« 『ムーンウォーカー』 マイケル・ジャクソン原案・主演・制作総指揮作品 | トップページ | 『スキージャンプ・ペア~Road to TORINO 2006~』 »

2006.04.03

『ナップヴァイーブ(居眠り防止アラーム)』 Takanoha &co.,Ltd.

Napvieeb NHKの「まちかど情報室」&「トレンド情報」は、今年度も継続しております。ただし、トレンド情報は8時頃に格上げ?され、より多くの方の目に触れるようになったと思われます。いいことです。GJ!NHK。
 今日の「まちかど情報室」で紹介されたこの居眠り防止装置、なかなか面白そうですね。私自身は一日一食にしてからというもの、めっきり眠気が来なくなり、よって仕事中の居眠りの心配はあまりありません。ただ、夕食を食べると反射的に眠くなるので、そうですねえ、あえて言えば飲み会の時とかに必要かも。
 あと、本来の目的、運転中の居眠り防止ですね。これは必要ですね。長距離ドライバーさんたちにも売れてるとか。私も秋田に行く時なんかに使おうかな。
 それと、なんと言っても、授業中に生徒に使わせたいですね。特に昼食後の5時間目とか。昔は目の下にメンタム塗ったり、ももに画鋲を刺したりして、眠気をこらえた、なんていうこともありましたが、今やハイテクの時代です。
 でも、ノートをとったりするためにちょっと下を向くとブーンってなっちゃうのかな。それは困るな。というのは、仕組みとしては簡単なんですよ。頭が前に傾くと、金属の玉がコロコロと転がってスイッチ代わりになるというものです。ということは、急ブレーキ踏んだ時にも、慣性でスイッチオンになるってことかな?まあ、そんな時は、ブーンとなっても構わないか。
 だけど、たまにいるんだよな。後に向かってガクッってなるやつ。口開けて。その場合は逆に装着しなくちゃね。両方感知するような新製品を作るとか。
 しかし、人間というのは、慣れという特技を持っているものでして、たぶん常習犯はブーンにも慣れてしまって、堂々と寝るようになっていくんだろうなあ。だから、回数を重ねると電流が流れて、それもだんだん電圧が上がるとかしとけば、しばらくは大丈夫でしょう。まあ、それは冗談としても、ヴァイブとトーン、さらに電撃みたいなのを選べたり組み合わせたりできればいいなあ。
 また、タイマー機能をつけておけば、目覚まし代わりにも使えますね。次のヴァージョンには、ぜひそのような付加価値をつけてほしいですね。いろいろと工夫次第では新しい商品展開ができると思いながら見てました。
 あっそうそう、私、会議とか講演とかの最中に眠くなったら、気づかれないようにあることをして眠気を退散させます。それは…「空気いす」です。そう椅子にすわったまま何喰わぬ顔をして、座面から1ミリだけお尻を浮かせるんですよ。これは気合いがいります。ついでに上半身にも思いっきり力を入れるんですよ。何喰わぬ顔でね。
 その何喰わぬというのが、実は一番難しいので、そんなことに一生懸命になっていると、あっという間に眠気は退散します。これはなかなかいいですよ。お試しあれ。ただし、運転中はやめましょう。永遠の眠りについてしまいます。

ナップヴァイーブ

耳にかけるだけで、角度感知装置が作動! 居眠り防止アラーム!ナップアラーム

不二草紙に戻る

|

« 『ムーンウォーカー』 マイケル・ジャクソン原案・主演・制作総指揮作品 | トップページ | 『スキージャンプ・ペア~Road to TORINO 2006~』 »

もの」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

いつもコメントありがとうございます。

それにしても気合いが入りますね。
何食わぬ顔で「空気いす」

そういえば先日ギネスに挑戦したイベントがありました。結果は失敗だったようですが、
965人までいったようです。

投稿: 宙昴 | 2006.04.04 14:49

宙昴さん、どうもです。
相模原かどこかのイベントですよね。
まったく面白いことを考える人がいるものです。
なんて、私の空気いすもかなり変な行動ですよね。
微妙に顔はほほえみ気味で…。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2006.04.04 15:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/9411467

この記事へのトラックバック一覧です: 『ナップヴァイーブ(居眠り防止アラーム)』 Takanoha &co.,Ltd.:

« 『ムーンウォーカー』 マイケル・ジャクソン原案・主演・制作総指揮作品 | トップページ | 『スキージャンプ・ペア~Road to TORINO 2006~』 »