« 『寝ながら学べる構造主義』 内田樹 (文春新書) | トップページ | 『五味太郎』 in 文藝春秋 特別版 『言葉の力 生かそう日本語の底力』 »

2005.04.21

Do As Infinity 『Need Your LOVE』

B0006Z3UV0 昨日構造主義で今日ドゥアズか。バランスとりましょ。構造主義のおかげで頭痛くなったんで。
 生徒に借りて聴いてみました。今、全国ツアー真最中のDo As Infinity(妙な名前だよな)。ドゥアズと言えば、私にとってはやっぱり亀様。プロデュース&ベースの亀田誠治さんですね。
 東京事変でも弾きまくっていた亀様。ドゥアズではかなり抑え目ですが、やはり随所に亀節を聴かせてくれます。
 それにしても、亀様は芸域が広いですな。バリバリのロックから、わかりやすいJポップ、さらにアニソンに至るまで、何でもソツなくこなしちゃいますからね。すごいですねえ。同世代として誇りに思います。
 亀田さんのアレンジや演奏には満足ですが、このアルバム、正直全体としてはやや物足りなさを感じました。それはVANさんの唄が少し単調になっているからです。その単調さが、分かりやすさ、歌いやすさにつながっているのだから、全然構わないのですが、楽曲の変化の割に、ちょっと機械的すぎるかな…なんて。
 いえいえ、それがコマーシャルソング(二重の意味でね)に要求される性格なのですから仕方ない。なにしろ、「タイアップソング8曲の強力作品!」って帯に書いてありますからね。消費される音楽。消費されやすい音楽。
 そんな中、ちょっとビックリなのが、最終曲「菜ノ花畑」。それまでは、歌詞がまあ、そのフツウの歌詞でして、アニソンと何ら違いはないわけなんですよ。それが急に、御懐妊ソングになる。御本人たちは狙ったようですが、少なくとも私の急所ははずれました。妙な感じが残ります。
 御本人たちが言うには、このアルバムでは世界的な愛を語りたかったと。だから、最後に究極の愛の形を持ってきた。ちょっと照れ臭いですね。VANさんのカミングアウトかと思いましたよ。
 久々に「愛」の連呼を聞きましたね。日本人が「愛」を連呼できるのは、カラオケでのみです。歌というのは不思議な力を持っているものですね。そこでは誰もが人類愛を叫ぶことができるのですから。和歌からつながる日本の伝統なのでしょう。

Amazon NEED YOUR LOVE (CD+DVD)

不二草紙に戻る

|

« 『寝ながら学べる構造主義』 内田樹 (文春新書) | トップページ | 『五味太郎』 in 文藝春秋 特別版 『言葉の力 生かそう日本語の底力』 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/3783290

この記事へのトラックバック一覧です: Do As Infinity 『Need Your LOVE』:

« 『寝ながら学べる構造主義』 内田樹 (文春新書) | トップページ | 『五味太郎』 in 文藝春秋 特別版 『言葉の力 生かそう日本語の底力』 »