« 『禅入門―わかりやすい禅&坐禅』 淡交ムック (淡交社) | トップページ | 『猫大好き!』(DVD) シンフォレスト »

2005.05.18

『英語はいらない!?』 鈴木孝夫 (PHP新書)

4569613195 今日は5/18で後鳥羽上皇の日…てのは冗談。生徒は本気にしてましたけど。実際は「ことば」の日です。ちょっと無理がありますが、こういった語呂合わせは日本語に独特の文化の一つです。
 さて、その「ことば」の日にちなみまして、以前読んだこの本を、早朝から読み返してみました。気になることがあったからです。
 近ごろ、ウチのカミさんが、子どもに英語を教えるようになりました。自分の子どもにではなく、他人の子どもにです。けっこう色々なところでお呼びがかかっているらしく、教材づくりに一生懸命です。
 まあ、それ自体、つまりカミさんが英語を教えることは、そんなに問題ではありません。ただ、なんでそんなに需要があるのか。これは問題です。
 カミさんの話によると、子どもは遊び気分でやっているので健全ですが、親の姿勢はかなり不健全だそうです。不健全ということは、つまり病気だと。英語コンプレックスという病気が親たちに蔓延していると。
 この病気は、けっこう昔からありますねえ。私も軽症ですがかかったことがあります。結局、病は気から、ということで、開き直ったら治っちゃいました。
 ちなみに私は英語は基本的に得意ではありません。まあ、修学旅行でオーストラリアへ行ったり、ご近所のフランス人と飲み会で会話したりするくらいなら、なんとかパワーイングリッシュできりぬけられます。
 特に勉強しているわけではありませんけれど、必要なものは必要な程度、経験的に身に付きます。恥をかき捨ててるうちに。つまりこの程度でもちゃんと通じるじゃん、という自信。
 そして、とても強く感じるのは、中学までの文法力と、大学受験の単語力がいかに重要かということです。そして、あとは内容です。これは日本語の力です。国語力そのものです。そこは鍛えてますから。それがあれば恥をかく勇気もわく。
 で、この本では、国際的な右派?である鈴木孝夫大先生が、件の物の怪(病気)を退散させるべく、言霊を駆使して、過激に、しかしユーモアたっぷりに、加持祈祷を行なっております。
 これは効きますねえ。霊験あらたか。8カ国語(だったかな)をマスターしたマスターが「英語(イングリッシュ)はいらない!」、けれど「英語(イングリック)」はいらない?=ご入り用ならお使いになるとよろしいですよ」とおっしゃる。なるほど〜、それなら自分には「英語(イングリッシュもイングリックも)はいらない!」…使うことないもんなあ…まあ、使う時が来たらイングリックの方を少々…その瞬間病気は完治します。
 いるなら、必要な英語を勉強すればよい。それより、日本語を国際化させることにエネルギーを注ぐべきだ。その通りです。全く賛成です。
 全ての親がこの本を読んで、自分の子どもに、今英語を習わせるべきなのか、真剣に考えてほしいと思います。ほかに学ぶことがあるのでは?あくまで本人の意志で、そして趣味程度にやるなら全然構いませんよ。音楽なんかと一緒です。
 ちょっと前に、韓国での英語教育事情を扱ったドキュメンタリー番組を見ました。これはひどかった。なんにでも熱くなるお国柄ではありますが、いかんせん痛すぎでした。熱病に冒されてますよ。ああはならないように、ウチのカミさんには、親への教育もお願いしたいものです。

Amazon 英語はいらない!?

鈴木孝夫先生と遭遇!

不二草紙に戻る

|

« 『禅入門―わかりやすい禅&坐禅』 淡交ムック (淡交社) | トップページ | 『猫大好き!』(DVD) シンフォレスト »

文学・言語」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/4180920

この記事へのトラックバック一覧です: 『英語はいらない!?』 鈴木孝夫 (PHP新書):

« 『禅入門―わかりやすい禅&坐禅』 淡交ムック (淡交社) | トップページ | 『猫大好き!』(DVD) シンフォレスト »