« 『ダーリンの頭ン中 英語と語学』 小栗左多里、トニー・ラズロ (メディアファクトリー) | トップページ | 『not simple』 オノ・ナツメ (小学館) »

2007.01.25

MARTY FRIEDMAN produce 『ROCK FUJIYAMA』  ROCK FUJIYAMA BAND

B000kf0t8801_aa240_sclzzzzzzz_v47531245_ 異文化交流シリーズ続けましょう。昨日書きましたように、ある意味ネイティヴ以上の外国人というのがいるわけですね。その好例がちょうど発売になりましたので紹介します。
 マーティ・フリードマンさん、ご存知ですか。ヘヴィーメタルバンド「メガデス」の元ギタリストさんです。ソロ活動を始めてから日本に移り住みました。で、相変わらず外見はヘビメタなのに、演歌や日本のアイドルオタクさんでして、異常にこなれた日本語をしゃべります。そのギャップが面白いのか、最近ではテレビや雑誌にもよく出てますよね。一昨年の年末には、復活鈴木あみのギタリストとして、夢の紅白に出演して泣いちゃったとか。最近ではNHKの『英語でしゃべらナイト』に出演して、「日本人はなぜ英語の勉強をするんだ。日本語がこんなに美しいのに」と、番組の趣旨を無視した名言を残しましたっけ。とにかく私も大好きなヘビメタおやじ(オタク外人)です。
 彼の浜崎あゆみに対する理解の深さは、もしかすると「私」以上かもしれませんね。彼は歌詞もよく読み込んでいます。アメリカの音楽はダメだよ、日本の曲は歌詞が深い、とよく申しております。
Mn56 そのマーティ、昨年の4月からテレビ東京で「ROCK FUJIYAMA」という番組をやってるんです。これがまたかなりマニアックでして、私も時々観るんですけど、ちょっとついていけないくらい。でも、その微妙な(?)発言にハッと気づかされることもしょっちゅうです。昨日のラズロさんと同様ですね。外国人ならではの視点が、私たちに気づきを与えてくれる。
 そんな彼が、その番組で知り合ったこれまたマニアックな日本人ミュージシャンたちと作ってしまったのが、このアルバムです。昨日発売になりました。これはお世辞抜きにいいですよ。
 まず選曲が憎い。J-POPや演歌でもやってるのかなと思いきや、ほとんどが洋楽の名曲。それをマーティが料理し、ROLLY、鮎貝健、SHELLY、MASAKI(from CANTA)、真矢(ex LUNA SEA)、MCU、相川七瀬、野村義男、ルーク篁と言った、実力もあるが一癖も二癖もある日本人がサポートします。

1 R.F.B. feat.SHELLY BASKET CASE / GREEN DAY
2 R.F.B. feat.MARTY FRIEDMAN HOUND DOG (YOU AIN’T NOTHING BUT A HOUND DOG) / Elvis Presley
3 MCU LIGHTS!! CAMERA!! ELIXIR!! / MARTY FRIEDMAN
4 R.F.B. feat.野村義男 PURPLE HAZE / JIMI HENDRIX
5 R.F.B. feat.KENNY GUY SUMMER OF' 69 / Brian Adams
6 R.F.B. feat.ROLLY BEN / MichaelJackson
7 R.F.B. feat.相川七瀬 LIVE TO TELL / Madonna
8 R.F.B. DON'T STOP BELIEVIN' / Journey
9 R.F.B. feat.ルーク篁 ARE YOU GONNA GO MY WAY / Lenny Kravitz
10 MARTY FRIEDMAN featuring KIRITO 雑音(ノイズ)の雨 (STATIC RAIN)
11 R.F.B. FUJIYAMA で会いましょう

 まあ、この曲目にして基本ヘビメタアレンジなので、それだけでもけっこう楽しめるんですけど、途中日本語が挿入されていたり、わざと妙な「間」を入れてあったりと、いかにもマーティ風、フジヤマ風になっていて笑えます。マーティのギターソロは相変わらずかっこいいし。いやいや、考えてみればそうそうたるメンバーでしょ。うまいしセンスいいのは当たり前ですよ。大まじめなのか大ぼけなのか、その微妙なバランスがオシャレです。
 よく考えてみるとですねえ、これは非常に面白い文化交流ですよね。もともとロックというのは向こうの音楽じゃないですか。それを日本人は日本流にしてずっとやってきた。J-POPもその系譜上にある。それに感動した本場の外国人が日本にやってきて、その素晴らしさを語る。そして、それに感化された日本ロッカーが集まって、彼といっしょに本場の名曲をカバーしているわけです。複雑と言えば複雑ですが、理想と言えば理想のコラボレーションでしょう。日本の浮世絵の影響を受けた印象派が、日本で人気があるというのと逆、いや似た現象とも言えましょうか。
 まあ、こうしてお互い好きになって、尊敬し合って、そして教え合って、共同作業していくということは、世界平和のためにもいいことですよ。大げさでなくて。
 彼らライヴをやるみたいです。なんかとっても行ってみたいんですけど。FUJIYAMA在住者としても大いに気になるところです。行っちゃおうかなあ。

Amazon ROCK FUJIYAMA

テレ東ROCK FUJIYAMA公式

不二草紙に戻る

|

« 『ダーリンの頭ン中 英語と語学』 小栗左多里、トニー・ラズロ (メディアファクトリー) | トップページ | 『not simple』 オノ・ナツメ (小学館) »

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/13649813

この記事へのトラックバック一覧です: MARTY FRIEDMAN produce 『ROCK FUJIYAMA』  ROCK FUJIYAMA BAND:

» Rock Fujiyama Band Debut [ヘタレ系DのBlog]
Amazon.co.jp: MARTY FRIEDMAN produce「ROCK FUJIYAMA」 元Megadethという肩書きもそろそろ不要になってきた感じのMarty Friedman. そのMartyといえば,当然ながらROCK FUJIYAMA! そのROCK FUJIYAMAのメンバーとゲストで構成されたRock Fujiyama Bandが,コラボアルバムを発売! これは買うしかない! ということで,買いました. まだ聞いてませんけどね・・・ 明日は休みなので,ガッチリ聞き込んでみ... [続きを読む]

受信: 2007.01.26 21:48

« 『ダーリンの頭ン中 英語と語学』 小栗左多里、トニー・ラズロ (メディアファクトリー) | トップページ | 『not simple』 オノ・ナツメ (小学館) »