« 曽根麻矢子 『ラティーナ』 | トップページ | 『今どきの子はこう育つ―2002年“幼形成熟(ネオテニー)”人が社会を変える』 くもん子ども研究所 »

2005.03.16

花粉症が完治!(一日一食で)

ikjrrtmages 25年ぶりの花粉症のない春です。
 今日は気温も上がり、風が強く、まさに花粉日和。以前の私でしたら本気で死んでいたでしょう。冗談抜きで、死にたい気持ちになるくらいひどい症状が出ていたと思います。それが…、今年は全くと言っていいほど何も症状が出ません。ついに花粉症が治ったようです。
 いやいや、本当に私はひどい花粉症に悩まされていたのです。昔の私を知る人なら、ああ確かに悲惨だった、と言ってくれるでしょう。はたから見ても死にそうだったようです。鼻水、クシャミ、目のかゆみなんていう基本は当然として、発熱、鼻血、頭痛、体の中のかゆみ、頭の中のかゆみ、倦怠感…。本当にかなりの重症患者でした。毎年バレンタインデーくらいになると始まり、ゴールデンウィークまで、世の中が春だ春だと浮かれている時に、私は本当に辛い思いをしていました。大学受験を失敗したのも半分は花粉症のせい…にしています。だって、受験会場で鼻血ブーですから。血に染まる答案…。で、薬をいつもの倍のんだら今度は見事睡眠…zzz。そりゃ落ちるわ。
 で、そんなひどい花粉症がなぜ、飛散が悲惨だと言われる今年、全く発症しないのでしょう?
 それは、9ヶ月前から始めた一日一食生活のおかげだと思われます。いや、絶対そうです。
 以前紹介した「一日一食断食減量道」に背中を押され、ダイエットのために始めたこの生活ですが、本当に思わぬ所に思わぬ効果が表れています。正直びっくり。
 10月に中間報告した通り、何しろ四半世紀ぶりにベスト体重に戻り(4ヶ月で8キロ減少)、そしてその後はそこで安定しています。エネルギーの出入りが均衡している感じ。体脂肪は6%下がり、完全なる正常値に。午前中の腹痛は皆無になり、午後の眠気もなし。さらにやる気がみなぎり、今まで躊躇していたことをたくさん始めることができました。ほとんど病気知らずですし。
 そして、花粉症完治です!
 花粉症のない春がこんなに素晴らしいなんて!!花粉症のみなさん、ごめんなさい。いえ、ぜひ私と同じ奇跡を起こして下さい!いえいえ、奇跡ではありません。当然の結果です。薬も何もいりません。本当です。
 もともと花粉症は、現代人の食生活、つまり栄養過多による免疫の過剰反応なのですから、今の私のように無駄な栄養(特にタンパク質)を摂っていなければ、起こりようがありません。つまり、昔の日本人に戻ったようなものです。
 体は正直でした。「一日一食断食減量道」の加藤寛一郎さんがおっしゃる通り、人間の体も「エネルギー保存の法則」に従っているだけですし、だからこそハングリーであることは全てに前向きなことなのでした。なんで今まで気づかなかったのだろう…。
 とにかく粗食、断食マンセー!です。そして加藤さんありがとう!

一日一食経過報告(血液検査結果)

Amazon 一日一食断食減量道

不二草紙に戻る

|

« 曽根麻矢子 『ラティーナ』 | トップページ | 『今どきの子はこう育つ―2002年“幼形成熟(ネオテニー)”人が社会を変える』 くもん子ども研究所 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

ベジタリアンが一日一食にしたら、花粉症なんて出なくなりますな。

同じメカニズムで、ミータリアンでも二日一食にすれば、花粉症は治まります。

世の中、そんなもんですよね。

投稿: ばしくし | 2016.03.09 13:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/3318398

この記事へのトラックバック一覧です: 花粉症が完治!(一日一食で):

» あっちいけ!花粉症 [検索ランキング]
花粉症、嫌ですよねぇ。 そんな花粉症対策を一覧にしているサイトを見つけ出しました。 といっても、ただ検索しただけですけどね^^; [続きを読む]

受信: 2005.03.16 23:45

« 曽根麻矢子 『ラティーナ』 | トップページ | 『今どきの子はこう育つ―2002年“幼形成熟(ネオテニー)”人が社会を変える』 くもん子ども研究所 »