« 『危ない大学 消える大学 '07』 島野清志 (エール出版社) | トップページ | レミオロメン 『粉○』? »

2006.01.30

MONDAINE Official Railways Clock & MClock

mon_main_clock ウチの寝室にはMONDAINE社のスイス国鉄公式時計がかけられています。結婚祝いに家内の友人の方々が贈ってくれたものです。
 さすが、スイス国鉄公式時計。なにしろ見やすい。長針・短針が太くて、遠くからも良く見えるというわけです。秒針も面白いですね。赤くて細いのですが、先っちょに丸がくっついています。結果として長針・短針をじゃますることなく、しかし必要があればはっきりと確認することができる。いいですねえ。
 私は眼が悪い。寝るときはメガネを外しますから、この時計がたいへん重宝するわけです。いちいちメガネをかけなくてもいい。さすがに暗やみでは見えませんけどね。
 さすが時計の国の製品です。機能を美しいデザインに昇華させるのはスイスという国の得意とするところですね。MONDAINE社のホームページを見ると、同じデザインの腕時計やら懐中時計やら、いろいろあるようで、思わず食指が…。う〜ん、懐中時計ほしいなあ。
mclock_icon さて、そんなわけで大変気に入っているこの時計、なんと私のiMacの中にもかかっています。ホンモノを忠実に再現したフリーソフトがあるんです。K.Yamauchiさんがお作りになったこのソフト、秒針の動き方までホンモノそっくりで、ちょっと感動的です。Mac純正のClockもシンプルでいいいんですが、針が細くてちょっと見づらい。特にDockにいろいろ詰まってきてClockが小さくなると、それこそ駅舎に家庭用の時計がかかっているようなもので、目を凝らさないと確認できない。その点このMClockはホンモノ同様余裕で見えます。一度Dockに入れたら手放せない逸品です。もちろん純正同様、デスクトップ上に表示させたりすることもできます。Mac使いの方々、是非お試しあれ。

作者K.Yamauchi氏サイト
MONDAINE社

不二草紙に戻る

|

« 『危ない大学 消える大学 '07』 島野清志 (エール出版社) | トップページ | レミオロメン 『粉○』? »

もの」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/8415045

この記事へのトラックバック一覧です: MONDAINE Official Railways Clock & MClock:

« 『危ない大学 消える大学 '07』 島野清志 (エール出版社) | トップページ | レミオロメン 『粉○』? »