« 『「論理エンジン」が学力を劇的に伸ばす』 出口汪 (PHP研究所) | トップページ | 『モーツァルトの真実〜自筆譜が明かす素顔〜』(NHKハイビジョン特集) »

2006.12.27

『TOUR 2006 THANK YOU YOSHII KAZUYA』(吉井和哉ライヴ)

Yk2006 久々に武道館に行って参りました。吉井和哉さんのライヴです。
 まず結論、かなりクオリティーの高い公演であったと言えましょう。いろいろな意味で冷静に聴いてきましたので、それなりのレポートをいたしたいと思います。いや、実はけっこう興奮したんですけど、まあ興奮したレポは腐女子(笑)の皆さんにおまかせいたしましょう。40歳代男の代表としてなるべく冷静に…。
 私の席は2階の東、前から2列目でした。ある意味ベストポジション。吉井さんとの距離はアリーナ中央付近と同じくらいですし、角度的にそれぞれの機材やパフォーマンス、さらにスタッフの動きなどもよく見えるところでしたので、体はノリノリに乗りつつ、目と耳はしっかり研ぎ澄まして観察してきました。
 まず肝心の吉井さんのパフォーマンスですけれど、本人もMCで耳鼻咽喉科に行ったと言っていましたが(小林亜星さんに会ったとか…)、絶好調ではなかったようで、やや高音で辛いところがありました。それでもさすがですね、後半には安心して聴けるところまで持っていってました。彼の歌には、ただ上手い下手では表現できない味というものがあります。それがそれぞれの曲によって上手に使い分けられていて、うん、プロの歌い手さんだな、と思いました。激しい動きの中でも音程けっこう正確ですし。
 彼のライヴならではの、替え歌詞、替えメロも楽しかった。崩しや観客とのやりとりも適度でしたね。明日はテレビの生中継がありますので、もう少し抑制されるかと。また、これも彼ならではですが、エロエロ度もいい感じ(?)でした。私たち東側に向かって、マイクを股にはさんでしごいてましたが、私の周辺の腐女子の皆さんが泣いて喜んでましたよ(笑)。まあ、彼の魅力ってそういう男の色気というか、下品な美学にもあるわけですから、全然OKでしょう。ただ、これも生テレビでは自粛モードになるかな。
 楽器隊の演奏に行きましょう。私が聴いたかぎりでは、4箇所ほど小さな破綻があったと思いますけど、まあそれはライヴではよくあることですので、まあ良し。テレビがある明日は頑張ってください。ドラムの鈴木くんでしたっけ、21歳ということですが、末恐ろしい才能の持ち主であります。味のあるドラミングではありませんし、ちょい走るところ、フィルミス?もありましたが、吉井さんが欲するであろう魂のこもったスピード感はよく出ていたのでは。ギター、ベースはまあみんな巧いなと。多少の間違いもご愛嬌ということで。エマが比較的近くだったわけですが、彼の華のあるギターソロにはなんか懐かしさを覚えましたね。
 さて、演奏された曲に関しての感想です。え〜、皮肉なことでありますが、会場も私も一番盛り上がったのは、イエモンの曲でありました。私もイエモンのライヴには2度寸前に行けなくなったという悲劇を体験しておりまして、生で聴くのは初めてだったんです。ソロの曲はマイナー(短調)の曲が多いので、特にイエモン時代の曲は映えるんですね。それこそ華がある。歌謡ロックで結構。すごいクオリティーだ。たしかにちょっと泣けましたね。オヤジ心を刺激しました。考えてみれば半分イエモンなバンドなわけでして、武道館で半生イエモンが聴けただけでもいいか。イエモン以外で心に響いたのは「CALL ME」かな。ほかもみんな良かったし、構成もイケイケで良かったと思います。でも、やっぱりオジサンにはイエモンがねえ。目をつぶってあの4人が演奏しているのを想像してましたよ。
 あとポジネガマンは生で聴いてみたかったかな。ちょっとした因縁があるんで(笑)。
 ファンの9割はイエモン時代からのベテランでしょうかね。吉井さんのライヴで「ロビン!」とか「エマ!」とかいう歓声が上がるのには、正直複雑な気持ちになりますよね。私のルートで聞くところでは、再結成のようなものは「なし」ということですし、私自身も当分は「なし」でいいと思います。60歳くらいになってスペシャルで一日だけ再結成、往年の名曲を演奏、でいいんじゃないですか(笑)。The Yellow Monkeyは「SICKS」で完成しちゃってましたから、それから先はオマケだと思ってるんで。
 まだいろいろ書きたいこともありますけど、長くなるのでこのへんにしときます。最後に、ご近所として嬉しかったのは、同じくご近所のキムタク(中居くんにも聞こえるが)のものまねですかね。昔はお二人ともよく河口湖で釣りする姿をお見かけしましたので。これもテレビではできないかな。
 いちおうセットリストを。
01.I WANT YOU I NEED YOU
02.LIVING TIME
03.HOLD ME TIGHT
04.人それぞれのマイウェイ
05.LONELY
06.黄金バッド
07.CALL ME
08.20 GO
09.Paint It Black(ストーンズ)
10.And Your Bird Can Sing(ビートルズ)
11.SPARK
12.ALL BY LOVE
13.WEEKENDER
14.太陽が燃えている
15.TALI
16.BEAUTIFUL
17.バラ色の日々
18.LOVE LOVE SHOW
19.BLACK COCK'S HORSE
20.FINAL COUNTDOWN
 アンコール
21.恋の花
22.パール
23.BELIEVE

39108の記事へ
イエモン96年12月28日日本武道館の記事へ

不二草紙に戻る

|

« 『「論理エンジン」が学力を劇的に伸ばす』 出口汪 (PHP研究所) | トップページ | 『モーツァルトの真実〜自筆譜が明かす素顔〜』(NHKハイビジョン特集) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

いやぁ昨日は酔いしれました。
聴かせる&魅せるというカンジで。
さすが吉井さん・・・感動しました。
一緒に行った甥っ子もあのドラムくんに注目していて
うまい!けどバスドラが強すぎだ(?)とか言ってました。
私にはなんのこっちゃです。

後半イエモンナンバーですごく盛り上がりましたよね。
ファンの皆さんもさすが濃い目(笑)!すごい一体感で歌ってたし。
セットリスト有難うございます。知りたかったので助かります!
ストーンズの曲とか存じずでしたのでびっくりです。
ポジネガマン、聴きたかったですー残念。今日歌わないかな?
さぁこれからスカパー生放送!
見えなかった部分をじっくり堪能したいです。

投稿: くぅた | 2006.12.28 17:50

くぅたさん、どうもです。
今日の放送できたら録画お願いします!
ウチ観れないんで。
昨日とどう違うか気になるところですね。
甥っ子さん、なかなか鋭い指摘ですよ。
私も書こうか迷ったんですけど、ちょっとミキシングにもミスがあったようです。
途中低音が出すぎてましたね。あれはなんだったんだろ。
まあ武道館の音作りは難しいそうですので、聞く場所によってもいろいろな感想があるでしょうね。
その点、テレビはテレビでどういう音作りしてくるか楽しみです。
では、今夜も楽しんでください!

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2006.12.28 18:03

ハイ!録画しましたよッv(^o^)DVDお楽しみに~&早速レポです!
今日は曲も変えてきてストーンズの後は「Ziggy Stardust」という曲に。これはどなたの歌でしょう?(すみません;)
イエモンナンバーは「太陽...」がなくて「楽園」をやりました。
吉井さん昨日よりも声出てました♥ディープインパクトのネタもやっちゃってたし、アンコール前の赤い電飾の文字もしっかり放映。いいんだろうかー(笑)あ、キムタクもまたやってました。昨日より長めで;
生放送の時間帯が7時から9時半までの枠だったので予想通り、アンコールは2回ありました!いいなぁ。しかも・・・
最後は吉井さんのアコギのみでナント「JAM」でした!会場のお客さん泣く泣く!仕事だったので最後だけ見られたMy姉も私も感涙でした。
吉井さんも何気に声が震えてるときがあったような。JAMのギタ練、今朝すんごいしたそうです。めっちゃよかったです!
昨日は音響でそんなことがあったんですね。でんでん気づきませんでした~(×ox)やるぢゃん、甥。

投稿: くぅた | 2006.12.28 23:45

くぅたさん、おはようございます。
さっそくのレポ、サンクスです。
生ジャムかあ。泣けただろうなあ。それはスペシャルでしたねえ。
Ziggy Stardustはデビッド・ボウイですね。
ストーンズ、ビートルズ、ボウイ…吉井さんの原点がよくわかる選曲だったなあ。
出会いと別れということをおとといも言ってましたね。
そのへんに関してはいろいろと情報を持っておりますので、
来月DVDと引き換えに(笑)
では、また!

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2006.12.29 08:32

先生こんばんは☆
昨日私も吉井さんのライブに行ってきました。
昨日のビートルズはYesterdayでした。
58になる母を無理やり連れて行ってたので心配していましたが、エロエロ度は全くなく、一安心。(母はちょっと嫌がるので)
15年前から私に付き合わされて、吉井さんのテレビやビデオをさんざん見ていた母なので、吉井さんのことをわが子の親友のように思ってくれています。
「一生に1度でいいから会いに行って、見てあげて!」と、今回行ってもらいました。なので、母には7列目に座ってもらいました。(私は3階席)「ようがんばっとんなあ・・よかったなあ。前よりアクが取れて、きれいな顔になっとるなあ。年をとるほどアクが出るもんだと思ってたけど」と言っていました。ライブ自体も楽しかったようです。
切なさが伝わってくる(と勝手に思い込んでいる)、いいライブでした。
今回は私は、BELIEVEが特に沁みてきました。。

投稿: カズ | 2007.02.03 19:06

あっ。それと、毎回コンサートごとに歌が上手になっていて、それにも感動しました。それを一番感じたのは初めてのソロでのツアーの時ですが。見えない5年間も頑張ってこられたんだなあ。。と。

投稿: カズ | 2007.02.03 19:18

カズさん、そうですか。行ってこられましたか。
お母様もごいっしょなんて、素敵じゃないですか。
イエスタデー!これまた聴いてみたいですねえ。
私も10年前のライヴと見比べてみて、なんとなくアクが抜けたなと思いました。
お母様もよく観察されてますね!
吉井さんもそれなりに熟してきたという感じで、実は今が旬なのかもしれません。
今後の活動にも期待をしましょう。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.02.03 19:39

はい、旬だと感じます!
期待します♪(^∇^)

投稿: カズ | 2007.02.03 20:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/13233909

この記事へのトラックバック一覧です: 『TOUR 2006 THANK YOU YOSHII KAZUYA』(吉井和哉ライヴ):

« 『「論理エンジン」が学力を劇的に伸ばす』 出口汪 (PHP研究所) | トップページ | 『モーツァルトの真実〜自筆譜が明かす素顔〜』(NHKハイビジョン特集) »