士山がよく見えます。

xxx吉田うどんが気になります(空腹)xxx

投稿: 勝俣 | 2007.01.25 16:41

勝俣さま、どうもです。
ああそうですか。
富士吉田には勝俣一族がおりまして。
長野、山梨、静岡に分布してるんですよね。
で、勝俣・勝股・勝又・勝亦・勝間田などの表記があるんです。
このへんは勝俣だもので、つい。
吉田のうどんはおいしいかどうかは?です。
ただ、あの異常な歯ごたえは一度経験する価値ありですかね。
私にはゴムにしか思えませんが。
でも、けっこう好きです。
今日はよく富士山が見えたでしょうねえ。
私はそこに住んでいるのでした。
ということは、ウチから勝俣さんの職場が見えたりして(笑)。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.01.25 18:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/13439889

この記事へのトラックバック一覧です: フジファブリック 『蒼い鳥』:

« オーバーグラス (アックス) | トップページ | 『一期一会 キミにききたい!』まとめてドン!(NHK) »