« レミオロメン 『Flash and Gleam』 | トップページ | 『三島由紀夫と「葉隠」』 北影雄幸 (彩雲出版) »

2006.11.01

カレーンジャー

002gif1 大学時代の友人が紹介してくれました。鳥取県のご当地ヒーローです。
 いわゆるご当地ヒーロー(ローカルヒーロー)、日々新種が登場しているようでして、現在日本には100以上の戦隊が活動しているとのことです。
 以前、我がご当地のヤマナシマンを紹介いたしました。彼ら、全国のヒーローの中でも、かなり「強い」方だと思います。実は私の知っている限り、山梨県のヒーローって彼らだけなんですよね。他の県では、だいたい複数あって、多いところは10以上結成されている。ヤマナシマン、やっぱり強過ぎ?で、県民の戦意を喪失させちゃったのかな。
 さて、この鳥取の「カレーンジャー」です。これもなかなかのツワモノと見ました。だいいち発音しにくい。コスチュームもかなりシンプルですね。予算削減ということもあるのでしょうが、「中の人」の自己顕示欲が強いとも言える。ある意味下半身の普段着の方が目立ってるし(笑)。高く掲げたカレー・スプーン、これはあのウルトラマンもやったことのあるポーズですね(知ってる人知っている)。
 で、この戦隊の素性、活動内容はこちらでご確認ください。鳥取ってカレーのルウの消費量が日本一なんですねえ。知らなかった。
 ご当地グルメを宣伝するご当地ヒーローというのは意外に少ない…ん?だいたいカレーは鳥取のご当地グルメなのか?カレーのルウの消費量が日本一ってことでしょ。それだと、たとえば「こくまろ」や「熟カレー」が鳥取の名産ってことになっちゃう(笑)。まあ、いいや。鳥取に特徴的なカレーがあるのかと思ったら、特にそういうわけではないようですね。最近になってコンテストとかやってるようですが。伝統的なものは別にないと見た。つまり、鳥取で食べる(普通の)カレーは全て「鳥取カレー」だということでしょう。ま、それもありかな。ところで、なんで鳥取の方はカレーがお好きなんでしょうね…いろいろ考えてみましたけど、結局わかりませんでした。
20050820_389521 さて、先ほど「カレーンジャー」というのは発音しにくいと書きました。「カレンジャー」だと発音しやすいんだけどなあ、と思ったら、そういう方々もいました。こちらです。こちらはまた、ずいぶんとキャラが違うようですねえ。「カレーンジャー」対「カレンジャー」ってのも見てみたいような。私は当然「カレンジャー」の方を応援しますよ。
 ついでにもう一つ。「カレーはかれー」っていうコテコテのシャレ、日本人なら誰しも一度は言ったことがあるでしょう。実はこれってシャレでも何でもないという説もあるんですよ。あの大野晋先生によれば、古代タミル語の「カリ」は「辛い」という意味だとか。そこから「カリー」という語も、「からし」という語も生まれたというのですから、ちょっと笑っちゃいます。

不二草紙に戻る

|

« レミオロメン 『Flash and Gleam』 | トップページ | 『三島由紀夫と「葉隠」』 北影雄幸 (彩雲出版) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

文学・言語」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/12522641

この記事へのトラックバック一覧です: カレーンジャー:

« レミオロメン 『Flash and Gleam』 | トップページ | 『三島由紀夫と「葉隠」』 北影雄幸 (彩雲出版) »