« 黒猫マスコット(Maukie) | トップページ | キース・ジャレット 『ザ・ケルン・コンサート』 CD&スコア »

2005.04.07

YOSHII LOVINSON 『WHITE ROOM』

B0007IMMWE 吉井和哉さんのアルバム、ようやく買いました。これは名作の臭いがプンプンしますぞ。
 ご近所(河口湖)に引っ越して来られたので、どこかでご縁がないかなあ、などと勝手な想像をしております。うん、このアルバムを聴いたら、ますます夢がふくらみますなあ。ホントつぼをよく心得た、それでいて個性豊かな、ずばりベテランの味ですぞ。
 まず、曲が大人です。イエモン時代は、ある意味いたずら小僧っぽいところが魅力だったのですが、このアルバムは全編にわたって、非常によくできた曲が並んでいます。それも、なんというか、限りなくシンプルなんですよ。コード進行も1ヶ所を除いてほとんど普通だと思います。リフレインも多いですし、演奏も無駄な音がほとんどありません。
 普通、こういう評が与えられるアルバムは、単調に陥りやすいのですが、これは全然違いますね。聴けば聴くほど味が出る。月並みな言い方ですが、結局そういう深みのある楽曲の連続なわけです。
 少し左脳で考えてみると、こういう名曲の条件というのは、やはり「魅力的なパッセージ」にあるのだと思います。どの曲も「あっ素敵!」と思えるところがあるわけです。それがだいたい1曲について1ヶ所なんですね。安易なJポップスでは、媚びを売るように常套句を連続してくる。結局それが続けて聴くことを拒否するんですね。
 吉井さんの曲は、そのへんのさじ加減が絶妙なのです。だからある種の期待をもって、どの曲も聴くことができるわけです。今日もあの子にあえるぞ、って感じ。もちろん、全体の風景もしっかり吉井村してて魅力的なんですが、その各シーンに素敵なあの子がいるんです。いつもの辻に。これは音楽にとってとても大切な要素だと思います。
 そして、曲とともに、何と言っても「詩」ですね。吉井さんの詞は、やっぱり見事な現代詩です。全体的なセンスとしては、イエモン時代と大きな変化はないのかもしれません。しかし、やはりどこか力みが消えて、自然体になっているような気がします。それでいて、完全なるロックの言葉。ロックな日本語。このロックな日本語を操れる若者がいないんですよね。みんなフォークか演歌になっちゃってる。世の中がそれを要求しているのですから、仕方ありませんけれど、ペンは武器でもあってほしいですよね。
 まだ、買ったばかりですが、これから大いに聴き込んで、自分の血や肉にしたいと思える、そういう特別な臭いを発するアルバムでした。恐るべし、吉井和哉。

吉井さんの詩に基づくエッセイも、よろしかったらどうぞ

「39108」の記事へ

Amazon WHITE ROOM

不二草紙に戻る

|

« 黒猫マスコット(Maukie) | トップページ | キース・ジャレット 『ザ・ケルン・コンサート』 CD&スコア »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/3599867

この記事へのトラックバック一覧です: YOSHII LOVINSON 『WHITE ROOM』:

« 黒猫マスコット(Maukie) | トップページ | キース・ジャレット 『ザ・ケルン・コンサート』 CD&スコア »