« 『ヤバいぜっ!デジタル日本』 高城剛 (集英社新書) | トップページ | 『愛ゆえの孤独 〜太宰治の世界〜』 押切もえ »

2006.11.21

ナイトメア 『リヴィド』

B000657m9601_aa240_sclzzzzzzz_ 何事も勉強です。いよいよ本格ヴィジュアル系です。もちろん、女子生徒から半ば無理やり聴かされたわけです。しかし、やはりそれなりに面白い。好きかどうかは別としてとにかく文化論的に面白かった。
 考えてみると、このブログでも自称ヴィジュアル系のイエモンを何回か取り上げてきましたし、吉井和哉さん、この前テレビで元祖ヴィジュアル系(?)美輪明宏さんにもそんなこと言われてましたね、たしか。あと、Gacktさんももちろんそっち系です。
 さて、そんなふうに全体像を見た上で、このナイトメアなるヴィジュアル系バンドのアルバムを聴いてみますと、いろいろと思い浮かぶこともあったりするのでした。
 うん、これはやっぱり日本文化ですな。いちおうこういうヴィジュアル系ロックというのは、日本のオリジナル・ジャンルだと言われています。欧州のゴシック・ロックとは明らかにその音楽性が違いますし。で、こういう男の化粧やら、派手な衣装やら、中世的、中性的な雰囲気やら、ちょっと反社会的、暴力的、メメント・モリ的なイメージやら、こういうのは、それこそ日本の中世に端を発しているように思われます。
 やはり、南北朝期の「ばさら」なんか、そのルーツと言えそうです。婆娑羅という字が持つイメージや、その語源であるvajra=金剛石(ダイアモンド)のイメージも、いかにもっていう感じじゃないですか。佐々木道誉の「立花(リッカ)」なんか、私にはそのままロックに通じる美学があるように思われます。
 そうした流れの上に生まれてくる「かぶき者」の系譜も見逃せません。当初のかぶき者は、どちらかというと戦国武士のマッチョな血が流れていて、いわゆるヴィジュアル系とは雰囲気が違いますが、のち、平和な世が続くに従って、次第に中性的な男性美がもてはやされるようになります。「若衆」ブームですね。浮世絵でも若衆は重要なモチーフでありましたし、そういう絵を当時の腐女子たちが密かに懐に持ち歩いていたのでしょうから。まあ、このへんからBL(衆道)に話がそれると、また面倒なのでやめときます。
 というわけで、現代のヴィジュアル系の様相と、それを取り巻く女性ファンたちの様相を、つぶさに観察すればするほどに、こうした伝統文化の潮流というのが感じられるようになるわけですね。
 どうも、日本においては、ヴィジュアル系ロック文化が下位文化のように語れることが多い。はっきり申して差別的扱いをされます。それにはいろいろな事情があるようですが、しかし、本来、エンターテインメントとしての音楽には、当然ヴィジュアル的な要素が必要であったはずですし、それこそ文化論的には実はメインストリームである可能性すらあるわけです。何しろ、歌舞伎が今のような評価を得ているわけですから。
Nmpr さあ、それでやっとこのアルバムの話です。うん、なかなか音楽的にも面白かった。ヴィジュアル系の王道とも言える、非常にわかりやすい音楽です。ほとんど昭和歌謡のようであると言ってもよい。その、いかにも日本的な旋律および歌詞世界と、エッジの利いたギター・サウンド、そして、あの疑似ヨーロッパ中世的なヴィジュアルとのギャップ。やはりバサラだし、かなりカブいている。とにかく、正直面白いなあ、悪くないねえ、と思いました。
 で、こういうものを支えているのが、いつも言っている「萌え=をかし」の感情であるわけです。これは本来女性的なセンスなのでした。
 そして、この世界の日本語センス、特にネーミング、名乗りのセンスは特筆すべきです。以下、ナイトメアのメンバーの名前を列記しておきます。何をかいわんや。

YOMI/黄泉(ヨミ)
柩(ヒツギ)
咲人(サキト)
Ni~ya(二~ヤ)
RUKA/瑠樺(ルカ)

 ちなみに彼らは仙台っ子です。
 そして、彼らにはもう一つの顔があります。仙台貨物。こういう洒落のセンスも江戸的ですね。

Amazon リヴィド

ナイトメア公式

不二草紙に戻る

|

« 『ヤバいぜっ!デジタル日本』 高城剛 (集英社新書) | トップページ | 『愛ゆえの孤独 〜太宰治の世界〜』 押切もえ »

モノ・コト論」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちワン★
崖にいた野良犬が救助されたニュースを見てホッとしています。
庵主さん奥様はお元気ですか?風邪など召していないとよいですが。
ナイトメアさんたちの宣伝トラックを先日新宿で見かけました。
派手ハデでした。いつの時代もビジュアル系は必ず存在しますねー。
美しさがまぶしいです。
庵主さん吉井和哉さんも好きなんですね!幅広!&感激。私もイエモン時代から気にはなってたのですが最近ファンに返り咲きました。
39108聴きまくりでCALL MEとかWANTED AND SHEEPの入ってるWHITE ROOMも大好きです。独特の怪しさがかっこよすぎです。40代になり益々よいですね!もしかして39TOUR in 武道館行きますか?私は27日です。ただし恐怖(高さが)の立見席;ですが行けるだけ幸せです。
ラストの28日はスカパーフジ721で生放送が決定しましたネ!それを見て覚めやらぬ余韻に浸ろうと思っています。嬉しいなー
ついでにホントの大晦日は松田聖子のカウントダウンも行きます。
聖子は姉が好きで付き合いといいながらも毎年ライブ行ってます。
完全にトピずれで申し訳ありませぬ。
PS 昨日の高城さんの本、BOOKファーストで売り切れでした(><;
代わりに太田光と中沢新一さんの憲法第9条の本を買ってしまった。

投稿: くぅた | 2006.11.22 19:11

いやはや、すごいですねえ!
27日武道館行きますよ!席は2階だったような…。まだよくわかりません。
そう、記事を読んでいただければ解ると思いますが、私は吉井さんにはかなり思い入れがありまして,そして、ご近所ですし、ちょっとしたご縁(遠い縁ですが)もあって、あんなふうにサインまでいただいちゃいました。
松田聖子様も尊敬申し上げております。
高校時代は本気で結婚しようと思ってましたし、大学時代には聖子バンドもやってました。
今度の日曜日のライヴでも、聖子様やらせていただく予定ですし。
カウントダウン、うらやましすぎです。
とにかく、私の音楽の趣味はメチャクチャですね。
音楽カテゴリーを見ての通りです(笑)。
てか、全てのカテゴリーがメチャクチャです。
というより、カテゴリーもメチャクチャですね。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2006.11.22 19:26

ぎゃー、一人騒いでおります。度々おじゃましてスミマセン。
和哉様のご、ご近所?なぬー?←死語
CDのサイン、Dear Friendとは!ただならぬ仲ではないですか!
崇拝申し上げている和哉様。(あれレミオはどこに?)
今晩より富士山方向に足向けません!(大雑把な方向すぎ)
聖子様(これから「様」つけます!)バンドいいですね!歌いたい♡
彼女のタフさと変わらぬ可愛さには毎年感心します。ファン層も広がって今や親子で見に来てますものね~。
>奥様!コメントありがとうございます。お元気でなによりです。
私もバッチリ★12月のライブに向けて身体を鍛え調整しています。
ご主人コメで読みましたがレミふるさと訪問ツアーのご計画、
ほ、本当に実現するんですかぁあ?
マジで参加させていただきますのでッ。ぜしリストに入れてください!

投稿: くぅた | 2006.11.22 20:59

いや、吉井さんのDear Friendは妄想です。
サインはホンモノですけどね。
でも、リンクにある私のエッセーを読みますとですねえ、
39108のある曲につながってるのが分かるかもしれません。
これはナイショですけどね(笑)。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2006.11.22 21:17

エッセー一気に引き込まれて読みました。
最後のお子さんのところで涙しました。(最近よく泣くなー)
ある曲とは"ポジネガマン"ですか?
深い・・・
あー、書き込みしすぎで嫌われちゃう;

投稿: くぅた | 2006.11.22 21:53

正解!さすが聞き込んでますね。
私は人を嫌いにならない人なのでご安心を(笑)。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2006.11.22 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/12728919

この記事へのトラックバック一覧です: ナイトメア 『リヴィド』:

» GacktのCDの000 [芸能界最近注目の000]
歌手Gackt(年齢非公表)からクリスマスプレゼント! 01年から5年連続で発売している「12月のLove song」にインストゥルメンタル4曲を加えた9曲入りCDボックスが来月13日に発売される。 [続きを読む]

受信: 2006.11.22 16:44

» トラバ [ヴィジュアル系バンド ナイトメア紹介ブログ]
最近人気になって来たナイトメア。彼等は何者なのか・・・ [続きを読む]

受信: 2007.05.12 14:49

« 『ヤバいぜっ!デジタル日本』 高城剛 (集英社新書) | トップページ | 『愛ゆえの孤独 〜太宰治の世界〜』 押切もえ »