« メタリカ 『S&M(シンフォニー&メタリカ)』 | トップページ | 『文房具56話』 串田孫一 (ちくま文庫) »

2005.07.08

私的ケータイ事情(pj&ASTEL)

 AT-33
at33 ロンドンは大変なことになっているというのに、今日もまたどうでもいい話ですみません。いや、いろいろと語りだすと危険なので、あえてこんな話をします。
 ケータイに全く依存していないワタクシでありますが、いちおうエンジョルノ(pj)を持っております。それで月にいくらかかってるかというと、なんと300円ちょいです。それ以上何もかかりません。生徒に聞くと、月1万円なんてヤツもいたりして、はぁ〜!?なんでそんなに金持ちなの!?ってことになる。俺なんか300円ちょいしかかからんぞ!と言うと、びっくりするより、憐れみの目でこっちを見やがる。う〜む、世の中狂ってる。
 なんでそんなに安いかって、ただ単に使わないから。ほとんど着信専用ですから、pjのスタンダードで登録すれば、番号有効期間も含めて270日3000円ですむというわけです。まあ、最初の3ヶ月は3000円分かけられるし、もしその期間で残高がゼロになっても、スーパーテレフォンに登録してありますから、0120発信でかけられます。スペアの登録番号は常時携帯してますので、いざという時は単に登録すればよろしい。メールもしようと思えばできるし。まあ、そんな感じで不自由はありません。
 さあ、あとはアステルです。まだ契約してるんですよ。全然使ってないんですけどね。だってこの辺ほとんど全て圏外ですから。こちらにも書きましたが、去年の段階でアステルは完全に虫の息。こうなったら最期を看取ろうと思っていたわけですけれど、とうとうその時が来るようです。先日、アステルを運営しているYOZANから「重要書類」が届きました。こんなハガキが入っていました。
 次のどれかに○つけて返送せよ。
1 ボーダフォンに乗り換える(特定の機種に関しては端末代・登録料は出してやる)
2 今すぐアステルを解約する
3 停波とともに解約する
 (もちろん、もっと丁寧な文体ですけど)
 いやはや、とうとう来ましたね。吸収されるのではなく、ホントに消えるのです。これはもう使う使わないは別として、3を選ぶしかないでしょう!てか、返信しなければ自動的に最後の一人なれるようです。これは放置ですな。人から見たら単なるバカでしょうけど、こうなったら最後の看取り人になってやるっ!
 ところで、YOZANさんは、アステルを見捨てて、あのライブドアさんと組むようです。例の525円の無線LANですな。まあ、捨てる神あれば拾う神あり。昔アステル(という疫病神)を拾った鷹山神が、お客様(は神様です)に捨てられて、今ライブドアという(ある意味)神に拾われるわけですか。日本の神様の世界って複雑ですね。さすが八百万。いろいろですわ。
 ちなみにホントに捨てられた「あ捨てる」ですが、まだ拾う神?がいるんです。私です。ウチの固定電話はデジタルなので、PHSの端末は登録すれば子機として使えるわけです。もちろん、もうそのような形で活躍しております、ウチのAT-33。

不二草紙に戻る

|

« メタリカ 『S&M(シンフォニー&メタリカ)』 | トップページ | 『文房具56話』 串田孫一 (ちくま文庫) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/4880825

この記事へのトラックバック一覧です: 私的ケータイ事情(pj&ASTEL):

» アステル完全消滅 [かきなぐりプレス]
世の中に不要なものは市場から消滅する、というのが持論だ。 繋がらない、切れる、圏外だらけでPHSは使えないと世間から烙印を押されていたアステルが2006年度下旬で完全消滅するようだ。 PHSが使えない、という烙印を押されたA級戦犯の両巨頭がアステルとNTTパーソナルだ。当時、この両社の電波がアンテナから100メートルしか届かなかったのに対してDDIポケット(現ウィルコム)は300メートルを誇っていた。その後も車で移動中も電波が切れないようにするなど、企業努力を続けてきた。この両社がDDI... [続きを読む]

受信: 2005.07.30 00:14

» 携帯電話検討3 [日々]
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback [続きを読む]

受信: 2005.11.25 00:31

« メタリカ 『S&M(シンフォニー&メタリカ)』 | トップページ | 『文房具56話』 串田孫一 (ちくま文庫) »