« 『音楽の基礎』 芥川也寸志 (岩波新書) | トップページ | 『世間話の研究』 柳田国男〜「カタリ」と「ハナシ」 »

2006.09.07

『COOL JAPAN スペシャルin Paris』

発掘!かっこいいニッポン
2006jep お〜、またNHKネタだ。そしてまたオタクネタだ。うん、まさに日本の貴族文化だあ!
 というわけで、昨夜放送分の録画を観ました。夏にパリで開かれたジャパン・エキスポの会場で収録された「COOL JAPAN スペシャル」。フランス人と日本人のハイブリッドちゃんと一緒に鑑賞。娘のお友達の女の子です。ちなみに彼女のお父さん(フランス人)は、全然オタクじゃないので日本文化萌え〜ではありません。どちらかというと問題点を多く見出しているようです。やはり日本に来たくて来たんじゃなく(つまり仕事で来ている)、どっぷり日本の田舎の生活に漬かっていると、うんざりすることも多いのでしょう。
Moet 一方、この番組に出ていたフランス人は…はっきり言ってやばい。オタク度ということで言えば、日本のオタクたちに優るとも劣らない。だいたい彼ら彼女ら、日本に来たことなんてほとんどないんですよ。だから、結局ヴァーチャル・ジャポン?に憧れてるわけでして、まあ、だからもうその意味でオタクなのでした。現実はそんなに甘くない!…なんてことをオタクに言ってしまうのは野暮ですね。
 こういったオタク外人って世界に何十万人もいると思いますけど、中でもフランスのオタクは熱いというイメージがありますね。この前「もえたん」のところでも書きましたけど、浮世絵の受容具合なんか異常でしたからね。モネもルノワールもゴッホもかなりのオタクだったということでしょう。彼らもヴァーチャル・ジャポンに憧れたわけですし。
 さて、今日パリで紹介されたCOOL JAPANを列挙しておきましょう。日本人である皆さんはどう思いますか?

 (回転)寿司・しょうゆご飯・ふとん・地下足袋・ランドセル・お面・金魚すくい・渋谷系ファッション・女子高の制服・プロレス・パラパラ・コスプレ・メイドカフェ・メイド服・囲碁・七夕の短冊・マンガ・剣道・折り紙・武士道・J-POP・畳・こたつ・シャワートイレ・ふろしき・のし袋・招き猫・かんざし・箸・ルーズソックス・軍足・着物・オムライス・障子・幕の内弁当・カプセルホテル

 私はけっこうオタクたちに共鳴しましたが何か?たしかになんとなく「萌え」の要素があるのは分かる。ほとんどのアイテムについて私も文化論的に語ろうと思えば語れますね。フランス人にそれらしく語っちゃえる自信はありますよ。
 誰かも言っていましたが、これからはこういったコンテンツの輸出に国として力を入れるとよいでしょう。世界平和のためにもね。あれ?そう言えば、肝心のアニメが一回も出てこなかったような気がするなあ。なんでだ?

不二草紙に戻る

|

« 『音楽の基礎』 芥川也寸志 (岩波新書) | トップページ | 『世間話の研究』 柳田国男〜「カタリ」と「ハナシ」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

モノ・コト論」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

美術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/11804815

この記事へのトラックバック一覧です: 『COOL JAPAN スペシャルin Paris』:

» 萌え絵のお国柄 [Choo Choo Train]
秋葉原で行われた自民党総裁選の街頭演説で、麻生候補はさかんに日本のソフトパワーの強さを強調し、それを前面に押し出していこうと主張していたようですが、世界には日本文化に萌えている人たちが数多くいるようです。 お気に入りBOXに入れたこのサイトで紹介されていた『COOL JAPAN スペシャルin Paris』をBS1でやっていたので見たのですが、フランスの日本文化オタクの日本萌えぶりがなかなかの見ものでした。 http://fuji-san.txt-nifty.com/osusume/2006/09/... [続きを読む]

受信: 2006.09.10 22:38

« 『音楽の基礎』 芥川也寸志 (岩波新書) | トップページ | 『世間話の研究』 柳田国男〜「カタリ」と「ハナシ」 »