« 富士山で東京の地上デジタル放送受信成功!その2 | トップページ | 大晦日テレビ番組総括(MVPは…?) »

2005.12.30

ミュージックステーション スーパーライブ2005

ozone ようやく年末モードに入りました。というわけで、普段はほとんど見ない音楽番組を家族でダラダラ見ました(聴きました)。天皇誕生日にテレビ朝日で放映されたものの再放送です。BS朝日ですね。
 いろいろと苦言を呈し始めればキリがないのですが、なんというかあんまりにプロ意識が低い方々が多いというか、なんでここまでレベルが落ちてしまったのか、ちょっと悲しくなってしまいました。
 歌謡大賞やレコード大賞、そして紅白歌合戦の人気が低迷し、消えていくのも当然です。昔は、いろいろな意味で、素人からかけ離れた芸を見せてくれたものです。歌が下手なアイドル歌手もいましたが、それはそれで異常に可愛かったり、キャラが立っていたり、やはりプロを感じさせるに充分なものを持っていました。楽曲がものすごかったりもしましたし。
 それがねえ、いったい何なんでしょう。キャラ的には完全に一般人、音楽的には何も目新しいものがなく、ヘドが出るほどの常套句の連続、歌が上手と思っていた人たちも音はずしまくり。
 それにしてもいつのまにR&Bブームは去っていたんでしょう。ほとんどが演歌ロックか縦ノリhip-hopなんでビックリしてしまいました。パクリも多いし。なんで誰もケツメイシがZONEだって言わないんだ?露骨すぎるでしょ。まあ、私が歳をとって、今風なものについていけなくなってるだけでしょうが。
 そんな中、私がプロの芸を感じたのは、ダンスが良かったBoA、そしてZONE…ではなくて恋のマイアヒのO-ZONE、歌が完璧だったEXILE、松浦亜弥、L'Arc〜en〜Ciel、演奏で聴かせた東京事変、全体的な存在感ではやはり浜崎あゆみでしょうかね。メロディー的にはレミオロメンかな。あと、ジャニーズ系の各グループはトークも含めてさすがプロって感じでしたね。中井くんのやばい歌もそれはそれで芸の領域でした。日本中を緊張させます。
zdnet_release_43001 で、ワタクシ的にMVPを与えるとすれば、男性はO-ZONE、女性は松浦亜弥かな。恋のマイアヒはじっくり聴くとなかなかいい曲ですね。東欧系ポップスのいいところを上手に踏襲してます。あややは二十歳になったばかりとは思えない存在感と歌唱力で聴衆を圧倒してました。正調アイドル路線の唯一の継承者ですな。林檎姫が尊敬するのもわかるわ。
 ま、考えてみれば、今挙げたプロの芸を観られた(聴けた)んだからいいか。んんん…でも、4時間以上の番組でこれだけじゃあねえ…。今年も紅白は観ないんだろうな。格闘技か…。ホントは不本意なんですよ。プロレスなら芸ですけどね。

不二草紙に戻る

|

« 富士山で東京の地上デジタル放送受信成功!その2 | トップページ | 大晦日テレビ番組総括(MVPは…?) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/7916410

この記事へのトラックバック一覧です: ミュージックステーション スーパーライブ2005:

« 富士山で東京の地上デジタル放送受信成功!その2 | トップページ | 大晦日テレビ番組総括(MVPは…?) »