« ルイス・クラーク 『透視画法』 | トップページ | 想定外は素晴らしい(レミオロメンのチケットゲット!) »

2006.03.01

BOSE 『MM2』&『M3』

MM2B 昨日の記事で、昔の私がけっこう根性のあるオーディオ・マニアであったことを書きました。でもまあ、当時の男なら、スピーカーやアンプくらい自作するのが当たり前ですよね。特にスピーカーは。私も周囲の友人に負けじと、NHKブックスかなんかを参考に一生懸命計算して、3way5unitのバスレフスピーカーを自作しました。今考えれば、メチャクチャな設計なんですけど、結婚するまでずっと愛用してました。
 で、結婚&蘊恥庵(自宅)建築とともに、そういった過去の暗い?遺産は全面的に封印しました。今となっては、なにかもったいない感じもするのですが、新婚当時の、あの特別な雰囲気…鎖国を解いて文明開化(黒船来襲ではありません…?)というか、に流されて、とにかく維新が起きて、ライフスタイルが変わっちゃったわけですよ。
 その一環として買ったのがこちらBOSEのMM2。新築のオシャレなリビングに自作のダサいスピーカーはちょっと…ということです。その後の黒猫来襲によって、ちょっと破損しましたが、いちおう現役です。
20060301-00000008-zdn_lp-sci-thum-000 あ、そうそう今日appleからまたまた魅力的な新商品が出ましたね。iPod Hi-Fiです。まったくうまいなあ、商売が。お値段も手ごろですし、また売れますね。ちなみにウチでは、iPodはあえて買わず、粉爺(?!)を使っていろいろな意味で楽しんでおります。で、リビングで粉爺を使うときにつないでいる外部アンプとスピーカーがMM2というわけです。
newcubep2 MM2のサテライトは本当に超小型です。左の写真を御覧いただければ分かりますよね。これをカーテンレールの上にポコっと乗せてあります。ほとんどカーテンレールと一体化していますので、お客さんは「え?どこから音が出てるの?どこにスピーカーがあるの?」って感じです。いや、それほどいい音がするんですよ。こんな小さなユニットですが、18畳半吹き抜けの部屋を充分に響かせられるんです。もちろん、ベースモジュールはそれなりの大きさですけれど、それでもかなり小さい。それがまた実に豊かな低音を再現します。
 坊主いやBOSEさんの説明によりますと、サテライトのユニットの口径は50ミリとのこと。スピーカーは小さければ小さいほど、理想的な点音源に迫るということらしい。たしかに定位もかなりはっきりとしています。ベースモジュールは一つしかないのに、低音楽器もきれいに定位しますよ。はやりの5.1chと同様の理屈ですね。人間の不得意部分を逆手にとった発想です。ある意味だまされてるんだよな…。
p1 あさって発売のM3もすごそうですねえ。今度は50ミリのユニットだけで完結です。つまり、超低音も50ミリで鳴らしちゃう。ウワサでは本当に信じられないほどの再現力らしい。いや、再現力が高すぎて、いわゆる圧縮系の音源では、そのあらがバレバレになってしまうそうです。さすが、あくまで「モニター・スピーカー」だと言い張るだけのことはある。すごい技術ですなあ。やるな、小坊主。
 もはやこうなると、自作とかなんとかというレベルではなくなるわけでして、もう職人の技の前にひれ伏すしかない、というか、こちらに選択の余地などなくなってしまうのです。オーディオの世界こそ、デジタル化が最も進んでいるわけですね。なんとなく、こちらの介在が許されなくなっている感じで、ちと淋しくもある。純粋な音楽を受け容れるだけでない、「不純」な音楽体験こそ、美しい想い出になってゆくような気がするんですが。もしかすると、最近心に残る名曲がないなあ、と感じる一つの理由がそこにあったりして。

不二草紙に戻る

|

« ルイス・クラーク 『透視画法』 | トップページ | 想定外は素晴らしい(レミオロメンのチケットゲット!) »

もの」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

おお!うちも2部屋ともボーズのシステムです。
といってもひとつはラジオです。それにDVDプレーヤーから外部入力してCD聞いてます。

投稿: 貧乏伯爵 | 2007.01.21 22:06

坊主はいいですよね。
というか、いいような気がします。
記事にも書きましたけど、ウチのユニットは黒猫ちゃんにひっかかれて穴が空いていますよ。
伯爵さんのお宅にも黒猫ちゃんがいるんですよね?

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2007.01.21 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/8892210

この記事へのトラックバック一覧です: BOSE 『MM2』&『M3』:

» CD/DVD/GAME [■Net income.com■   マーケティング-リサーチ ]
● 話題のCD Nメロディータウン   CD|DVD|VIDEO|GAME|OTHERS ● 2006年 2月 HIRO | I WISH|近藤雅彦|レイザーラモンHG|柴咲コウ|ジャンヌダルク|レミ [続きを読む]

受信: 2006.03.01 18:29

» マルチメディア・スピーカー大奮闘 [cafe musique69]
パソコンの前に居座る時間が増えて、iTunesでのリスニング環境はこいつに頼りっぱなし。... 安くて良いヤツが出たら入れ替えてもいいかなと思うくらい、たまに不具合があったりするのだけれど、昨今のマルチメディア系スピーカーの殆どよりだいぶこっちの方がいいと思うから踏ん切りがつきません。 ... [続きを読む]

受信: 2006.03.20 00:27

« ルイス・クラーク 『透視画法』 | トップページ | 想定外は素晴らしい(レミオロメンのチケットゲット!) »