« 『人間・動物・機械−テクノ・アニミズム』 奥野卓司 (角川oneテーマ21) | トップページ | 電動バリカン『89スーパーテーパー2』(WAHL社) »

2006.02.09

Gackt 『REDEMPTION』

B000CGXF86 Gacktさん、実はけっこう好きです。ああいうバロック的な存在感、徹底してていいですねえ。本名?神威楽斗さん。MALICE MIZER時代はよく知りませんけれど、ソロになってからの彼はなかなか良いなあと思っておりました。
gackt-03-0509151 まず歌がうまい。声が美しい。顔もいい。美しい。しゃべりが面白い。三枚目でよろしい。そのバランスというかアンバランスというか。素晴らしい。そして、マカー(Mac使い)!おう、私と同じiMacではないか。もし、全く同じ角度からiMacと私を撮ったら、単なるギャグになるでしょう。撮ってみるかな。
 年末のライヴ、生徒(受験生)が行ってきたそうです。もんのすんごく良かったらしい。とろけたらしい。ちょっとうらやましいですね。
 で、その生徒が貸してくれました。FFの主題歌(?)ですね。CMでよく聴くやつです。ゲームの世界とGackt、なんとなく合ってますねえ。もともと演劇性の強い彼です。ウソっぽいかっこよさみたいなのもCG的世界にマッチしてます。そう言えば、ガンダムオタクなんですよねえ。劇場版の音楽も担当してました。
 うん、なかなか良かった。いや、かなりかっこいい。けっこう純正ロックしてますよ。やっぱり歌うまいし。タイトル曲もよくできてますけれど、カップリングのLONGINGも魅力的。途中コテコテのバロックオペラ?になったりして、思わずニヤッ。なんかプロ根性丸出しですな。素晴らしい芸ですよ。
 ゲームもガンダムも全く分からないワタクシですが、こうしてGackt氏を通じてその雰囲気を味わうことができました。そろそろ足を踏み入れましょうかね。フフフ。
 
Amazon REDEMPTION

不二草紙に戻る

|

« 『人間・動物・機械−テクノ・アニミズム』 奥野卓司 (角川oneテーマ21) | トップページ | 電動バリカン『89スーパーテーパー2』(WAHL社) »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/8580063

この記事へのトラックバック一覧です: Gackt 『REDEMPTION』:

« 『人間・動物・機械−テクノ・アニミズム』 奥野卓司 (角川oneテーマ21) | トップページ | 電動バリカン『89スーパーテーパー2』(WAHL社) »