« 武満徹 『ノヴェンバー・ステップス / ア・ストリング・アラウンド・オータム / 弦楽のためのレクエイム 他』 | トップページ | ヤイリ ベース YBシリーズ »

2005.06.04

松田聖子コンサートツアー 2004 Sunshine(BSi)

seiko2004
 評判だった松田聖子のコンサートの模様が放送されていました。昨年の7月大阪城ホールでのライヴです。
 さすがベテランアイドル(?)、安定感のある充実の内容でしたね。お年のせいか、それほど激しいアクションはありませんでしたが、お客さんを巻き込んでの一体感がすばらしかった。かなりの盛り上がりを見せていましたね。聖子さん、なんか学校の先生みたいでした。そしてお客さんは従順な生徒たち。
 興味深かったのは、そのお客さんの層です。40代とおぼしきオジサン方もけっこう見えましたね。そして30代の女性、さらには今どきの若者の姿も。こういったファン層の厚さ広さが、彼女の偉大さを象徴していますね。
 やはり聞きごたえがあったのは、往年のヒット曲メドレーでしょう。会場の盛り上がりも最高潮に達していました。こうして聞いてみると、彼女は楽曲に恵まれていますな。あの作曲家陣ですから、当然と言えば当然ですけど。それらを彼女が歌うと、個性豊かだった曲たちが、途端に見事な松田聖子色に染まってしまう。松田聖子の個性が、楽曲の(つまり作曲家、たとえば松任谷由実の)個性を軽く包み込んでしまうわけです。これは、歌がうまいとか、そういう問題ではありません。彼女の存在自体が強烈だということでしょう。
 逆に言うと、彼女作の楽曲になると、ちょっと会場のテンション下がりますね。つまり楽曲が負けちゃってバランスが悪くなる。別に悪い曲ではないんですけどね。彼女自身はたぶんいろいろな料理法を知っているし、それができるテクも持っていると思いますが、あえて商品としての松田聖子に徹するために、こういうことが起きる。まあ、そんなことも含めて、いつも変わらないことこそが彼女の価値なのでしょう。
 バンドの演奏も非常にクオリティーが高かった。原田真二も元気でしたねえ。今は別れたらしいけれど(笑)。ライヴ全体における彼のプロデュース力には感心。一方、ギタリストとしての彼は?でした。
 いったいいつまで何歳まで旬のアイドルでいつづけるのでしょう。日本の音楽史、芸能史に残る不世出の天才であることは間違いありませんね。一度生で聞きたいですねえ。ディナーショーでもいい。いずれにせよチケットを手に入れるのが難しいんだな、これが。おそるべし蒲池法子。

25th Anniversary SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2005 “fairy”
とうとう行ってきました!!『SEIKO MATSUDA CONCERT TOUR 2007 Baby's breath』in さいたまスーパーアリーナ(その1)

不二草紙に戻る

|

« 武満徹 『ノヴェンバー・ステップス / ア・ストリング・アラウンド・オータム / 弦楽のためのレクエイム 他』 | トップページ | ヤイリ ベース YBシリーズ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/4404673

この記事へのトラックバック一覧です: 松田聖子コンサートツアー 2004 Sunshine(BSi):

« 武満徹 『ノヴェンバー・ステップス / ア・ストリング・アラウンド・オータム / 弦楽のためのレクエイム 他』 | トップページ | ヤイリ ベース YBシリーズ »