« おめでとう!若き日本画家たちに期待します…in山形 | トップページ | 『樂ってなんだろう』 樂吉左衛門 (淡交社) »

2006.11.12

『CALLE54』 フェルナンド・トルエバ監督作品

4517331080046_1 この素晴らしい映画をおススメするのを忘れてた。ラテン・ジャズを知らない人、いやジャズを聴かない人、いや音楽に関心のない人でも、とにかくだまされたと思って観て聴いてみてください。絶対に「いい!」と思うはずです。
 アカデミー賞受賞監督フェルナンド・トルエバによる音楽ドキュメンタリー映画です。CALLEは「カジェ」と発音するんですね。スペイン語でしょうか。streetということ。マンハッタンの54番街というところは、ラテン・ジャズのメッカなんだそうです。そこを舞台にした素晴らしい音楽が収録されています。現代を代表する多くのラテン・ジャズ・ミュージシャンが目白押し。
 なんて、私、ラテン・ジャズには詳しくありませんので、正直知っていたのはミシェル・カミロくらいなもんでした。でも、名前を知ってるか、顔を知ってるかなんていう、いわゆる知識なんてものは、音楽の享受にはそれほど重要な要素ではないということが、この映画を通してはっきりわかりますよ。それほどすごい。
 この映画の素晴らしいところは、そうしたすごい演奏が実にシンプルに、しかしていねいに記録されている点です。簡単なミュージシャンの紹介のあと、すぐにスタジオ・ライヴ映像。落ち着いていて、自然な流れのカメラワーク、奏者も楽器も双方とも美しい。そして、演奏終了後の、あのなんとも言えない空気を、しばらくの間収めています。充実感と幸福感にあふれる奏者たちの表情もまた、私たちに至福の時を与えてくれます。
 この監督さんは、本当に音楽を愛している。音楽を、楽器を、人間を愛している。それが伝わってくるんですね。だからこそ感動する。
 こういうものを見せられ、聴かせられると、本当に人間ってすごいなと思います。楽器を演奏するテクニックだけとっても、もう宇宙で最高レベルの曲芸だと思いますけど、もちろんそんなことよりも、あの「息が合う」感じ、アンサンブルの妙は、ある意味宇宙という存在すら超えてしまっているのかもしれない。物理法則とか、そんなスケールではなくて、魂の部分での共鳴が起きている。こういう体験をしている時には、人間というのは素晴らしい存在だと思います。捨てたもんじゃないなって。
 あと、これも書いておきましょう。やっぱりピアノって打楽器ですね。ラテンのスピリットが、ピアノの本来の機能を目覚めさせているのでしょう。どのピアノも非常にパーカッシヴでかっこいい。
 とにかくこれを観ずして死ねない!というほどの名盤DVDであります。絶対におススメ。以下に一応内容を記しておきます。
1 Panamericana - Paquito D'Rivera /sax、clarinet
2 Samba Triste - Eliane Elias /piano
3 Oye Come Viene - Chano Dominiguez /piano
4 Earth Dance - Jerry Gonzalez /flugelhorn、conga
5 From Within - Michel Camilo /piano
6 Bolivia - Gato Barbieri /sax
7 New Arrival - Tito Puente /timbales、vibraphone
8 Caridad Amaro - Chucho Valdes /piano
9 Afro-Cuban Jazz Suite - Chico O'Farrill /big band
10 Lagrimas Negras - Bebo Valdes Cachao / piano、base
11 Compa Gayetano - Orlando 'Puntilla' Rios Carlos 'Paato' Valdes / vocal、conga
12 La Comparsa - Bebo Valdes Chucho Valdes / piano

Amazon CALLE54

不二草紙に戻る

|

« おめでとう!若き日本画家たちに期待します…in山形 | トップページ | 『樂ってなんだろう』 樂吉左衛門 (淡交社) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/12660029

この記事へのトラックバック一覧です: 『CALLE54』 フェルナンド・トルエバ監督作品:

« おめでとう!若き日本画家たちに期待します…in山形 | トップページ | 『樂ってなんだろう』 樂吉左衛門 (淡交社) »