« 『国語教科書の思想』 石原千秋 (ちくま新書) | トップページ | あっばれ鈴木健想(再び)〜vivaプロレス »

2005.11.15

黒猫クリアホルダー バックグラウンドフォトシリーズ(エトランジェ・ディ・コスタリカ)

etranger di costarica A4 CLEAR HOLDER SERIES BACK-GROUND-PHOTO
bnoo21 ウチは黒猫グッズで埋め尽くされております。本物の黒猫も2匹いますが、グッズとしての黒猫まで含めると、いったい何匹…。
 で、最近生徒が買ってきてくれたのがこれ。予備校内のショップで売っていたということで、とりあえず1000円渡して買えるだけ買ってきてくれ、と頼みました。
 これはいいですねえ。素晴らしい。ウチの大和守弥右衛門が怒った時の顔にそっくりです。猫好きにはたまらん瞬間ですね。可愛すぎる。
 この素晴らしいセンスの商品を売ってるのは、いったいどんな会社だ?ということで、調べてみましたところ、エトランジェ・ディ・コスタリカという謎の会社さんでした。
 謎…というのは、まずは社名。etrangerはフランス語ですかね。diはイタリア語?そしてcostaricaはCosta Ricaですか?無理やり訳せばコスタリカの外国人…。あれ?コスタリカってスペイン語しゃべってるんじゃなかったっけ。う〜んうまいネーミングです。わけわからなさが、いかにもエキゾチック。で、結局日本の会社。もう、この時点でセンスよし。
 ホームページを見てみると、さらに謎が深まります。輸入雑貨屋さんなのかなと思うと、基本的には自社(関連会社)デザイン開発の商品を売っているようです。そこにヨーロッパのグッドデザインな商品を加えてラインナップしている。なかなかユニークです。全体に、謎めいて無国籍外国風でありたい、との意志が感じられますな。
 カタログがpdfでダウンロードできるので、それぞれ見てみると、どれもかなり個性的なデザインでして、眺めていても全然飽きません。たしかに全体として、アバンギャルドなような、トラディショナルなような、ドメスティックなような、インターナショナルなような…とにかく社名同様にボーダーレスというか、ハイブリッドというか、とても不思議な感じがしますね。没アイデンティティーのようで、実に個性的。うまい展開ですね。
 私のような田舎者は、この会社の存在を全く知りませんでしたが、東京などでは結構有名なようです。三越を中心として、おしゃれデパートに直営店をいくつか持っているようですし。オンラインショップもオープンし、近くアウトレットショップもできるようですので、少し集めてみようかな。ウチも思いっきり無国籍風ですので。ものも人間も猫も。とりあえずは、2006年用のカレンダーかダイアリーを…。

不二草紙に戻る

|

« 『国語教科書の思想』 石原千秋 (ちくま新書) | トップページ | あっばれ鈴木健想(再び)〜vivaプロレス »

もの」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事

コメント

ずいぶんと前の記事にコメントしてしまいます・・・。
先生のブログを少しずつ遡って拝読させてもらっています。
そうしたら,これ!! 
私も一目惚れして,ずっと愛用しているクリアホルダーではありませんか!
私も黒猫グッズに弱いので,いろいろ集めてしまいますが,中でもこれはお気に入りなのです。他にもおススメなグッズがあれば,ぜひ紹介して下さい!!

投稿: 松原恵子 | 2011.02.18 11:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/7126593

この記事へのトラックバック一覧です: 黒猫クリアホルダー バックグラウンドフォトシリーズ(エトランジェ・ディ・コスタリカ):

» エリザベスタウン [つねさんの人生奮闘記]
連日(11月12日)のレイトショーで、映画鑑賞。 場所は、もちろんワーナーマイ [続きを読む]

受信: 2005.11.15 20:28

« 『国語教科書の思想』 石原千秋 (ちくま新書) | トップページ | あっばれ鈴木健想(再び)〜vivaプロレス »