« 究極の春の味覚「桜えびの天ぷら」ほか | トップページ | 『花の大江戸風俗案内』 菊地ひと美 (ちくま文庫) »

2005.04.10

ベビースターラーメン 新潟限定 『みそ味 お米のラーメン』

S0061 春休み、秋田からの帰りに新潟で買ってきた「ベビースター」、とってもおいしかった。「みそ味 お米のラーメン」です。
 おやつカンパニーの商品開発力は本当に素晴らしいものがあります。単なるお菓子の域は超えてますね。ジャック製菓的なお菓子世界も好きですが、こちらはこちらでいかにも日本の職人技という感じがしていいですね。
 私はご多分にもれずベースは「チキン派」なのですが、その他のヴァージョンにも大変興味があります。特にご当地モノにはついつい手が伸びてしまいますね。伊勢うどんも美味かったなあ。ベビースターとしてもお土産としてもかなり高価なんですが。ちなみにこれも20g8袋600円!昔の駄菓子は今やグルメ。
 さて、このお米のラーメン。越後味噌味なのですが、意外に辛味もなく、また塩気も気になりません。このあたりのさじ加減が絶妙なんだよなあ。続けて食べられる。そして、麺がまたいいですねえ。コシヒカリがまぶしてあるようですが、とにかく食感がいい。サクッとしている。普通のベビースターよりも口溶けがよく、子どももムシャムシャ食べてました。クセになりますな。
ANY881 と思ったら、やられた!ウチの黒猫の大食漢の方、弥右衛門というのですが、私たちが目を離したスキに、しっかり平らげやがった。いやあ、食い意地が張ってるヤエなんですが、ベビースターを食べるのは初めて見ました。他のヴァージョンだと見向きもしないんだけどなあ。それほど美味いのか!
 別に米が好きなわけでもないし、味噌が好きなわけでもないし、ベビースターが好きなわけでもないのに、いったいなぜ?まあ、彼の味覚のツボにはまったのでしょう。
 自分の分がなくなっていたのを発見した下の娘は大泣きして、ヤエが食べ散らかしたラーメンくずを、床から拾って食べていました(笑)。う〜ん、そこまで美味いのか!
 そんなわけで、残り少なくなったお米のラーメンをめぐって、種を超えた熱き戦いが続く我が家でありました。

不二草紙に戻る

|

« 究極の春の味覚「桜えびの天ぷら」ほか | トップページ | 『花の大江戸風俗案内』 菊地ひと美 (ちくま文庫) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/3638346

この記事へのトラックバック一覧です: ベビースターラーメン 新潟限定 『みそ味 お米のラーメン』:

« 究極の春の味覚「桜えびの天ぷら」ほか | トップページ | 『花の大江戸風俗案内』 菊地ひと美 (ちくま文庫) »