« MISO(富士学苑高校ジャズバンド部) | トップページ | ドラマ『電車男』第10回&最終回〜2ちゃんねるについて »

2005.09.25

中森明菜 『ZERO album〜歌姫II』&『歌姫 ダブル・ディケイド』

 B00006S2F4
 歌謡曲バンドの路線をみんなで考えているんですけれど、まあ、みんな大人だし、パーカッションもあるので、ちょっとラテンぽくしようか、なんて話も出ています。
 歌謡曲とラテンというのは、実は非常に密接な関係があります。昭和の歌謡曲は、洋の輸入によって大きく発展しました。アメリカ、フランス、イタリア、ロシア…。まさに日本文化の面目躍如といった風です。つまり、輸入ではあるけれども、そのまま全てを受容するわけではない。有史以来の日本がそうであったように、和の基本は決して崩さず、外来の文化を消化していく。歌謡曲においても、メロディーはヨナ抜き、ハーモニーやアレンジは洋、というものがどんどん作られ、そしてそれがまた自然に響き、自然な感じで大衆に受け入れられていきました。実際、今の歌謡曲…J-POPもほとんどがそうやって作られています。漢字の受容状態と全く同じですね。すごい。
 で、その輸入されて消化された洋の中に、ラテンというジャンルもありました。というか、ラテンが最も日本人の腹の中でこなれたものかもしれません。もちろん、ラテンと一言で言っても、そこにはルンバ、マンボ、サルサ、レゲエ、スカ、サンバ、ボサノバ、タンゴなどが含まれます。地理的にも音楽的にもかなり遠い存在であるそれらが、なぜか日本人にはしっくり来た。その遠さが憧れの対象になったのか、それともぐるっと回って実は近かったのか、それは分かりませんけれど、とにかくラテン音楽はものすごい勢いで消化されていきました。
 ですから、現代の大人、そうですねえ、いわゆる中年以上の人々にとっては、ラテンテイストというのは、どこかしっくり来るものであり、またオシャレでもあり、そしてノスタルジックでもあるわけです。で、中年バンド(いや失礼、20代、30代もいたっけ)としては、その方向に向かってしまうのは当然のことなのかもしれません。
 なんか講釈が長くなってしまいました。当たり前のことを長々と書いてしまった。とにかくそんなわけで、ラテンアレンジの勉強をしようかな、と思って、iTunes Music Storeで中森明菜の2枚のアルバムから13曲を購入してみました。試聴して、これはラテンだな、というものを選んで1枚のCDにしてみたわけです。こういうところはiTMSのいいところですね。2600円もかかっちゃいましたが。借りればもっと安いのにね。
 曲目はこんな感じです。
1.Tattoo 2.Tango Noir 3.北ウイング 4.Sand Beige - 砂漠へ 5.Desire - 情熱 6.セカンド・ラブ 7.飾りじゃないのよ涙は 8.スローモーション 9.桃色吐息 10.シングル・アゲイン 11.色彩のブルース 12.秋桜 13.異邦人
 1から8までは『ダブル・ディケイド』から、つまりセルフ・カバーです。9から13までは『ZERO』から。9は高橋真梨子、10は竹内まりや、11はEGO-WRAPPIN’、12は山口百恵、13は久保田早紀のカバーですね。
 この両アルバム、今回ダウンロードしなかった作品もなかなか名曲ぞろいなんですよ。本当は全部聴きたいところですが、いちおう教材ということで…。
 基本的に中森明菜は「大人」路線でしたからね。現役アイドル時代から、松田聖子とのコントラストという意味合いもあって、ちょっと影のある大人を演じさせられてきたのでしょう。そんなわけで、当時からラテンが似合ってました。そして、「歌姫」シリーズでは、酸いも甘いも経験して本当の「大人」になった彼女が、さらなるラテンテイストで迫ります。
 う〜む、なかなかよい出来です。アレンジもうまい。ZEROの方は、千住明ですか。渋いはずだわ。とにかく中年にはたまらないアルバムですよ。昔は完全なる松田聖子派だったんですけど、明菜の良さも分かりました。オレも大人になったんだなあ。

Amazon ZERO album〜歌姫II  歌姫 ダブル・ディケイド

不二草紙に戻る

|

« MISO(富士学苑高校ジャズバンド部) | トップページ | ドラマ『電車男』第10回&最終回〜2ちゃんねるについて »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/6109363

この記事へのトラックバック一覧です: 中森明菜 『ZERO album〜歌姫II』&『歌姫 ダブル・ディケイド』:

» 中森明菜 ZERO album~歌姫II [湘南のJOHN LENNON  Those were the days]
中森明菜 ZERO album~歌姫II ZERO album~歌姫II  小生は中森明菜に興味は無い方だったが、唯一このアルバムだけお気に入りだ。よく昔から聖子とライバル関係と言われていたが、聖子と明菜は4歳も離れているので、世代的にも完全に一致するかとなるか微妙な年齢差だ。小生の勝手な主観だが、4歳も離れていると、お互いライバルなんてことは思わなかったのではないだろうか?もちろん、実際のことは全く分からないが・・・。  小生は明菜の作られた無理して背伸... [続きを読む]

受信: 2006.11.01 00:19

« MISO(富士学苑高校ジャズバンド部) | トップページ | ドラマ『電車男』第10回&最終回〜2ちゃんねるについて »