« 『グッバイガール』 リチャード・ドレイファス主演作品(&デビッド・ゲイツ『グッバイガール』) | トップページ | 卵かけご飯 »

2005.11.01

Keynote

sddf31 明日、地元で地域教育フォーラムというのがありまして、そこで急遽発表なんぞをすることになりました。で、今必死にプレゼンなどを準備しております。って明日なのに…間に合うのか?いつもこんな調子です。
 こういう時に重宝するのが『Keynote』です。知る人ぞ知る、Macのプレゼンテーションソフトですな。
 なんといっても、某「力点」(笑)とは比べ物にならないセンスのよさ。まさに林檎と窓の違いを象徴しています。機能的にはパワーポイント…いやいや力点の方が豊富でしょう。事務機器は機能性重視です。業務連絡にはそれで充分。その点、Keynoteは自己表現メディアとも言えるほど、イメージを重視しています。
 情報伝達には演出が必要です。つまり物語の方法です。歴史的記憶に残る物語たちは、例外なく優れた演出を持っています。それどころか、内容よりも演出の力によって名を残した作品の方が多いほどです。
 私の物語論によれば、相手にとって未知な「もの」を「語る」ことによって「こと」として固定するには、それ相応の「語り方」「語り口」が必要とされ、その「語り方」「語り口」こそが、結果として相手に「語る」願望を生起させるか否かの要因になるのです。
 つまり、語り方(もちろん「騙り方」の時もあるわけですが)次第では、相手の脳内に強い「こと化」が生じ、その結果、その相手も誰かに語りたくなる。そうして「語り継がれる」わけです。そうなれば最初の語り手の語りは成功したということになります。これは音楽や美術や小説やテレビ番組や…とにかく何にでも言えることなんですね。
 なんて、まあそんな小難しい物語論は置いといて、とにかく、内容は別として、インパクトを与え、会場の人たちの目を引きつけるには、こうした演出こそが重要です。何でもそうですけれど、一回きりのパフォーマンスには一回きりの流儀というものがあるわけです。これはごまかすとか、そういう悪い意味ではなく、リアルタイムでいかに退屈させないか、いかに楽しませるか、ということです。
 最近のメディアは保存性が高いので、繰り返しの観賞に堪えるようにしなければならず、制作者は大変です。しかし、皮肉なことに本来反復して観賞されることを想定していないものが、実は反復して最も面白い、ということもよく起きます。昔のテレビ番組なんかね。その点ドリフなんてものすごかった。いずれおススメしますわ。
 ああ、こんなこと書いてるうちにどんどん時間がなくなっていく!とにかく、Keynoteはクールなんですよ!だから表現意欲もわく。別にプレゼンでなくとも、なんとなく自分の考えをまとめてみたり、日記をつけてみたり、ナンセンスなストーリーボードを作ってみたり、よくあるフラッシュみたいにおバカな作品に挑戦したり、いろいろと遊べますよ。
 というか、授業をこれでやったら、生徒は退屈しないだろうなあ。こっちも一度作れば楽だし。あの前近代的な、黒板とチョークとあの謎の黒い帯の付いた黒板消しは、どうも納得いかん。不条理だ。いや、学校ってそういう不条理の塊だからこそ面白いし、勉強になるのか。Keynoteじゃあ縦書きできないし(今ではこうして縦書きしてます)。国語科としては致命的だなあ。アメリカ発のソフトだから仕方ないか。ああ、なんか言ってることがメチャクチャだ。
 つまり、焦ってるんです。やばいんです。こうして現実逃避してるんです。ああ…現実に戻りまつ。さよ〜なら〜。

Keynote

不二草紙に戻る

|

« 『グッバイガール』 リチャード・ドレイファス主演作品(&デビッド・ゲイツ『グッバイガール』) | トップページ | 卵かけご飯 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

モノ・コト論」カテゴリの記事

文学・言語」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
Keynote、いいですよね。いつも使っています。学会の指示でPPTを余儀なくされる時は本当にうんざりします。どうしてPersuasionの開発をやめてしまったのだろうと嘆いていたところにKeynoteを知り、以後愛用しています。

ただ、使い勝手が悪いのもありますね。スライドの順番を大幅に入れ替える時とか、全体が見渡しにくいのが困り者です(私が使い方を知らないだけか?)。また、プレゼンテーション間でスライドをやりとりするやりかたもよくわからず、一枚一枚コピーペーストしていたり。フォントサイズがぐにゃぐにゃ変わるのもいいのですが、いちいちフォントパネルを開くのが大変だったり(ディスプレイが小さいだけ?)。

あと、サードパーティ製のテーマが他にもあった筈なのですが、地味系のテーマを純正でもう少し用意しておいてほしかったように思います。いろんなトランジションがあって、つい使ってみたくなりますが、使いすぎは逆効果なので自重するのが大変です。

メールアドレスは、拾われるといやなので嘘を書いてしまってます。すみません。ここに書いたアドレスは公表されないような気もしているのですが・・・

投稿: TKJ | 2005.11.02 23:51

TKJさん、お久しぶりですね。と言っても、毎日のようにブログ読ませていただいてます。
TKJさんのお仕事とは…?またナイショで教えて下さい。
そう、フォントパネルはなぜインスペクタに含まれないのでしょうね。
あとおっしゃる通り、いろいろやりすぎると最悪。そのへんの自重のしかたは経験するしかないですね。ビデオの編集といっしょです。
記事にも書きましたが、縦書きできたら授業で使えるのですが。無理ですかね。
ついでと言ってはなんですが、こんなところで業務連絡?
実はELO来日時の生写真を持っていまして、ここでおススメしようと思って探したところ、どこかにまぎれこんでしまったようです。
がんばって探します。見つかり次第アップしますので、お楽しみに。
では。

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2005.11.04 14:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/6821185

この記事へのトラックバック一覧です: Keynote:

» 細胞内の情報伝達機構 [骨は生きている]
薄毛脱毛 カルシウムは細胞内の情報伝達機構において中心的な役割、生命の維持に必須な種々の機能を調節しています。 さらにカルシウムはサイトカインの分泌をコントロールすることにより生体の免疫機能の調節に関わっており、その他筋肉の収縮、弛緩、ホルモンの分泌及び作用、血液凝固などの生命の維持に必須の機能にも関与しています。 しかもカルシウムに代替できるミネラルはなく、どうしてこんなに多くの役割を一つのミネラルに託しているのか不思議です。 それほど、生体にとってカルシウムは重要といえます。 ... [続きを読む]

受信: 2005.11.03 10:31

» Keynoteとドローソフト [Junk In The Box / Paradise Garden]
 iWorkを買いました(研究室で、ですが)。なかなか楽しそうなトランジションが入っていました(とはいえ、Powerpointは極力触らないようにしているので、pptで何ができるのかはよく知らないんですが)。前のバージョンで使い勝手が悪かったフォントの処理が改善されていて、ほっとしました。  それはそうと、ファミリーツリーをアップデートするにあたり、どんなアプリケーションで作ろうか迷っています。前作はマックドローProで作ったのですが、その後クラリスドロー、AppleWorksと試してみましたが、... [続きを読む]

受信: 2005.11.14 20:36

« 『グッバイガール』 リチャード・ドレイファス主演作品(&デビッド・ゲイツ『グッバイガール』) | トップページ | 卵かけご飯 »