« 3万円チェロ | トップページ | shinic DVDプレイヤー SDP-0905 »

2005.02.16

京都議定書発効…「集団気分」と言葉

imajsxceges 一昨日14日はバレンタイン忌、昨日15日は涅槃会、今日16日は将軍様誕生日と、ここのところ歴史的偉人?に関するイベントがめじろ押しでした。宗教や独裁国家もそうですが、我々の気分、特に集団心理ならぬ「集団気分」というのは、いいことよりも悪いことを生む可能性が高いような気がする…今日はなんとなくそんなことを考えました。
 今日、京都議定書が発効しました。むろん、温暖化を阻止するためです。温室効果ガスである二酸化炭素が、我々人間の営為の結果増加し、地球の気温が上昇する。すると、生態系に大きな影響を及ぼし、さらに自然災害も増加、海抜の低い国に至っては、国家自体が消滅する。こんなようなシナリオがあるようです。
 偉い人、つまり政治家や科学者と称する人たちが、口をそろえてそんなことを言えば、我々凡夫は「ああ、そうなんだ」と納得してしまう。これが集団気分です。
 30年前には、世界中で寒冷化の心配をしていました。そういう気分が蔓延していたのです。今でも、映画「THE DAY AFTER TOMORROW」を見れば、しばらくは温暖化のことは忘れて寒〜い気分になるのが、我々です。いや、実際寒冷化するという意見も結構あるんですよね。ただ、集団気分には多数決の論理が適用されますので、少数派はすなわち間違い。妄説。
 裏にはユダヤの陰謀が渦巻いてます。なんていうのは冗談。でも、こんなユダヤ陰謀説が数百年間も絶えないことこそ、集団気分の普遍的存在を証明する事実です。で、この集団気分の特徴は、楽観に向かわず、悲観に向かうという点です。バブルみたいな例外もありますが、例外はあんまり長続きせず、そのかわり、その後の大悲観時代を準備してしまいます。
 マスコミの影響も大ですね。凶悪事件、少年犯罪が増えている…実際には減っています。それも大幅に。最近の子どもはきれやすい。学校が荒れている。学力低下。ひきこもり、ニート、おたく、ゲーマー、ネット社会が犯罪を起こす…本当でしょうか。誰も自分で確認していないのに、いつのまにか事実になっている。
 これが言葉の恐ろしさです。集団気分を作るのは、間違いなく言葉の機能の一つです。「いじめ」も「ひきこもり」も言葉が作り上げた世界です。恣意的なシニフィアンが恣意的なシニフィエを作っていく。悪しき「言霊」の例です。
 そうした陰謀…あえてそう言います…に惑わされないためには、言葉の権威を疑うこと、自分の理性と感性を働かすことに対して怠惰にならないこと、いろいろな意見を聞くこと、当たり前ですがこういうことが大切なのです。
 私は学校でこういうことを教えていきたいと思っています。

不二草紙に戻る

|

« 3万円チェロ | トップページ | shinic DVDプレイヤー SDP-0905 »

ニュース」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

文学・言語」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

自然・科学」カテゴリの記事

コメント

初めまして、こんにちは!私のブログにも足を運んでくださってありがとうございます。…まさか見つかってしまうとは(笑)
事後承諾になってしまいますが、リンクさせてもらってよろしいですか?
蘊恥庵庵主さん…いやいや"先生"の書き込みはいつも楽しく読ませていただいてます。
これからも読ませていただきます!

応援ありがとうございました。
今年の入試では精一杯背伸びしてきます!(笑

投稿: | 2005.02.17 18:21

若さん、こちらこそどうも。
私のサイトにも書いてあるように、リンクは全く自由です。
報告の義務もありません。ネットとはそういうものですから。
とりあえず明日(かな?)がんばってください!

投稿: 蘊恥庵庵主 | 2005.02.17 18:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/2957504

この記事へのトラックバック一覧です: 京都議定書発効…「集団気分」と言葉:

» 俺のアイデンティティを返せ! [片付けられない症候群]
 昨日は、普段からお世話になっている友人 N 氏のピンチヒッターとして、とある会 [続きを読む]

受信: 2005.04.18 03:23

« 3万円チェロ | トップページ | shinic DVDプレイヤー SDP-0905 »