« 『沖で待つ』 絲山秋子 | トップページ | 紀貫之 『古今和歌集仮名序』 »

2006.02.14

今年も懲りずに2月14日ネタ

ibukinoorikonihon11 今年も来ました涅槃会イヴ!?決して本校ではバレンタインデーではありません。というか、今日は本校の入試第一日目でしたので、生徒は登校しておりません。そのかわり中学生の皆さんがドワーッといらっしゃいました。可哀相にね、せっかくのバレンタインデーなのにね。いや、イヴなのにね。
 入ってくる人がいれば出て行く人もいます。同じくイヴなのに、それどころではない人々。ウチのクラスの受験生たち。まあ今日もそれなりに合格(&その逆)の報が届けられました。こうして時は流れてゆくのです…ああ、無常。
 そう言えば、「血のバレンタインデー」ってのもありましたな。仏葬です。いや物騒です。いやいや、ガンダムSEEDではありませんよ。アル・カポネが捕まったやつ。「聖バレンタインデーの虐殺」ですな。まあギャングどうしの抗争事件みたいなもんです。1929年のことです。今日は記念に「アンタッチャブル」でも観ましょうか。
 まあ、そんなふうに無常観にひたるのはこのへんにしておきまして、意外に知られていないことを紹介します。日本人にとってはもっと大切なことです。
 今日は「煮干の日」です。2と4は解るのですが、1がなんで「ぼ」なんだ?「棒」ってことかな?まあ、そんな細かいことはいいや(笑)。とにかく全国煮干協会が定めた記念日なのであります。
 てことは、アル・カポネの事件は「血の煮干の日」とか「聖煮干の日の虐殺」ってことですか。
 (すみません、くだらないことばっかり書いて。忙しいとこんなもんです。脳ミソの表層は常にこんな感じ…つまり、私の日常はこんな感じなんですよ)
 煮干しなしの生活など考えられますか?煮干し出汁のない食生活なんて…。そう、日本人の誇るべき伝統文化、素晴らしい知恵ですよね。保存食として、高級調味料として、貴重なカルシウム・鉄分供給源として、世界に誇る食品であります。
 皆さん!日本人として国家の品格を守るためにも、バレンタインデーには、いや2月14日には煮干しを贈りましょう!愛する人の健康を考えても、チョコより煮干しだと思うのですが(たぶん)。ただしBHA(酸化防止剤)を使ってないものにしましょう。
 私は今日贈ります。高級煮干しを愛する猫たちに…。

 ぜひ、下のリンク押すだけでも押してみて下さい。まじおいしそうです。本場のいりこ!
《量り売り》 銀のいりこ10g(煮干、だしじゃこ)【香川県観音寺市伊吹島産】

不二草紙に戻る

|

« 『沖で待つ』 絲山秋子 | トップページ | 紀貫之 『古今和歌集仮名序』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/8656169

この記事へのトラックバック一覧です: 今年も懲りずに2月14日ネタ:

« 『沖で待つ』 絲山秋子 | トップページ | 紀貫之 『古今和歌集仮名序』 »