« 本日学園祭でして… | トップページ | 浜崎あゆみ 『Duty』 »

2005.09.01

アストル・ピアソラ五重奏団 『レジーナ劇場のアストル・ピアソラ1970』

Astor Piazzolla y Quinteto 『Piazzolla en Regina』
B000056605 今月17日に(ってもうすぐじゃん!)約1年ぶりにピアソラ中心のコンサートをやることになりました。クラシック系の音楽家の新しいレパートリーとして、すっかり定着した感のあるピアソラ。しかし、チェンバロとヴァイオリンという組み合わせはそれほど実現していないのではないでしょうか。
 今回は昨年弾いた定番「リベルタンゴ」と「天使のミロンガ」に加え、名曲として知られる「ブエノスアイレスの四季」を演奏する予定です。ちなみに「リベルタンゴ」は今回始めたばかりのチェロで弾いちゃおうかな(って大胆なんだから)!
 で、実は「四季」はちゃんと「四季」として認識して聴いたことがなかったのでありまして、まずはいきなり楽譜を頂戴して弾いてみたものの、やはりしっかりとしたイメージ作りをしておかないとお客様にも楽曲にも失礼なので、急いでCDを注文しました。
 当然、ピアソラ本人の演奏がいいですよね。それで結局このライヴ盤を購入しました。聴いてみまして、とにかく感心、感動。カッコいいっすね。オシャレでエキサイティング。天才音楽家としかいいようがないですな。
 ピアソラの楽曲は、やはり伝統的なタンゴの語法と言うより、クラシックの語法に近い。特にバロック音楽の影響が色濃く感じられます。楽譜づらがもうすでにバロックしてますし。また、楽譜と実際の演奏との関係においても、バロックに非常に近い。だから私たちバロック畑で経験を積んでいるものにとっては、けっこうとっつきやすいのです。しかし、実際やってみると、これがねえ…。
 ある程度形にはなるんですよ。それは楽曲が本当にしっかりしているから。バッハなんかもそうですが、まあ楽譜通り弾いてもなんとか聴ける音楽にはなる。しかし、そこからが難しいんですよ。
 今回はバッハとコレルリも演奏します。コレルリのヴァイオリン・ソナタも、非常にシンプルにしかし完璧に作られています。そして楽譜通り弾くことは許されない。あ〜、難しい。時間もないしなあ。とにかく頑張るしかありません。
 そんな感じですので、このCDをよく聴きこんで、ピアソラやアグリの演奏から多くを学びたいと思っております。なんて、ホントはアイデアを拝借するのでした(笑)。
 ところで、ふだんはバロック・ヴァイオリンを弾く機会の多いワタクシでありますが、このピアソラに出会ってから、モダン楽器もいいもんだなあ、と思うようになりました。特にピアソラを弾くと、自分の中の何かが解放される感じがします。自分でもビックリなのですが、泣きのヴァイオリンというのが意外に得意なようなのです。もともとモダン楽器から入った人間ではありませんので、いわゆる語るような弓遣いというのが、純正のクラシックではない、つまりちょっと生活臭のする俗っぽい音楽に向いているのかもしれません。
 この前のブルーグラス(カントリー)もそうですけれど、とにかく、この歳になって新しい演奏領域ができたこと、本当にうれしく思います。ありがたや、ありがたや。やっぱり縁は大切です。

Amazon レジーナ劇場のアストル・ピアソラ1970

不二草紙に戻る

|

« 本日学園祭でして… | トップページ | 浜崎あゆみ 『Duty』 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/5737000

この記事へのトラックバック一覧です: アストル・ピアソラ五重奏団 『レジーナ劇場のアストル・ピアソラ1970』:

» ピアソラ 『タンゴ:ゼロ・アワー』 [君と僕の無限空間]
ピアソラ録音の金字塔。 精神の最高度の緊張点を意味する『ゼロ・アワー(時間の消失点)』はまさしくこのアルバムにふさわしいタイトルです。 人々のくぐもったタンゴ・コールから、暗闇にポッと明かりを灯すように入り込んでくるバンドネオン、緊張を徐々に高めてゆくヴァイオリン…。 ある有名な音楽家が、彼の曲を聴いて、「こんなに素晴らしい音楽を聴いたのは何十年か振りだ!」と叫んだそうですが、まさに彼の最高傑作にふさわしいアルバムです。 ピアソラというと『リベルタンゴ』が一般には有名だと思いますが、... [続きを読む]

受信: 2005.09.01 20:55

» ピアソラ 『ラ・カモーラ 情熱的挑発の孤独』 [君と僕の無限空間]
「とにかく聴いてみてください」というしかない名盤です。アルゼンチンが生んだ天才作曲家、アストール・ピアソラの『ラ・カモーラ 情熱的挑発の孤独』。 人生酸いも甘いも味わいつくしたような、哀愁の中にもほのかなやさしい輝きを秘めた音世界は、音楽に人生を捧げた者にしか作れない深みがあります。極上のスコッチにも似た大人の1枚。…年輪を重ねつつ各世代に繰り返し聴き込まれています。... [続きを読む]

受信: 2005.09.01 20:56

» アストル・ピアソラ (Astor Piazzolla) [楽しい音楽を聴く♪]
アストル・ピアソラ (Astor Piazzolla)タンゴ バンドネオン奏者/作編曲家アストル・ピアソラ(1921~1992)はアルゼンチンのマル・デル・プラタ 生まれ。4才の時に米ニューヨークに移住しジャズを中心とした米国 音楽文化に影響された少年時代を過ごす。15才時にアルゼンチン..... [続きを読む]

受信: 2006.01.22 12:31

« 本日学園祭でして… | トップページ | 浜崎あゆみ 『Duty』 »