« MONDAINE Official Railways Clock & MClock | トップページ | 『センター試験作問エッセイ』 佐藤恒雄(千葉大学名誉教授・元センター試験作問委員) »

2006.01.31

レミオロメン 『粉○』?

B000BKTD7U 年末年始のヒットチャートを賑わし、すっかりメジャーバンドの一つとなった「レミオロメン」。私は彼らをインディーズ時代からから注目しており、生徒に「レミオロメン」は来るぞ!と言い続けてきました。最初は「何それ?」「なにメロン?」という感じでしたが、今では「先生、すご〜い!当たったね」なんて言われます。ちょっと嬉しい。まあ、私が努力したわけではないのですが。記事としては一昨年の8月去年の4月に書いてますね。
 特に「粉雪」がテレビドラマ『1リットルの涙』の挿入歌となってから、大ブレイクですね。タイアップは強い。普段はタイアップには冷ややかな視線を送っている私も、レミオロメンに関しては素直に嬉しく思っています。彼らの実力…作曲能力と演奏能力…を世間に広く知ってもらういい機会になったと思います。彼らはメジャーになっても今のスタンスとキャラクターで頑張ってほしいものです。たぶん大丈夫でしょう。頑張れ山梨の星!
 この曲の良さは、単純なコード進行の上に魅惑的なメロディーが乗っていることに尽きます。私もよく書いていますが、作曲能力の大部分はそれができるかにかかっています。つまり変に新しさを求めたり、奇を衒ったりせず、日常の中に大切なものを見つけるという能力です。
 楽譜を見て気づいたのですが、Aメロの入りもサビの入りもコードの中に入っていない音なんですね。それも一瞬ではなく掛留のようにかなり長くぶつけています。だから歌い出しを思い出しにくいし、カラオケでサビの音が取りにくい。具体的に言えば、冒頭はGの和音にAの音、次はEmにF♯…サビはCにAという具合です。こういう何気なく美しい不協和音が、あの曲の独特の浮遊感や穏やかな中の緊張感を生みだしているわけですね。こういう作曲が自然に出来る(逆に音楽に詳しいと出来ない)というのは、すなわち才能です。レノン&マッカートニーにもよく見られるメロディーとコードの関係です。
 こうした才能は彼らの詞(詩)についても言えますけれど、今日はそこには言及しません。で、ですねえ、私のウチでも家族みんなで「粉雪」を愛聴しているんですが…。ちょっと困ったことが起きてるんです。
 10月に買ったミュージック・プレーヤー、EVER GREENのEG-HDMP620、リソースフォークの問題はあれど、まあMacでも使えていまして、そこそこ満足しております。ところが、どうも挙動不審な時があるんです。この前もレミオロメンのエーテルを聴いていたら、大好きな「3月9日」の途中で、突然「恋のマイアヒ」に変わったりするんですよ(笑…でもタイトル表示は3月9日)。もう楽しい楽しい。例の地上デジタルもそうですが、全然デジタルじゃない。アナログ的(もののけ的)。いいですねえ。いい味出してます。
 それでですねえ、究極の挙動不審はこれです!これは毎回こうなります!
 「粉雪」を再生するとですねえ、そのタイトル表示が「粉爺」になるんです!!
     粉爺…こ・な・じ・い…って(?!)
SANY02301 もう、おかしくておかしくて…。いかん、しみじみ聴けない。
 また、それを見てカミさんが「こ〜なじ〜舞う季節は…」とかしつこく唄うからたまりません。なんか粉末状になった爺さんが空を舞っているような…う〜むシュールだ。
 というわけで、ウチでは困ったことになってます。まあウチだけでしょうけど。

「3月9日」の記事へ

3月9日再び〜「縁」と「恩」

レミオロメンの藤巻くん(の顔マネ)

HORIZONの記事へ

滑走路ライヴの記事へ

「Flash and Gleam」の記事へ

レミオ聖地巡礼の旅の記事へ

Amazon 粉爺

不二草紙に戻る

|

« MONDAINE Official Railways Clock & MClock | トップページ | 『センター試験作問エッセイ』 佐藤恒雄(千葉大学名誉教授・元センター試験作問委員) »

もの」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

ずいぶん遅くなりましたが、書き込みにやってまいりました。

私自身コードとかには殆ど知識が無いのですが、それでもあのレミオロメン『粉雪』のコード進行の不自然さが気になっていました。
イントロ聴いてもサビが浮かばない。その逆も然り。

投稿: 宙昴 | 2006.02.17 13:41

宙昴さん、コメントありがとうございます。
粉爺…いや粉雪はたしかに最初聴いたときは、ん?でしたねえ。
ただなんというかあの不自然さが慣れると心地よくなるから不思議です。
ちょっと西洋音楽的なところから外れてるんでしょうね。
最近はそういうのが好きになってきました。
歳取ってきたんでしょうか。
ところで、宙昴さん!楽曲聴きましたけど、すごくいいじゃないですか。
カッコいいのと美しいのと…。センスいいなあ、と感心しました。
私はジャンル問わずいいものはいいという主義ですので、期待してますよ。
新作づくり頑張って下さい!

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2006.02.17 13:55

曲聴いてくださったんですか!?
ありがとうございます!!
新曲は、息が長~い感じのアンビエントミュージックです。

いやはや・・・お恥ずかしい限りです。
プロフィールを拝見しました所、国語の教員をされていらっしゃるとのこと。実は私も、看護学校(非常勤)で教えています。

宜しかったら、コチラのブログにリンクを貼っても宜しいでしょうか?

投稿: 宙昴 | 2006.02.18 16:08

宙昴 さん、こんにちは!
あっそうなんですか。看護学校の先生ですか!
なんか嬉しいですね。
リンクの件、もちろんOKです。
相互リンクでいきましょう。
新曲楽しみにしてますからね。
これからも末長くよろしくお願いします!

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2006.02.18 17:16

了解しました。それでは相互リンクをお願いします!

新曲出来上がりましたらブログで告知します!

投稿: 宙昴 | 2006.02.18 19:37

EG-HDMP620のことなんですが、曲の途中で違う曲に変わるっていう現象はあなただけではありません。実際に僕のもなりましたし、もっとひどいのが、はじめから違う曲が流れたりします。
この機器は不具合が多いです。
今は、電源が入らなくなり、EVER GREENに商品を送ったところ、有料修理だといわれ、15538円もとるというのです。
この会社のこの商品は信頼性0です。
よろしければ、似たような症状がでているので、一度この会社に報告していただけませんか?仲間がいるとなんとなく心強いんです。

投稿: SHOHEI | 2006.03.24 15:26

SHOHEIさん、コメントどうもです。
たしかにひどいですね。
でも、私はそれを楽しんでいるクチなので、報告はできますけど、直してもらう気はありませんよ。
まあ、普通の人にはとても堪えられないでしょうね。
私は変なので、気にしないでください。
いちおうメールで報告はしておきます。
では。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2006.03.25 10:12

ありがとうございます。
楽しいですか・・・笑
粉爺はおもろいですね。

投稿: SHOHEI | 2006.04.10 17:05

レミオロメン、イイですよね(*´∀`)僕も大好きです(^皿^)メジャーデビューしたぐらいで『雨上がり』がリリースした時に彼等を知りました☆曲を聴いた途端に好きになりましたね(*^_^*)今月はアルバムもリリースされるんで楽しみですねΨ( ̄∀ ̄)Ψ

投稿: 服部芳尚 | 2006.05.14 04:20

服部さん、コメントありがとうございました。
もうすぐ3枚目発売ですね。楽しみです。
おとといは8月12日のライヴのチケット取りに失敗しました。
でもまだまだあきらめず、各方面から攻めてなんとかゲットしたいと思ってます!
これからも彼らの成長ぶりを温かく見守っていきましょうね!

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2006.05.15 07:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/8434013

この記事へのトラックバック一覧です: レミオロメン 『粉○』?:

» レミオロメンの似顔絵。 [「ボブ吉」デビューへの道。]
先週のミュージックステーションで ようやくレミオロメンのお姿を しっかりと拝見することが出来ました。 旧くからのファンの方には申し訳ないのですが 「1リットルの涙」の挿入歌「粉雪」「3月9日」で 初めてその歌の素晴らしさに気付いた私です。 小林武史、Mr.Childrenファンの僕としては、 非常に迂闊でした(汗) 藤巻亮太(ボーカル・ギター)、前田啓介(ベース)、 神宮司治(ドラム)からなる、3人構成のバンドで、... [続きを読む]

受信: 2006.01.31 19:15

« MONDAINE Official Railways Clock & MClock | トップページ | 『センター試験作問エッセイ』 佐藤恒雄(千葉大学名誉教授・元センター試験作問委員) »