« 3月9日再び〜「縁」と「恩」 | トップページ | 『芸術のわな(How Art Made the World)』 BBC2005 »

2006.03.10

『加賀鳶 純米大吟醸 極上原酒』 福光屋

kagagokujo200 金沢で薬学のお勉強をしている卒業生に買ってきてもらったお酒です。マジうますぎでした。少しずつ飲もうと思っていたのに、最近嬉しいことが多いので(いや、ストレスが多いのかな?)、ついつい手酌が進んでしまいます。
 福光屋さんは、純米酒のみ醸すこだわりの蔵元です。
 なんでも2002年からそういうことにしたそうでして、大きな酒蔵さんとしてはほとんど全国で唯一の存在だとか。
 うん、たしかにうまかった。原酒のイメージからはほど遠い軽さなんですよ。アルコール度数も原酒としては少し低めです。原酒にありがちな濃厚なねっとり感はほとんどなく、さらっとしています。水が加えられていないとは思えない。こういう醸し方もあるんですね。しかし、芳香は豊かでかなり自己主張してきます。鼻と舌で感じるアンバランスさ、もちろん今までの経験から作られた私のバランス感覚、というかアンバランス感覚ですが、それが不思議と心地よいのです。
 おいしい原酒でも、今日は氷を浮かべてみようかなとか、富士山の水で少し割ってみようかなとか、ちょっと邪な道に走ることがあります。それが原酒の楽しみでもあったりするんですが、今回は全くそんな気がしませんでしたね。そのままいただくことしか頭にありませんでした。かなり気に入りました。
 福光屋さん、いろいろな銘柄のお酒を売りだしています。その中で「加賀鳶」は「粋=キレる辛口」がコンセプトだそうです。たしかによくキレてますね。今度は違うブランドを買ってきてもらおうかな。他のお酒も飲んでみたくなったのです。福光屋さんのサイトがなかなか充実しており、見ればみるほど読めば読むほどムラムラと…。
 特にサイト内の「酒蔵塾」、とってもわかりやすく勉強になります。ぜひご一読を。

福光屋
酒蔵塾

加賀鳶 純米大吟釀極上原酒 1800mlサイズ

不二草紙に戻る

|

« 3月9日再び〜「縁」と「恩」 | トップページ | 『芸術のわな(How Art Made the World)』 BBC2005 »

ドリンク」カテゴリの記事

コメント

そんなに気に入っていただけました?
その言葉だけでも嬉しいですが受験生も一段落したようですし、
本当に祝い酒になってくれて私としても嬉しい限りです。
もし本当にご注文されるのならご連絡はお早めに。
でないと軍資金が足りなくなってしまいます(笑)。
職場の方々にも良かったら伺ってみてください。
ちなみに小堀酒造店さんのブランド「萬歳楽」の「加賀梅酒」も
先日の飲み会の際にいただいたんですけれど、美味しかったのでお勧めです。
甘さがしつこ過ぎなかった…はずです。
残念ながら私は一杯しかいただいていないので記憶があやふやで…。
とても美味しく、また飲みたいと思ったことだけは確かです。
こちらは目の前の席に座っている方にも話を伺ってみてください。
それではまたの機会にお会いいたしましょう。

投稿: 卒業生 | 2006.03.11 04:07

おう、卒業生さん、ホントごちそうさまでした。
マジうまかったよ〜。今までのベスト5には確実に入るな。
いつのまにか本当に「日本酒通」になったねえ。
ゆっくり飲もうや。
(ん?何歳だっけ?ま、いいや)
次もおススメのやつを頼むよ。
卒業生さんの舌は確かなようだから(笑)。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2006.03.11 13:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/9021276

この記事へのトラックバック一覧です: 『加賀鳶 純米大吟醸 極上原酒』 福光屋:

« 3月9日再び〜「縁」と「恩」 | トップページ | 『芸術のわな(How Art Made the World)』 BBC2005 »