« 『暇つぶしの時代−さよなら競争社会』 橘川幸夫 (平凡社) | トップページ | 『正しく生きるとはどういうことか』 池田清彦 (新潮OH!文庫) »

2006.09.13

『子育てなまはげ宿泊ツアー』(男鹿市)

Namahage113 秋田県男鹿市が企画したナマハゲ体験ツアーです。これはおススメ!でしょう。できればウチも行きたい。
 昨年男鹿市のなまはげ館に行って泣いてしまった私。いや、こわくて、じゃないですよ。感動してです。ホント今思い出しても涙が出てきますよ。それについてはこちらの記事をぜひとも御覧下さい。
 とにかく日本の自然や神道のダイナミズムと、それらに包まれた家族像、親子の絆、そしてもちろん「モノ(ノケ)」のおそろしさと恵み、そういったものを見事に抽象し、継承していると感じました。
 私は記事の中で、これは全世界必修だ!みたいなことを言っていますが、とりあえずこうして希望者だけでも体験できるようになったのは朗報ですね。いずれは国会で「なまはげ法」が成立し、全国でご当地なまはげが誕生することを祈ります(まじで)。
 ところで、なまはげって鬼みたいですけれど、男鹿は海に面してますからね、海からやってきた異人でしょうか。赤い顔したロシア人でしょうかね。だいたい鬼のモチーフは異民族ですからね。
 さあ、男鹿市観光協会のみなさん、ぜひとも参加者の皆さんをお客さん扱いせず、本来のパフォーマンスをお願いいたします。決して甘くならないように。甘くなっては意味がありません。本気で泣かしてやってください。そして、親たちにも厳しい問答を。
 あっそうそう、ついでになまはげにちなんだ秋田県のご当地ヒーロー超神ネイガーもよろしく!ヤマナシマンよりずっと強そうっすね。

不二草紙に戻る
 

|

« 『暇つぶしの時代−さよなら競争社会』 橘川幸夫 (平凡社) | トップページ | 『正しく生きるとはどういうことか』 池田清彦 (新潮OH!文庫) »

モノ・コト論」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/11887358

この記事へのトラックバック一覧です: 『子育てなまはげ宿泊ツアー』(男鹿市):

« 『暇つぶしの時代−さよなら競争社会』 橘川幸夫 (平凡社) | トップページ | 『正しく生きるとはどういうことか』 池田清彦 (新潮OH!文庫) »