« モーツァルト 「ヴァイオリン・ソナタ集」 若松夏美・小島芳子 | トップページ | パンダ再び受難…天災か人災か? »

2006.05.22

『私はどうして私なのか』 大庭健 (講談社現代新書)

406149651409_pe00_ou09_scmzzzzzzz_ 「哲学」…全ての学問の基礎なのにもかかわらず、どういうわけか日本では誰も教えてくれません。大学で専攻でもしないかぎり、学問としての哲学に触れる機会は、ほとんどの人にとって皆無でしょう。
 哲学の歴史に触れることはできます。高校の「倫理」の教科書ですね。私も高校時代読みました。テストも受けました。しかし、何も哲学できませんでした。わけわからない言葉と人名のペアリングという印象しかない。で、最近になってこんなマンガを読んだりしてみたんですが、やっぱりよく分からんのですね。
 当たり前ですけど、哲学って、自分で考えるものなんです。人の考えたことなんて、上からなぞっても実感できっこない。ものすごく頭がいい人でないと、それは無理ってものです。実際哲学科がある大学って偏差値超高い。
 それでは、どうすれば哲学できるかというと、まあ結局自分の仕事や趣味や、その他の生活一般の中で無意識的にするしかないわけですね。歳をとるとちょっとそういう瞬間が増えます。難しい言葉や概念抜きに「人生哲学」は語れるようになるわけです。
 で、自分は最近、このブログでけっこう哲学してるんですよ(笑)。そう、哲学なんて誰のためにもならない。自分のためにもなってないかもしれない。単なる自己満足。いや、どこまでも不満足なのかもしれない。ああそうか、その不満足の連環こそ哲学なのか。なんちゃって。
 で、哲学っぽい自己問答の端緒ってこれじゃないですか?「私はどうして私なのか」。いわゆる自我の目覚めは、この問答から始まるんだと思います。そして全ての哲学は結局ここに収斂する。一見世界のこと、宇宙のことを考えているようですけれど、実は究極のエゴだったりして。それを仕事にしている哲学者ってすごい勇気のある人たちですね。
 そう、それで「私はどうして私なのか」という究極の問いをタイトルにしたこの本を読んでみました。読んで答えが分かったらどうしよう…なんていう不安をいだきながら。
 そうしたらやっぱり分かりませんでした!ああよかった。だって「そうか!」って解せちゃったら、なんか死んじゃいそうな予感がするじゃないですかあ。自分なりの方法(例えば「モノ・コト論」)の意味がなくなっちゃうわけですから。
 この本はどういうアプローチかと言いますと、いわゆる「分析哲学」であります。構造主義やポスト構造主義なんていう最上のオタク的お遊び(失礼!)よりは、多少本腰すえてやってるな、っていうイメージがありました。「現象学」とともに。
 で、この本は、その分析哲学の最も易しい本であると評判なものなんです。難解な学術用語をほとんど使わずに記していると。だから、「そうか!」の可能性もあると予感して戦慄していたんですよ。そしたら、ありゃりゃ、やっぱり全然分からないじゃないですか。ふう、助かった…。
 というわけでして、ほとんど理解できませんでした。よって、内容の紹介はできません。すみません。言ってることは分かる(ところもある)のですが、究極の問いに対する答えは出ませんでした。う〜ん、なんというか、頭悪いってやだなあ、いや、適度に頭悪くてよかったなあ…そんな自己矛盾に実に居心地の悪さを感じるんですよね。悔しいようなホッとするような。
 ぜひ皆さんもこの究極の哲学的問いに挑戦してみて下さい。なんて大きなお世話か。さっき言ったように、みんな毎日を生きながら無意識的に哲学してるわけでして…。さ〜て、私もがんばろう。ちょっとズルして、次は「現象学」の本読んでみます。眠くなりそうだなあ。

Amazon 私はどうして私なのか

不二草紙に戻る

|

« モーツァルト 「ヴァイオリン・ソナタ集」 若松夏美・小島芳子 | トップページ | パンダ再び受難…天災か人災か? »

教育」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/10189491

この記事へのトラックバック一覧です: 『私はどうして私なのか』 大庭健 (講談社現代新書) :

« モーツァルト 「ヴァイオリン・ソナタ集」 若松夏美・小島芳子 | トップページ | パンダ再び受難…天災か人災か? »