« 回向之事(高野山持明院) | トップページ | ディズニーランドの耳に思う »

2006.06.06

モントリオール・ジャズ・クラブ

Montreal Jazz Club
B000676ruy01_scmzzzzzzz_ お洒落な夜…なんてのを演出したくなる時が、年に一度くらいありますよね。照明を少し暗くして、一人グラスを傾ける(日本酒じゃダメっす)。
 別に理由はないんですけど、いつもなら10時に寝てしまうところ、今日はNEOを観るために11時まで起きてなきゃいけないので、家族がみんないびきをかいているのをいいことに、ちょっとやってみたのです。いつもは朝早く起きて一人の時間をゲットしているんですが、この季節はもうガンガンに明るいし、「カッコー カッコー」とか鳴いちゃってるし、ムードないんですよね。だからちょっと…。
 さて、そんなムーディーな夜を演出するのに必要なのは、ジャズです。それもアダルトでちょいアンニュイなやつ。というわけで、これはいいですよ〜。
 いや、実は昼間は聴けないんですよ。気恥ずかしいくらいムーディーなんで。しらふだとキツいくらい。
 MJCがどういうグループなのかよく知りませんけれど、とにかくお見事な雰囲気づくりに成功しています。まずは選曲が渋い。スタンダードをアレンジしてるんですけど、ほとんどが短調なバラードであります。
 楽器編成もいかにもですね。女性ヴォーカルとピアノを中心として、ヴァイオリン、アコーディオン、サックス、弦楽四重奏など。そりゃあオシャレですよね。
 で、実は聴いてて気づいたんですけど、やっぱりワタクシのような日本人にとっては、楽曲や楽器よりも何よりも、「言葉」かもしれませんね。そう、モントリオールですからカナダなんです。カナダですので、フランス語と英語なんです。で、このアルバムでは3曲だけが英語で、あとはフランス語というわけ。英語もわかりませんから、フランス語なんてもちろん私はわかりません。わからないからこそ、なんだかオシャレということなんでしょうね。
B000a16sl401_scmzzzzzzz_ 私はNMLで聴きました。このアルバムを出しているAnalektaはカナダのレーベルでして、クラシックでなかなか魅力的な作品を発売しています。バロック音楽もなかなか充実していますよね。ジーン・ラモンのターフェルムジーク管弦楽団もたくさん録音しています。モントリオール・ジャズ・クラブではこちらも同様の出来でして、なかなか洗練された音楽を聴かせてくれます。
 よろしかったら、みなさんもお洒落な夜を演出してみてください。

Amazon モントリオール・ジャズ・クラブ Montral Jazz Club: Session 2

不二草紙に戻る

|

« 回向之事(高野山持明院) | トップページ | ディズニーランドの耳に思う »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/10425218

この記事へのトラックバック一覧です: モントリオール・ジャズ・クラブ:

« 回向之事(高野山持明院) | トップページ | ディズニーランドの耳に思う »