« 『ブッダの夢』 河合隼雄・中沢新一 (朝日文庫) | トップページ | 『人にはどれだけの物が必要か−ミニマム生活のすすめ』 鈴木孝夫 (中公文庫) »

2005.09.29

advantage Lucy 『Echo ParK』

4543034005727 昨年、こちらでおススメしたadvantage Lucy(アドバンテージ・ルーシー)。その後いろいろと大変なことがあって、それこそグループ存続の危機か?と思わせましたが、名盤「ステーション」以来5年ぶりのニューアルバムが出ました。いやはや、長かったなあ。その間、ミニアルバムの発売などもありましたけれど、やっぱりフルアルバムはうれしいですよ。初めてルーシーと出会った時からもう5年かあ。生まれて数ヶ月だった上の娘と一緒に聴いたっけなあ。「ステーション」。娘の最初のお気に入り音楽は「めまい」でした。その娘も来年小学校です。
 さあ、ひさびさに聴く大好きなルーシーサウンドはいかに!石坂さんのメロディーは?アイコさんの歌声は?
 なんか、こういうワクワクドキドキは久々です。4半世紀くらい前までは、たとえばELOのようなごひいきバンドというのがあって、そのニューアルバムをレコード屋さんで買って、自転車の前カゴに入れて(私はレコードが入るように伸縮式の巨大な前カゴをつけてました)家に向かい、そしてレコード針を下ろす瞬間の、あの期待と緊張のような、なんともいえない気持ちを味わっていました。ひさびさにそういう気持ちになっています。そう、実はまだ聴いてないんですよ。今から家に帰って、届いているはずのCDを聴きます!その報告を以下に書きますね。
 
 はい、というわけで聴きましたよ!なんか、久しぶりに旧友に会ったような感じ。なんだ全然変わってないじゃん!というような。変わってないというのは嬉しいってことですよ。やっぱり、ルーシーだけがルーシーだ!ルーシーはルーシーしかいない。当たり前だけれど、心からそう思いました。
 実に切ないんですよね。歌詞とメロディーと声とギターの音と…。全てが切なく伸びやか。メジャー会社時代のポップさは多少影を潜めましたが、そのかわりより深まった楽曲。聴けば聴くほどに味が出てくるでしょう。洋楽には絶対にない不思議な世界ですね。やっぱり「もののあはれ」なんだよなあ。美しいのに切ない。切ないって大切ということですからね。
 5年前、そのころの市場にはちょっと居場所がないかなあ、とも思いました。現在の音楽シーンは、ある意味ルーシーを欲しているかもしれません。爆発的に売れることはないでしょうが(失礼)、より多くの現代人の心を切なくする可能性は大いにあります。いや、なんとなく爆発的には売れてほしくないんだよな。だって大切だから。そんなことを思わせるほど素敵なアルバムでした。ぜひ御一聴を。

Amazon Echo ParK

不二草紙に戻る

|

« 『ブッダの夢』 河合隼雄・中沢新一 (朝日文庫) | トップページ | 『人にはどれだけの物が必要か−ミニマム生活のすすめ』 鈴木孝夫 (中公文庫) »

モノ・コト論」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/6169353

この記事へのトラックバック一覧です: advantage Lucy 『Echo ParK』:

« 『ブッダの夢』 河合隼雄・中沢新一 (朝日文庫) | トップページ | 『人にはどれだけの物が必要か−ミニマム生活のすすめ』 鈴木孝夫 (中公文庫) »