« 『忘れえぬことば』 大村はま (小学館) | トップページ | 『コイクル/ハレ☆ソラ』&『おねがいマイメロディ~くるくるシャッフル! ドリーム! ドリーム! ドリーム!』 »

2006.06.03

初夏の味覚

Gfi こちら富士山麓もようやく初夏の風が吹いて参りました。とは言え、夕方からは相変わらず冷える冷える。今日は家庭訪問だったのですが、最後のお宅では、しっかりコタツに火が入っておりました。
 一仕事終えてウチに帰りますと、写真のような料理が並んでおりました。今日は静岡から父が来ており、そのお土産も含めまして、海の幸、山の幸、そしてお酒、お茶が揃いました。
 まずは家の庭から採った「ふき」ですね。ウチは放っておくと蕗の林になってしまうほどの蕗の名産地です。富士山の蕗は比較的小型でありますが、その独特の苦味と芳香はなかなかのもの。小粒でピリリです。それを、ふきの本場秋田の山の民(山の神さん)が煮物とみそ汁にしました。これが旨いんだなあ。庭で採れる山菜はみんな生命力にあふれています。ちょっと疲れ気味でしたが、心なしか元気になったような気が。
 静岡の海の民が買ってきてくれたのは、駿河湾限定さくらえびの釜ゆでと芝川町のお酒「富士錦」です。さくらえびの旨さはこちらに書いた通りです。生食、てんぷらもいいものですが、この釜ゆでもたまりませんね。
 「富士錦しぼりたて原酒」は、コンビニでも売っている比較的手に入りやすいお酒ですね。でも、いかにも富士錦らしいクセのない、どちらかというと地味ではありますが、日本酒らしい日本酒です。あまり自己主張しないので、料理の旨味を損ないませんね。けっこう好きなブランドの一つです。
 食後にはやはり静岡の新茶でしょう。山梨の人はお茶の入れ方、飲み方を本当にご存知ない。というか、全国的にはそんなものなのでしょう。静岡の方々がぜいたくな飲み方をするんでしょうね。新茶には新茶の入れ方、飲み方があるわけですが、あんまりそんなこと気にしないのが普通なのでしょうか。もったいないですね。あのとろみ、苦味、甘味のハーモニーを味わわないなんてねえ。ダメですよ、熱湯ゴボゴボ注いで、何杯も何杯も入れちゃあ。
 まあ、とにかくこういういかにも日本らしい食卓というのが、一番和みますし、また活力源になるような気がします。日本人で良かったなあ、と思う瞬間でありました。

不二草紙に戻る

|

« 『忘れえぬことば』 大村はま (小学館) | トップページ | 『コイクル/ハレ☆ソラ』&『おねがいマイメロディ~くるくるシャッフル! ドリーム! ドリーム! ドリーム!』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ドリンク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/10384815

この記事へのトラックバック一覧です: 初夏の味覚:

« 『忘れえぬことば』 大村はま (小学館) | トップページ | 『コイクル/ハレ☆ソラ』&『おねがいマイメロディ~くるくるシャッフル! ドリーム! ドリーム! ドリーム!』 »