« 『オタアニメ!星のフームたん』(星のカービィ 第89話) | トップページ | ボブ・ファン・アスペレン チェンバロ・リサイタル(NHKBS2) »

2005.07.20

『猫の文明』 赤瀬川原平 (毎日新聞社)

4620315869 最近ダメです。どうもストレスというやつらしい。で、その原因は自分にあるというのはわかっているわけでして、どうにも厄介な自家中毒であります。日頃のいいかげん(良い加減ではなくloose)のシワよせですな。ゆるんでばかりじゃダメってことです。まっ、私のことですから、また適当に乗り切っちゃうと思いますのでご心配なく。ってか、誰も心配しないか。
 こんな時はさっさと仕事を片づけて…ではなく、さっさと現実逃避しましょう。いきなりリゾートとしゃれこみます。住んでるところがリゾート地のど真ん中ではありますが、そこでもストレスが解消できないとなると、これはもうあそこに行くしかない。そう、脳内リゾートです。
 この脳内リゾートという技、たぶん赤瀬川原平さんの発案だと思います。バブルが崩壊して、ホンモノ?のリゾート地が夢の跡みたいになっちゃた後、要は金のかからんリゾート地はないだろうか、といろいろ考えていたら、あったあった、灯台下暗しだ、ということだったのでは。身近も身近、自分の脳ミソの中にあったと。
 自分の脳ミソの中にも、日常的でない心地よい環境が開発されず残っている。ちょっと工夫して開発してみると、そこには経験したことのないような快感が…。赤瀬川さんで言えば、たとえばステレオ写真。私もはまりました。そして、それを共有する「茶会」。なるほど、日常の喧騒やらストレスから解放されて、全く新しい空気を吸うことができる。
 で、この本は「脳内リゾート計画」として連載されたものの加筆編集版です。当時、つまりバブル崩壊後の、あの何かを悟ってしまったかのような空気を、ゆる〜く脱力した街の風景と猫(こっちはいつもゆるいか)の写真、および軽みをきわめた文章によって、見事に描写した内容です。てか、見事もなにも、あんまり深く考えていない。そうじゃないと全然リゾートじゃないですしね。
 久々に読んだり、眺めたりしましたけど、なるほどリゾートですな。再びソートするという感覚。リクリエーションとかリラックスとかもそうですね。時々「リ」をしないと、人間は一本調子になって肩が凝ってしまう。一本で行くことも大切ではありますが、照顧することもまた必要なことです。心においても体においても、それらのアレンジメントが上手にできればいいですね。金をかけずできればさらに良し。人生の達人。
 し、しかし、リゾート地から帰還するとそこには現実が…。よったシワを伸ばしたのではなく、さらに先送りしただけ。でも、そのうちシワも積もれば山となる。立派な山になったら、そこをリゾート開発しようかな。なんてね。
 あっ、そうそう、この本、後半は猫より犬が多くなる。ちょっと人里に帰ってきたような気がします。まあ、そうして少しずつ現実に戻らないとね。読者に対する赤瀬川さんのちょっとした思いやりでしょうか。

Amazon 猫の文明

不二草紙に戻る

|

« 『オタアニメ!星のフームたん』(星のカービィ 第89話) | トップページ | ボブ・ファン・アスペレン チェンバロ・リサイタル(NHKBS2) »

ペット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/5062413

この記事へのトラックバック一覧です: 『猫の文明』 赤瀬川原平 (毎日新聞社):

« 『オタアニメ!星のフームたん』(星のカービィ 第89話) | トップページ | ボブ・ファン・アスペレン チェンバロ・リサイタル(NHKBS2) »