« 『ザ・ワン』 マイケル・ジャクソン (DVD) | トップページ | 『十二世紀のアニメーション 国宝絵巻物に見る映画的・アニメ的なるもの』 高畑勲 (徳間書店) »

2005.07.26

ベビースターラーメン 丸美屋麻婆豆腐の味

000002911 おやつカンパニーの商品開発力の高さにはいつもビックリ。自由かつ遊び心あふれる社風を感じさせます。あの「カラカリ」CMのヒトフクロウ、というか、地井武男もなかなかのセンスでしたね。逆転の発想。
 最近コンビニで買ったこの「丸美屋麻婆豆腐の味」もなかなか個性的ですね。なにしろ、パッケージには「おやつカンパニー」よりも堂々と「丸美屋」と書かれていますから。もうこの時点で勝ちですね。
product_03_01_002 この商品は、この企画が命でしょう。「○○社製○○使用」というような表記は、食品に限らず多々見かけます。しかし、こうして堂々と他社の社名と登録商標とパッケージデザインをそのまま使っちゃうところがエライ。よく見れば見るほどそのまんま。写っている豆腐も同一人物ですね。徹底しなかったらダメだったと思います。
 それも有名店のグルメメニューを採用するのではなく、いかにも庶民的なところに目をつけたのが正解。ベビースターの身の丈に合ったお相手です。両社がどのような過程を経て手を結んだのかわかりませんが、丸美屋さんの方も、なかなか柔軟な対応をしたということでしょうか。デメリットというのはあまり考えられませんけれど、他社に完全なパロディーを許すあたり、なかなかの器の大きさです。ユーモアがあるということは、会社として余裕があることだと思います。少なくとも消費者はそういうプラスイメージを持つ。
 肝心の味の印象ですが、まずは正直「辛い」。ごはんにかけて食べたいくらいです。中辛ですが、基本的に「麻婆豆腐の素」をそのまま使ったからでしょうか、かなり辛かった。そういう意味でも、これは「麻婆豆腐の素」味かもしれませんが、「麻婆豆腐」味とは言えませんな。「麻婆豆腐の素の味」ではなく「麻婆豆腐の味」と言うからには、やはり豆腐の風味も出さなくては。とは言え、シロウト的に考えても、豆腐の味や質感を表現するのは難しそうですな。まあ、しょせんシャレですから、看板に偽りありなんて言いません。
 辛いと言っても「四川風麻婆味」よりは辛くなく、酒のつまみとしてはなかなかですね。特にビールと合う。ちなみに子供たちがチキン味と勘違いして盗み食い。結果ヒーヒー言いながら泣いてましたな。やっぱり大人向けかな。
 考えてみれば、独身時代「丸美屋麻婆豆腐の素」にはお世話になりました。カップラーメンにぶっかけたり、コンビニ弁当にぶっかけたり、結局豆腐抜きで食べることが多かったから、ある意味このベビースターはリアルなのかもね。
 同様なコンセプトの商品として「ベビースターラーメン丸美屋棒棒鶏の味」もあるようです。こちらも見つけ次第食べてみましょう。
 今回久々におやつカンパニーのサイトを見て回りました。なんか楽しい雰囲気でいいですね。特に「おやつ★ツアー」は、うれしなつかし、いろいろと勉強になりました。ハイ。
 
おやつカンパニー

不二草紙に戻る

|

« 『ザ・ワン』 マイケル・ジャクソン (DVD) | トップページ | 『十二世紀のアニメーション 国宝絵巻物に見る映画的・アニメ的なるもの』 高畑勲 (徳間書店) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/5144408

この記事へのトラックバック一覧です: ベビースターラーメン 丸美屋麻婆豆腐の味:

« 『ザ・ワン』 マイケル・ジャクソン (DVD) | トップページ | 『十二世紀のアニメーション 国宝絵巻物に見る映画的・アニメ的なるもの』 高畑勲 (徳間書店) »