« 林泉堂 『秋田のラーメンセット』 | トップページ | 『ミゼットプロレス伝説〜小さな巨人たち〜』 森達也(企画) 野中真理子(演出) »

2006.02.21

『音コレ』(野口五郎プロデュース)

goro11 昨夜寝る前にBS朝日の「ワンダーナイト2」を見ました。ゲストは野口五郎さん。私にとって五郎さんは憧れの人です。
 小学生のころ、姉がファンだったこともあって、けっこう聞かされていました。哀愁漂う演歌調アイドルポップスは私の音楽観の形成に多大な影響を与えたと言えるでしょう。中学生になって、ロックに目覚め、楽器を始めた頃には、今度はギタリストとしての五郎さんの影響を受けました。ラリー・カールトンに憧れ共演まで果たした五郎さんでありましたが、どちらかというと私には和製サンタナという気がしました(あの泣きはサンタナ以上かも)。
 で、昨日は久々に五郎さんの元気な姿を拝見したのですが、いろいろなお話の中で、コレが一番面白かった。コレとは「音コレ」のことです。その中でも、「ものまね もしも?シリーズ」は大爆笑。五郎さんが超一流のものまね芸人さんたちをプロデュースして、「もしも、あの人があの曲を唄ったら」という夢を叶える企画です。
 早速、検索して「音コレ」のサイトに行ってみました。これは…!!たまりませんねえ。すごいとしか言いようがない。プロの芸とはこのことでしょう。アイデアはもちろん、それをこのレベルで実現してしまうなんて…脱帽。
 こんなのが並んでます。ちょっと下のリンクをクリックしてリストを見てみて下さいよ〜。

   もしも?のリストを見る

 お金を払わなくとも試聴ができますので、ちょっと聴いてみて下さい。とりあえず「川の流れのように」のいろいろなヴァージョンだけでも聴いてみてはいかがでしょう。もう笑うよりも何よりも感心しますよね。すごいですね。
 マネされる人の個性がまずものすごいのでしょう。そして、マネする人の技術。そしてその間に入ってアレンジメントやデフォルメをするプロデューサー野口五郎のセンス。すごいなあ。
 とにかく、その楽曲の個性、および、そこにインプットされているオリジナル歌手の個性と、置き換えられた歌手の個性、そしてマネをしている歌手の個性が、折り重なり、織り交ぜられ、そしてぶつかり合うわけですからね。全く新しい形のコラボレーションです。
 昨日の番組の中でもおっしゃってました。もっと音楽を楽しもうと。そう、こうして提供する側も受けとる側も、共に楽しむ。幸せな音楽のあり方です。そう言えば、森進一と五木ひろしで「青春アミーゴ」とか言ってたなあ。あ〜聴いてみたい。
 この「音コレ」、ものまね以外にもいろいろと魅力的なコンテンツが詰まっています。しっかりお金を払って手に入れたいものがたくさんありますね。皆さんもぜひ楽しんでみて下さい。
 ちなみにあさっては五郎さんのお誕生日です。1956年生まれですから…知命ですか。おめでとうございます!
 
音コレ
野口五郎公式

不二草紙に戻る

|

« 林泉堂 『秋田のラーメンセット』 | トップページ | 『ミゼットプロレス伝説〜小さな巨人たち〜』 森達也(企画) 野中真理子(演出) »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/8770614

この記事へのトラックバック一覧です: 『音コレ』(野口五郎プロデュース):

» ハティ 本日のおススメ [ハティは真夜中の庭で・・・。]
イイモノ、見つけました!不二草紙 本日のおススメやっぱり、わかる人にはわかるのよ [続きを読む]

受信: 2006.02.22 03:37

« 林泉堂 『秋田のラーメンセット』 | トップページ | 『ミゼットプロレス伝説〜小さな巨人たち〜』 森達也(企画) 野中真理子(演出) »