« 『インドネシア・スマトラの音楽 アチェと西スマトラのムスリム音楽』 (「イスラムの音楽」第15集) | トップページ | レミオロメンの原点! »

2006.11.16

都市のバックアップ〜小松左京の言葉から

Skomatsu わ〜い、いつのまにか30万アクセス達成!!塵も積もれば山となる。あっ、すみません、皆さんの有難いご訪問を塵だなんて…。ごめんなさい。本当にありがとうございます。さてさて、今日はそんな「集積」のお話など…って、全然反省してないやん。
 一昨日放送されていたBSフジの「メッセージ.jp」を録画で観ました。メッセージの主はSF作家小松左京さん。いろいろと含蓄のあるお言葉をいただきいい気分です。戦後すぐの頃から骨太のSFを書き続けている小松さん。私も子どもの頃にずいぶんとお世話になりました。ここのところ、全然読んでませんね。今読めば、きっと単なるフィクションとしてだけではなく、それこそいろいろなメッセージを読み取れるような気がしました。
 左京さんのお言葉の中で、なるほどそうだあ、ああこれもやっぱりあれだな、と思ったのが、名作「首都消失」にかかわる発言。首都がなくなったらどうなるか、コピーをとっとかなきゃ、みたいなことをおっしゃってました。この前、書きましたように、私は、都市化とは「コト化」だと考えています。情報を箱に詰める作業のような感じでしょうか。それで、固定していく。エントロピー増大則に従うまつろわぬ「モノ」どもを統制下に置いていくんです。人間の脳がそういうふうに出来ている。脳内でも、「コトの葉」を使って、分別して、区画して「コト化」を進めます。その欲求には限りはなくて、とにかくどんどん集積していく。それが例えば東京のような都市になっていくと。
 これって、ハードディスクなんかがどんどん大容量化していって…つまり、どんどんデータを入れたくなるわけですね、一ヶ所に…、それに不思議な快感を覚えるのといっしょですね。さらに、不思議なことに、私もよく経験しますが、快感とともに妙な不安も抱く。これが壊れたらそれこそ全滅だな、今まさに壊れるかもしれない、って。だからバックアップ取るんです。
 養老先生が都市化とは「脳化」であるとおっしゃっていますが、私はちょっと違った視点でそれを「コト化」と言っているのだと思います。そして、「コト化」を表す動詞が「カタル」であると。そうして、どんどん語られ、騙られていく「モノ」たち。閉じこめられた「モノ」たちが再び拡散するのが、カタルシス(語る死す…なんて、これはシャレっす)じゃなくて、クライシスですね。人間だったら、脳の損傷だったり、ボケだったり、まあ究極的には「死」ですか。ハードディスクも5年もしないうちに死亡しますね。落としても損傷しますし、ほっといてもボケたりします。
 では、都市はどうでしょう。これはやはり人間の脳に近いんでしょうね。デジタル化できませんから、コピーを取りにくい。完全なバックアップは不可能です。しかし、左京さんの言うように、似たものをいくつか作っていろいろな所に配置しておくというのは、実際ありかもしれませんね。首都移転ではなくて、首都複製でしょうか。
 ま、こんな妄想をいろいろとしてしまったんですが、たしかに小松左京さんの先見の明は素晴らしいし、洞察力の深さ鋭さは尋常ではありませんね。久々に読み返してみたくなりました。近い内に必ず。

不二草紙に戻る

|

« 『インドネシア・スマトラの音楽 アチェと西スマトラのムスリム音楽』 (「イスラムの音楽」第15集) | トップページ | レミオロメンの原点! »

モノ・コト論」カテゴリの記事

文学・言語」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

自然・科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/12697880

この記事へのトラックバック一覧です: 都市のバックアップ〜小松左京の言葉から:

« 『インドネシア・スマトラの音楽 アチェと西スマトラのムスリム音楽』 (「イスラムの音楽」第15集) | トップページ | レミオロメンの原点! »