« F.クープラン『ルソン・ド・テネブレ』 ウィリアム・クリスティー指揮レザール・フロリサン | トップページ | ベニー・グリーン&ラッセル・マローン 『ジャズ・アット・ザ・ビストロ』 »

2005.02.08

『空と無我―仏教の言語観』 定方晟 (講談社現代新書)

4061489976.09.MZZZZZZZ 1月31日におススメした『憎悪の宗教』。なかなか好評のようです。私の記事にも結構アクセスがあります。あそこにも書きましたが、物議を醸すことは良いことです。
 そんなわけで、著者の別の本も読んでみました。今度はご専門の仏教についての本です。
 大変、面白く興味深い内容でした。「空」と「無我」なんて、仏教の教えの中でも、最も重要で難解な概念…概念ではないな、やっぱり言葉かな…です。それが、読み進めるうちに自然と理解されました。
 …と、ここですでに自己撞着が生じます。「空」「無我」自体が「理解」とか「分かる」ということを否定しているものだからです。不二(フニ)は分けないという意味ですね。つまり言葉(ロゴス)の働きが認められないのです。
 こうした矛盾が、私にとってはいつも辛い。辛かった。言葉について考える時も、仏法について考える時も、もちろん、その他もろもろのことを考える時も。
 しかし、今回、この本のある部分に非常に勇気づけられてしまいました!
 ナーガールジュナと彼の代表作「中論」に関する部分です。
 ナーガールジュナは言葉(ロゴス)の限界を説きました。もちろん言葉によって。それは一見矛盾のようですが、そうではなく、言葉を究め尽くして、そうしてそこに現れる沈黙にこそ真理があるとした、というのです。
 なるほど、と思いましたね。言葉を他の何かと区別して、その限界だの、効用だの、魅力だのを語ろうとしていた。もうその時点で、アーティキュレイトしてしまっているわけです。もっともっと高い次元から見るべきなのです。まさに不二の立場。
 ここのところ、宗教の問題とは別に、「もの」「こと」「かたる」「ものがたり」「ことのは」などについて考えることが多く、実際いろいろと新しいアイデアが浮かんだりしたもので、どうも結論を急ぎ過ぎていたようです。特に言葉に対してある種の結論…言葉にとって不利な…を前もって用意してしまっていたようです。
 なるほど、いずれにせよ、言葉を「あきらめる」には、言葉を「諦観する」か「明きらかにする」必要があるわけですな。がんばってみましょう。
 ありがとうナーガールジュナさん!そして定方さん。
Amazon 空と無我―仏教の言語観講談社現代新書

不二草紙に戻る

|

« F.クープラン『ルソン・ド・テネブレ』 ウィリアム・クリスティー指揮レザール・フロリサン | トップページ | ベニー・グリーン&ラッセル・マローン 『ジャズ・アット・ザ・ビストロ』 »

文学・言語」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史・宗教」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55913/2852132

この記事へのトラックバック一覧です: 『空と無我―仏教の言語観』 定方晟 (講談社現代新書):

« F.クープラン『ルソン・ド・テネブレ』 ウィリアム・クリスティー指揮レザール・フロリサン | トップページ | ベニー・グリーン&ラッセル・マローン 『ジャズ・アット・ザ・ビストロ』 »