« 『神秘家列伝 (其ノ参)』 水木しげる (角川ソフィア文庫―Kwai books) | トップページ | ラ・トゥール展 »

2005.04.30

ETC

SANY00391 今日、ようやくETCの車載器を取りつけました。カードは2枚作ってありましたが、カーショップへ行くヒマがなかなかなく、車載器は買わずじまいになっていました。しかし、マイレージのキャンペーンの一つ、5000円還元の期限がとりあえず今日までだったので、急遽オートバックスに行ってきました。
 まず、どちらの車に載せるか。これが問題。車載器2台買うのはムリ。高速道路を使う頻度としては、どちらかというとカミさんのパンダよりも、私のクルーズの方が高いかな。それに、外車(いちおうね)だと取りつけ費が高くなるらしい。じゃあ、クルーズにしようか…って、クルーズも外車?ん?いちおうシボレーなんだよな。どういう扱いなんだ?まあ、いいや、車種聞かれたらスズキのクルーズです、って言おう。 
 お金がないので、一番安いの(しゃべったりしないヤツ)を選び、ピットインしたところ、そこで待っていたのは、5年ほど前の教え子でした。ラッキーとばかりに取りつけの様子を観察します。う〜ん、配線が面倒だな。いや、配線自体は配線マニアの私としては、どうということないけれども、その配線を隠したりするのが面倒くさそう。気になるセットアップは秘密ということで、現場を見せてもらえませんでした。ちなみにコミコミで15000円ちょっと。あっ、そうそうクルーズは国産車扱いでした(笑)。ラッキー。
 てなわけで、クルーズくんにETCが導入されました。フロントガラスに両面テープで貼り付けるという原始的なモデルです。これだとなんか搭載って感じじゃないですな。外から見るとカッコ悪いし。まあいいや。
 さあ、次はネットで割引サービスの登録です。1枚のカードはマイレージに登録。とりあえず5000円ゲット。もう1枚は前払い。奮発して50000円だあ。これで8000円分のオマケがつきます。合計13000円おとく。民営化まではマイレージポイント2倍だから、1枚目のカードを使いましょう。10月までにたぶん25000円分は走るだろうから8000円ゲット。合計21000円。この時点で完全に元を取ってお釣りが来ますね。なんて、取らぬ狸の皮算用でした。
 これからのシーズン、バロックバンドの練習で頻繁に東京に通います。その時は通勤割引をうまく利用します。通行料が半額ですから、これは助かりますね。あっそうそう、本来の料金所ノンストップの恩恵も忘れちゃいけない。
 もう1台のパンダで高速道路に乗る時はカードだけ使います。ハイウェイカードのように使うわけです。この使い方は意外に知られてないんじゃないですか。ノンストップではありませんが充分便利です。
 そんなこんなで、明日にはETCデビューです。最初は緊張しそうだな。ちゃんと開くかな。まあ、せいぜいバーにぶつらないように頑張ります。

不二草紙に戻る

|

« 『神秘家列伝 (其ノ参)』 水木しげる (角川ソフィア文庫―Kwai books) | トップページ | ラ・トゥール展 »

もの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/3917408

この記事へのトラックバック一覧です: ETC:

« 『神秘家列伝 (其ノ参)』 水木しげる (角川ソフィア文庫―Kwai books) | トップページ | ラ・トゥール展 »